• トップ
  • リリース
  • ADERANS × Lourd Ramos WIGショー「マニラ・ファッション・フェスティバル」に協賛〜ファッションとしてのウィッグやつけ毛の魅力を発信〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社アデランス

ADERANS × Lourd Ramos WIGショー「マニラ・ファッション・フェスティバル」に協賛〜ファッションとしてのウィッグやつけ毛の魅力を発信〜

(PR TIMES) 2016年12月15日(木)11時48分配信 PR TIMES

2016年10月18日(火)〜10月21日(金)実施

 総合毛髪関連企業・株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長 根本 信男)は、2016年10月18日(火)〜10月21日(金)に、フィリピンの首都マニラで行われた「マニラ・ファッション・フェスティバル」に協賛いたしました。当日は、ヘアメイクアップアーティストのロード・ラモス氏とアデランスによるウィッグショーや、ウィッグを試着できるアデランスブースを展開しました。
 ウィッグショーでは、「日本」をテーマにした桜や城、富士山、竹などの画像が映し出されたスクリーンをバックに、アデランスのウィッグやつけ毛などをアレンジしたモデルが次々に登場。ラモス氏によるカットパフォーマンスでは、ウィッグでしか表現できない華やかでインパクトのあるヘアスタイルを披露し、アーティスティックなヘアデザインの可能性とウィッグの魅力を訴求しました。

[画像1: http://prtimes.jp/i/10292/193/resize/d10292-193-962774-0.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/10292/193/resize/d10292-193-819311-1.jpg ]


 アデランスブースでは、アデランスのレディメイドウィッグ(既製品)やオーダーメイドウィッグを展示し、ご来場の方々に試着等をしていただきました。

 「マニラ・ファッション・フェスティバル」は、フィリピンのファッションイベント会社Art Personasの創設者ロニー・クルズ氏が、フィリピンのファッション産業に焦点をあて、ファッションの変化や、若手デザイナーらの才能を国内外の人々に注目してもらう場として、2014年から年2回開催しています。ファッションショーはもちろん、デザインコンペや新技術を体験できるブース、ショッピングまで、フィリピンファッションの最先端を楽しむことができます。

■ロード・ラモス(Lourd Ramos)氏について
 フィリピンで最も人気のあるヘアメイクアップアーティストの1人。PICA(フィリピン国際美容協会)の会長や美容室「Creations by Lourd Ramos Salon」の全ての店舗でクリエイティブディレクターを務める。

【ご参考】
http://www.preview.ph/fashion/lourd-ramos-x-aderans-creations-by-the-creator-a178-20161021

[画像3: http://prtimes.jp/i/10292/193/resize/d10292-193-429455-2.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る