• トップ
  • リリース
  • 世界ゆるミュージック協会お披露目イベント「YURU MUSIC NIGHT&DAY」にantenna*[アンテナ]がメディアパートナーとして協力

プレスリリース

株式会社グライダーアソシエイツ

世界ゆるミュージック協会お披露目イベント「YURU MUSIC NIGHT&DAY」にantenna*[アンテナ]がメディアパートナーとして協力

(PR TIMES) 2019年04月12日(金)19時40分配信 PR TIMES

4月17日にGinza Sony Parkで開催

株式会社グライダーアソシエイツ(本社:東京都港区、代表取締役社長:杉本哲哉)が運営するキュレーションアプリantenna*[アンテナ]は、世界ゆるミュージック協会が運営する「YURU MUSIC NIGHT&DAY」にメディアパートナーとして協力しています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/5122/192/resize/d5122-192-975554-0.png ]


「世界ゆるミュージック協会」とは、一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会(代表 澤田智洋、本社 東京都中央区、以下 世界ゆるスポーツ協会)が、今まで培った「だれもが楽しめるスポーツ開発」の知見を「だれもが楽しめる楽器開発」に活かす新たなプロジェクトです。

antenna* では、イベント情報の告知など、メディアパートナーとしてイベントを応援していきます。
https://antenna.jp/articles/8199496

■世界ゆるミュージック協会お披露目イベント「YURU MUSIC NIGHT&DAY」について
開催日時: 2019年4月17日(水)11時〜20時
[1] 11時〜18時30分: 楽器のタッチ&トライ
[2] 18時30分〜20時: 記者発表、ライブパフォーマンス

会場: Ginza Sony Park B1〜B4( https://www.ginzasonypark.jp/access/
参加: どなたでもその場でご参加いただけます(飲食代別)
ライブパフォーマンス: SUKISHA、かんばらけんた
主催: 世界ゆるスポーツ協会
協力: ソニー株式会社、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、Ginza Sony Park、トンガルマン株式会社
メディアパートナー: antenna*

イベントの詳細は、世界ゆるミュージック協会のホームページをご参照ください。
https://yurumusic.com

■ゆる楽器の紹介
1. TYPE PLAYER(Supported by トンガルマン)

[画像2: https://prtimes.jp/i/5122/192/resize/d5122-192-797203-1.png ]

ビジネスマンが毎日行う書類作成やメールのやり取り。その際行うタイピングは、どことなくピアニストの手つきに似ています。「TYPE PLAYER(タイププレイヤー)」は、普段打ち慣れているパソコンのキーボードを楽器に再発明。あなたも今すぐ、ブラインドタッチや早弾きが可能です。楽譜は五線譜ではなく、文字列。毎日働いている皆様、今日からミュージシャンになりませんか?


[画像3: https://prtimes.jp/i/5122/192/resize/d5122-192-653588-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/5122/192/resize/d5122-192-963648-3.jpg ]

2. POSE GUITAR(Supported by SONY)

[画像5: https://prtimes.jp/i/5122/192/resize/d5122-192-964386-4.jpg ]

多くの人がギターでつまづくポイント。それは「コードをおさえられない」からです。特に女性は「F」で挫折する人も少なくありません。そこで、ポーズをとることによって、コードを鳴らすことができる楽器を発明しました。その名も「POSE GUITAR(ポーズギター)」。これならコードをおさえる力も覚える経験も必要ありません。あなたも「弾き語り」ならぬ「ポーズ語り」を体験してみましょう。

3. 和音GLASS

[画像6: https://prtimes.jp/i/5122/192/resize/d5122-192-838658-5.png ]

乾杯でグラスを合わせた音が響き合い、和音をつくるワイングラス。音楽を共有すると、たとえ知らない人同士でも、不思議な心のつながりや気持ちの高まりを感じられるものです。そんな音楽の力が、同じくみんなが心を一つにする”乾杯”で感じられたらどうでしょう。普通よりちょっと楽しかったり、笑ってしまったり、その人と仲良くなれる気がしたりするのかも。和音GLASSで、あなたもだれかと音を奏でてみませんか?

[画像7: https://prtimes.jp/i/5122/192/resize/d5122-192-280818-6.jpg ]

4. ウルトラライトサックス

[画像8: https://prtimes.jp/i/5122/192/resize/d5122-192-866763-7.png ]

誰もが音程を外さずに吹くことができるサックス。気軽にライトに始められる、重さもライトなサックス。あなたの声を拡張してサックスの音にするので、どこかをおさえたりする必要はありません。どんな音色が飛び出すかはあなた次第。自由な演奏をお楽しみください。

[画像9: https://prtimes.jp/i/5122/192/resize/d5122-192-486071-8.png ]

5. Touch the Sound

[画像10: https://prtimes.jp/i/5122/192/resize/d5122-192-596093-9.jpg ]

ボールをころがすだけで誰でも演奏ができる Touch the Sound が家庭用サイズになって15年ぶりに帰ってきました!ボール1つ1つが楽器となっていて場所によって、音色やリズムパターンなどが変化します。なんとなく転がしても音楽になるし、ルールを理解すれば再現して演奏することも可能です。

6. Sound Wars

[画像11: https://prtimes.jp/i/5122/192/resize/d5122-192-640767-10.jpg ]


音だけによる音楽シューティングゲームです。音を奪いにくる宇宙人から地球の平和を守って下さい。ミキサーのフェーダー(音量)に敵が乗り移って下げてきます。手元にあるつまみで相手の位置を探り、鍵盤で攻撃をして撃退して下さい。敵の攻撃やプレイヤーの攻撃も音楽的要素となり、流れている音楽に影響を与えます。

■世界ゆるミュージック協会とは
すべての人に楽器を演奏する喜びを提供するプロジェクトです。人々が楽器をやらない理由は、「自分には才能がない(と思い込んでいる)」「挫折した経験がある」「始めるきっかけがない」「騒音が気になる」など様々です。それなら、「人が楽器をやらない理由をなくす新しい楽器」をつくれないだろうか。リズム感や音感がなくても大丈夫。騒音が気にならない。気軽に、そして気兼ねなくプレイできて、多様なラインアップから自分に最適な一つを選べる。これまで40以上の「ゆるスポーツ」を開発してきた世界ゆるスポーツ協会が、今度は新しい「ゆる楽器」の開発に着手します。

[画像12: https://prtimes.jp/i/5122/192/resize/d5122-192-711556-11.png ]

スマートフォンアプリantenna* は、「ココロうごく。キッカケとどく。」を掲げ、いま気になる情報をまとめて楽しめるキュレーションサービス。さまざまなジャンルの提携メディアから受け取る一日約1,500ものコンテンツに社内スタッフが目を通し、さまざまな切り口の”特集”(=記事まとめ)に整理して展開。毎日、約200〜300の旬なコンテンツを配信しています。

東京での生活をより楽しんでもらいたい、より豊かな体験をしてもらいたいという思いを込め、ユーザーの「TOKYO* LIFE」に役立つ上質なコンテンツのキュレーションを心がけています。

antenna* アプリダウンロードはこちら
https://antenna.onelink.me/2946886130/ecc74879

antenna* ブラウザ版はこちら
https://antenna.jp/

株式会社グライダーアソシエイツ 会社概要
社名     株式会社グライダーアソシエイツ
本社     東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ 森タワー35F
URL    https://www.glider-associates.com/
設立     2012年2月6日
代表者    代表取締役社長 杉本哲哉
事業内容   antenna* の企画、運営
広告・プロモーション事業、各種インターネットメディアの企画、 開発
コンテンツマーケットプレイスの企画、開発



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る