• トップ
  • リリース
  • 日本国内初披露。「SXSW 2018」で好評を博したAIと合奏できるインスタレーション『Duet with YOO』の体験イベントをヤマハ銀座ビルにて開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

日本国内初披露。「SXSW 2018」で好評を博したAIと合奏できるインスタレーション『Duet with YOO』の体験イベントをヤマハ銀座ビルにて開催

(PR TIMES) 2018年04月11日(水)14時01分配信 PR TIMES

ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表執行役社長:中田 卓也、以下 ヤマハ)と株式会社博報堂アイ・スタジオ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 誠一、以下 博報堂アイ・スタジオ)は、共同でインスタレーション『Duet with YOO(デュエット ウィズ ユー)』の日本国内初披露となる体験イベントを、4月25日(水)から5月22日(火)までヤマハ銀座ビル1F/ポータルにて行います。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10701/193/resize/d10701-193-375179-0.jpg ]

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=X6xs5dJMf1s ]

コンセプトムービー


博報堂アイ・スタジオとヤマハは共同で、今年3月に米国テキサス州で行われた音楽・映画・インタラクティブの祭典「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2018」に『Duet with YOO』を出展し、会場では700名にのぼる来場者が演奏を体験しました。

このたび、日本国内でも多くの方に本インスタレーションによる新しい演奏体験を楽しんでいただくために、『Duet with YOO』の日本国内初披露となる今回の体験イベントを開催する運びとなりました。

普段ピアノを演奏しない方や、初心者でも気軽に楽しめるよう、比較的簡単に演奏でき広く親しまれている曲「Twinkle Twinkle Little Star(きらきら星)」を演奏することで体験できます。


<展示概要>

[画像2: https://prtimes.jp/i/10701/193/resize/d10701-193-823178-1.jpg ]

期間:2018年4月25日(水)〜 5月22日(火)11:00〜19:30(定休日 第2火曜日)
会場:ヤマハ銀座ビル1F/ポータル(東京都中央区銀座7-9-14)
内容:『Duet with YOO』の体験(予約不要)
料金:無料


<『Duet with YOO』とは>
『Duet with YOO』は、全てのプレーヤーが持つ「まだ気がついていない演奏の可能性」を引き出し、新しい音楽体験を提供することを目的とした体験型のインスタレーションです。

ヤマハの「人工知能合奏技術」が、人間の演奏をリアルタイムに解析し、プレーヤーごとの弾き方のニュアンスを汲み取り調和の取れた合奏を行うことで、たとえ一人でもまるで人間と一緒に演奏しているような体験を提供します。

さらに博報堂アイ・スタジオの技術により、演奏に合わせて映像をシンクロさせながら投影することで、AIの演奏参加を映像表現で視覚化し、聴衆にもAIとの一体感をわかりやすく伝えます。


<「SXSW」での展示について>

[画像3: https://prtimes.jp/i/10701/193/resize/d10701-193-964539-2.jpg ]

2018年3月11日(日)〜14日(水)、米国テキサス州オースティンで開催された世界最大級の音楽・映画・インタラクティブの祭典「SXSW 2018」において、博報堂アイ・スタジオとヤマハが共同で、体験型インスタレーション『Duet with YOO』を出展しました。

4日間で約700名が体験し、「とても楽しく演奏でき、大きなポテンシャルを感じた。」「自分の気持ちを分かってくれるような不思議な感覚だった。」「テクノロジーと人との関係性に共感した。」といった声がありました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/10701/193/resize/d10701-193-589854-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/10701/193/resize/d10701-193-748099-4.jpg ]



<「人工知能合奏技術」について>
「人工知能合奏技術」は、「バーチャルな演奏者との合奏」という新しい音楽の楽しみ方を実現するために、ヤマハが現在開発を進めている技術です。独自の人工知能技術を用いて人間の演奏をリアルタイムに解析し、どんなテンポやタイミングで伴奏すれば調和の取れた合奏ができるかを瞬時に予測します。

このシステムをヤマハの自動演奏機能付きピアノ「Disklavier™」(ディスクラビア)と連携させれば、鍵盤やペダルをリアルタイムに操作してぴったりと伴奏を奏でてくれるバーチャルピアニストを再現することができ、他の楽器や音源と連携させれば、さまざまな楽器のバーチャル共演者を再現することができます。

過去の偉大な演奏家との共演を自宅で楽しんだり、バーチャルな音楽教師が演奏をレクチャーしたり、演奏会で足りないパートを補ったりするなど、さまざまな用途を想定した技術です。


<博報堂アイ・スタジオ>
株式会社博報堂アイ・スタジオは、クライアント企業のWebサイト、プロモーションサイト、キャンペーンサイトの企画制作とそのコンサルティング、それに伴うシステム開発、公開後のPDCAマネジメントから多言語対応まで、一貫したトータルサポートを高クオリティで提供しています。さらに、中国やASEAN諸国のクライアント企業へのサポートも同様に行っています。また、近年普及がめざましいスマートデバイス向けのサービス開発やアプリ制作をはじめ、ネット動画マーケティング、SNS、O2O、クラウドサービスといった領域でのソリューション提供にも積極的に取り組んでいます。

会社概要
社名: 株式会社博報堂アイ・スタジオ
所在地: 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目10番地1号 有楽町ビルヂング5階
URL: http://www.i-studio.co.jp/
広報Fb: https://www.facebook.com/hakuhodoistudio.pr
代表者: 代表取締役社長 平林 誠一
設立年月: 2000年6月
資本金: 2億6,000万円
事業内容: インタラクティブ・クリエイティブ業務、システム開発業務、CRM業務


<ヤマハ株式会社>
1887年創業の総合楽器メーカー。アコースティックからデジタルまで多彩なラインナップの楽器を製造し、全世界で販売しています。さらに楽器の製造・販売で培った技術やノウハウを活かし、音響機器、音楽教室、ネットワーク機器、音声コミュニケーション機器、半導体、ゴルフ用品、FA機器、リゾートなどの事業も展開。「感動を・ともに・創る」をコーポレートスローガンに掲げ、音・音楽で培った技術と感性で新たな感動と豊かな文化を人々とともに創りつづけることを理念に事業に取り組んでいます。

会社概要
社名: ヤマハ株式会社
所在地: 〒430-8650 静岡県浜松市中区中沢町10番1号
URL: https://www.yamaha.com/
代表者: 代表執行役社長 中田 卓也
設立年月: 1897年10月12日(創業1887年)
資本金: 285億34百万円
事業内容: 楽器事業:ピアノ、電子楽器、管・弦・打楽器等の製造販売等
音響機器事業:オーディオ、業務用音響機器、情報通信機器等の製造販売
その他:電子部品事業、自動車用内装部品事業、FA機器事業、ゴルフ用品事業、リゾート事業等


『Duet with YOO(デュエット ウィズ ユー)』サイト
https://live.yamaha.com/yoo/
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※仕様および機能の名称は、予告なく変更することがあります。
※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る