• トップ
  • リリース
  • JLL、ヒルトン福岡「シーホークギャレリア」リニューアル、運営管理業務を受託

プレスリリース

ジョーンズ ラング ラサール株式会社

JLL、ヒルトン福岡「シーホークギャレリア」リニューアル、運営管理業務を受託

(PR TIMES) 2017年01月17日(火)12時11分配信 PR TIMES


2017年1月17日 東京‐総合不動産サービス大手JLL(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長 河西利信 )は、ヒルトン福岡シーホーク(福岡県福岡市中央区)に併設するショッピングアーケードゾーン「シーホークギャレリア」におけるリニューアルプロジェクト並びに運営管理業務を受託しました。

「シーホークギャレリア」は、年間120万人以上が訪れるヒルトン福岡シーホーク4階ロビーフロアに直結するショッピングゾーンです。JLLは、面積:約3,600m2 、約30区画からなる商業エリアにおけるリニューアルプロジェクトの管理を行いました。近隣施設との相乗効果を最大限に引き出すコンセプトをもとに、テナントとの区画調整や入れ替えをご提案、新たに作られた5つのゾーンのテーマに沿った専門性の高いテナントを誘致しました。また、運営コストも適正化することで、施設全体のバリューアップを実現しました。本施設は、2016年12月16日にリニューアルオープンしています。JLLはまた、リニューアル後の施設運営管理業務も担当しています。

本業務を担当する不動産運用サービス事業部 リテールグループ リテールグループヘッド ナショナルダイレクター 飯尾太一は次のように述べています。
「JLLは日本全国の商業施設において、テナント誘致や、施設の運営管理、リブランディングなどを手掛けており、『シーホークギャレリア』のリニューアルについても、そのノウハウを活かし、プロジェクトを遂行できました。JLLは今後も、各商業施設のニーズや課題を解決し、バリューアップを実現するコンサルティングを提供して参ります」

ヒルトン福岡シーホーク シーホークギャレリア http://seahawk-galleria.com/


JLLについて
JLL(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産オーナー、テナント、投資家に対し、包括的な不動産サービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。フォーチュン500に選出されているJLLは、世界80ヵ国、従業員約70,000名、280超拠点で展開しており、総売上高は60億米ドル、年間の手数料収入は約52億米ドルに上ります(2015年12月31日時点)。2015年度は、プロパティマネジメント及び企業向けファシリティマネジメントにおいて、約3億7,200万m2 (約1億1,200万坪)の不動産ポートフォリオを管理し、1,380億米ドルの取引を完了しました。JLLグループで不動産投資・運用を担当するラサール インベストメント マネジメントは、総額597億米ドルの資産を運用しています。JLLは、ジョーンズ ラング ラサール インコーポレイテッドの企業呼称及び登録商標です。www.jll.com
JLLのアジア太平洋地域での活動は50年以上にわたり、現在16ヵ国、94事業所で36,000名超のスタッフを擁しています。JLLは、2016年インターナショナル・プロパティ・アワード・アジア・パシフィックにて、合計15の賞を受賞し、リアル・キャピタル・アナリスティックスより、アジア太平洋地域のトップ投資アドバイザーに選出されています。www.ap.jll.com
JLL日本法人の詳細な情報はホームページをご覧下さい。
www.joneslanglasalle.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る