プレスリリース

  • 記事画像1

ダッソー・システムズ株式会社

ダッソー・システムズ、日本経済団体連合会に加盟

(PR TIMES) 2016年12月22日(木)15時25分配信 PR TIMES

ダッソー・システムズ 株式会社は、2016年12月22日付で、一般社団法人日本経済団体連合会 (以下、経団連) に加盟しました。3D CAD/PLM専業ベンダーの経団連への加盟は、初となります。

[画像: https://prtimes.jp/i/6067/193/resize/d6067-193-547460-0.jpg ]

経団連は、日本の代表的な企業1,342社、製造業やサービス業等の主要な業種別全国団体109団体、地方別経済団体47団体などから構成されています (いずれも2016年11月7日現在) 。その使命は、総合経済団体として、企業と企業を支える個人や地域の活力を引き出し、我が国経済の自律的な発展と国民生活の向上に寄与することにあります。

ダッソー・システムズ株式会社代表取締役社長の鍛治屋清二は、次のように述べています。「1981年にダッソー・システムズが創業して以来、日本の製造各社には当社製品を長くお使いただいており、当社は日本に育てていただいたといっても過言ではありません。このたびの経団連への加盟を機に、日本経済ならびに社会の発展に貢献すると共に、企業としての社会的責任を果たしていきたいと考えます」

ダッソー・システムズは1981年にフランスで創業した、3D 設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューションにおいて世界を代表する企業です。従業員数は約14,400人、2015年度のグループ売上高は約28億ユーロでした。カナダ・コーポレートナイツ社の調査、「2016年 世界で最も持続可能な100社」では第2位に選出されています。ダッソー・システムズならびにそのグループ各社は140カ国以上、あらゆる規模、業種の約21万社のお客様に価値を提供しています。

ダッソー・システムズ株式会社は、ダッソー・システムズの日本法人として1994年に設立されました。現在、東京、名古屋、豊田、大阪に事業所を、東京と名古屋にR&D開発拠点をおいています。従業員数は、国内ダッソー・システムズ・グループ (ダッソー・システムズ株式会社、ソリッドワークス・ジャパン株式会社、ダッソー・システムズ・バイオビア株式会社) 全体で約600人です。

(以上)

ダッソー・システムズについて
ダッソー・システムズは、3Dエクスペリエンス企業として、企業や個人にバーチャル・ユニバースを提供することで、持続可能なイノベーションを提唱します。世界をリードする同社のソリューション群は製品設計、生産、保守に変革をもたらしています。ダッソー・システムズのコラボレーティブ・ソリューションはソーシャル・イノベーションを促進し、現実世界をよりよいものとするため、バーチャル世界の可能性を押し広げます。ダッソー・システムズ・グループは140カ国以上、あらゆる規模、業種の約21万社のお客様に価値を提供しています。より詳細な情報は、www.3ds.com (英語)、www.3ds.com/ja (日本語)をご参照ください。

3DEXPERIENCE、CATIA、SOLIDWORKS、ENOVIA、DELMIA、SIMULIA、GEOVIA、EXALEAD、 3D VIA、BIOVIA、NETVIBEおよび3DEXCITEはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る