プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社第一興商

楽しく「歌痩せ」!DAMカロリーカラオケランキング

(PR TIMES) 2017年03月22日(水)15時13分配信 PR TIMES

高消費カロリーの30曲を一挙紹介

株式会社第一興商(東京都品川区 代表取締役社長 林 三郎)は、薄着となる季節に向けてダイエットに注目が高まるこの時期に、カラオケ楽曲の消費カロリー標準値※調査を実施しました。
2016年3月1日〜2017年2月28日の1年間で通信カラオケDAMに配信した曲の中から、2017年2月度カラオケリクエストランキングトップ500を調査対象とし、消費カロリー標準値が高い上位30曲を抽出しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/14607/187/resize/d14607-187-159764-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/14607/187/resize/d14607-187-759528-1.jpg ]


■高消費カロリー値を出す歌い方のポイント
1.消費カロリー値が高い傾向にある、感情を込めて力強く歌うバラード曲や、アップテンポで激しい曲を選ぶ
2.歌唱時間(発声時間)が長い曲を選ぶ
3.大きい声で歌うと消費カロリーが高くなるので、歌唱中はお腹に力を入れた腹式発声を意識する

最も消費カロリーの高い曲は、中村美律子「長編歌謡浪曲 無法松の恋〜松五郎と吉岡婦人〜」で、なんと36.1kcalものカロリーを消費する計算となります。これは、体重50kgの人がおよそ5分間のランニング(134m/分の速さ)をしたときの消費カロリー量(36.0kcal)に相当します。(出典:CASIO高精度計算サイトkeisanより)
演奏時間が21分を超える同曲は、歌でカロリーを消費するときに重要となる「感情を込めて力強く歌う」、「歌唱時間(発声時間)が長い」、「大きな声で腹式発声を使い歌う」のすべてを満たしており、“歌痩せ”にはもってこいの曲と言えます。
2位はRADWIMPSのバラード曲「告白」(18.5kcal)、3位は若者への応援歌としてTV-CMに起用されているSHISHAMO「明日」(17.8 kcal)がランクインしました。
3月から4月は、歓送迎会など大勢でカラオケを楽しむ機会が増えます。消費カロリーの高い曲を思い切り歌って、ひそかにダイエットにトライしてみてはいかがでしょうか。


当調査は、当社の通信カラオケDAMに搭載する「カロリーカラオケ」で、カラオケ画面に表示される消費カロリー値の標準値を算出し、実施しました。

なお、100チャンネルのデジタル音楽放送「スターデジオ」/「スターデジオ光」では、このランキングに関連した番組を3月26日に放送予定です。

※消費カロリーデータは、歌唱条件、個人差等により変化する為、記載の数値を保証するものではありません。
消費カロリーデータの標準値とは、カロリーカラオケサービス開始時にスポーツクラブの協力を得て集計した、カラオケを歌う「声の大きさ」と「発声している時間」と実験によるサンプルデータを掛け合わせています。歌っている人のカロリー消費を計算して表示するもので、歌唱時間、歌い方などで大きく左右されます。また、算出方法の都合により、標準値には誤差が生じる場合があります。


高消費「カロリーカラオケ」ソングランキング
調査期間:2016年3月1日〜2017年2月28日
株式会社第一興商 通信カラオケDAM調べ

■1〜16位
[画像3: https://prtimes.jp/i/14607/187/resize/d14607-187-784080-2.jpg ]



■17〜30位
[画像4: https://prtimes.jp/i/14607/187/resize/d14607-187-567118-3.jpg ]


以上のランキングは、2016年3月1日〜2017年2月28日の1年間で通信カラオケDAMに配信した曲のうち、2017年2月度カラオケリクエストランキングトップ500を調査対象とし、消費カロリー標準値が高い上位30曲を抽出したものです。
http://www.dkkaraoke.co.jp/newsrelease/dkreport/201703.html



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る