• トップ
  • リリース
  • 日本ワイン(※)の新ブランド『サントネージュ』3シリーズを新発売

プレスリリース

  • 記事画像1

アサヒビール株式会社

日本ワイン(※)の新ブランド『サントネージュ』3シリーズを新発売

(PR TIMES) 2017年02月09日(木)14時38分配信 PR TIMES

“聖なる雪”(Sainte Neige)の名を冠し“日本の清らかさ・美しさ”を表現したワイン


アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、日本ワイン(※)の新ブランドとしてワイナリーの名を冠した『サントネージュ』を2017年4月11日(火)より全国で新発売します。
(※)日本ワインとは、原料ぶどうに国産ぶどうを100%使用して製造したワインです。
[画像: https://prtimes.jp/i/16166/192/resize/d16166-192-571462-0.jpg ]



『サントネージュ』は、山梨県に位置するワイナリー、サントネージュワイン(株)で製造した日本ワインです。サントネージュワイン(株)は創業から70年以上の歴史を持ち、“よいワインは、よいぶどうから”をモットーに、高品質なワインづくりに取り組んでいます。新ブランド発売は山形県かみのやま産、山梨県産など厳選された国産ぶどうを100%使用しています。サントネージュワイン(株)は新ブランド発売を見据えて、国産ぶどうの良さを最大限に活かすため、醸造工程の一部を見直し最新の設備を導入することで、さらに醸造品質を向上させてきました。

ブランド名の『サントネージュ』とは、“聖なる雪”の意味で、富士山の頂きにかかる雪がその由来となっています。新ブランドは、サントネージュの名にふさわしい“日本の清らかさ・美しさ”を表現したワインブランドです。
『サントネージュ』は、ぶどう産地や製法ごとにシリーズ化して、<産地シリーズ><アッサンブラージュシリーズ><スパークリングシリーズ>として発売します。ブランドを通して“聖なる雪”をイメージした六角形の純白のラベルで、中心にブランド名である「Sainte Neige(サントネージュ)」と、雪の結晶をデザインしました。

<産地シリーズ>は、ぶどうの産地、品種を限定したシリーズで、その土地に最適なぶどう品種の魅力を最大限に引き出した果実味豊かなワインです。山形県かみのやま産の<シャルドネ><カベルネ・ソーヴィニヨン><メルロー>と、山梨県産の<甲州><マスカット・ベーリーA>を発売します。
<アッサンブラージュシリーズ>は、日本のぶどう名産地の様々な品種をアッサンブラージュ(ブレンド)した調和のとれた味わいのワインです。赤・白タイプの2アイテムで業務用専用商品として発売します。
<スパークリングシリーズ>は、日本有数の名産地であるかみのやま産のぶどうを使用した、きめ細やかな泡が特長のワインです。白・ロゼタイプを発売します。
*各ワインの特長は、下記URLよりHPをご覧下さい。

なお、特に優良なぶどうを産出する限定畑のぶどうを100%使用したワンランク上のシリーズを、2017年下半期に追加発売する予定です。
*ワンランク上のシリーズの詳細については、後日改めて発表します。
日本ワインは、品質の向上と共に近年人気が高まっており、2016年は国内製造ワインのうち約2割弱を占めるまでになりました。甲州、マスカット・ベーリーAなどの日本固有の品種に加え、シャルドネ、メルローといったワイン専用品種を使った多様な味わいのワインがつくられており、日本の伝統的な料理と同じく“繊細さ”が特長とされています。
さらに、2020年に開催される「東京2020オリンピック・パラリンピック」に向けて、改めて“日本産”が注目されることに加え、インバウンド需要も高まることが見込まれています。
アサヒビール(株)は、さらに注目が高まる日本ワイン市場に向けて、新ブランド『サントネージュ』を、国産ワインのフラッグシップブランドと位置づけ新発売し、本格的で高品質な日本ワインとして拡販していきます。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る