• トップ
  • リリース
  • コンパクトフォトプリンターがMopria規格に対応 「SELPHY CP1200」向けのファームウエアを無償提供開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

キヤノン株式会社

コンパクトフォトプリンターがMopria規格に対応 「SELPHY CP1200」向けのファームウエアを無償提供開始

(PR TIMES) 2017年04月06日(木)13時37分配信 PR TIMES

キヤノンは、コンパクトフォトプリンター「SELPHY CP1200」を対象に、Mopria(R)(※1)規格に対応したファームウエアの無償提供を、4月6日より開始します。
今回のファームウエア提供の対象は、コンパクトフォトプリンター「SELPHY CP1200」(2016年2月発売)です。小型・軽量で携帯性に優れたコンパクトフォトプリンターがMopria規格に対応することで、職場や家庭でも、旅行やパーティーなどの外出先でも、多くのシーンでより簡単にプリントできるようになります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/13980/192/resize/d13980-192-459192-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/13980/192/resize/d13980-192-287958-1.jpg ]


■「SELPHY CP1200」にファームウエアを無償提供
「SELPHY CP1200」のファームウエアを更新することで、Mopria Allianceが提供しているプラグイン(Mopria Print Service)をインストールしたスマートフォンやタブレットなどのモバイル機器(※2)から、Wi-Fiを通じ、簡単にプリントができるようになります。またMopriaで統一された規格に対応することで、モバイル機器からプリントするために各メーカーが用意している専用アプリケーションのインストールが不要となります。

■ Mopria認証製品を拡充し、使いやすい印刷環境を提案
キヤノンは、Mopria Alliance創立企業の一社として、いち早くMopria認証製品の開発に取り組み、既にレーザープリンター、インクジェットプリンター、オフィス向け複合機(※3)などのMopria規格に対応する製品を発売しています。キヤノンは今後もユーザーに対し、使いやすい印刷環境を提案していくとともに、コンパクトフォトプリンターをはじめ、Mopria認証製品を拡充していきます。

※1 キヤノン、HP、サムスン電子、ゼロックスの4社が、2013年9月に設立した会員制非営利団体。スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器やプリンターへのMopria認証の普及と、ワイヤレスで簡単な印刷環境の構築を目的としています。
※2 Android OS 4.4以上の端末に対応。最新情報はホームページ(http://www.mopria.org/ja)をご覧ください。
※3 Mopria認証を受けた製品一覧は、Mopria Allianceのホームページ(http://www.mopria.org/ja)をご覧ください。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る