• トップ
  • リリース
  • 40代ミセスの45.8%が親の自動車運転にヒヤリ! 運転時認知障害早期発見チェックリストを掲載 

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

サンケイリビング新聞社

40代ミセスの45.8%が親の自動車運転にヒヤリ! 運転時認知障害早期発見チェックリストを掲載 

(PR TIMES) 2017年04月20日(木)12時01分配信 PR TIMES

〜親の自動車運転免許の自主返納アンケート調査を実施〜

女性のための生活情報紙「リビング新聞」を発行するサンケイリビング新聞社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 和田直樹)では、「自動車運転免許の自主返納について」アンケート調査を実施しました。
 アンケートから見えてきた声をもとに、4月22日号のリビング新聞(大阪・兵庫の11エリア発行)で、「親の自動車運転 免許の自主返納を考える その運転もう“危険”」を特集しています。


 高齢ドライバーの認知症対策を強化する「改正道路交通法」がスタート。高齢者の交通事故のニュースも多く なっている中、読者のヒヤリ体験や、自動車運転免許返納についての話し合いのナマの声とともに、「車のキーや 運転免許証などを探し回ることがある」「駐車場で自分の車を止めた位置が分からなくなることがある」「同乗 者と会話しながらの運転がしづらくなった」など運転時の行動の変化から認知機能を確認する全30問の「運転時認知障害早期発見チェックリスト30」(特定非営利活動法人高齢者安全運転支援研究会提供)をまとめたWebページも公開しています。


      http://r.living.jp/mrs/osaka/0422drive


 読者アンケートでは、親の運転にヒヤリとした経験がある人は、36.5%。40代で大きく増加しています。
「親がいくつになったら、運転をやめてほしいか?」との質問で、一番多かったのが「70〜74歳」の29.5%。次いで「80〜85歳」という結果でした。運転免許の返納で困ることの上位は、「買い物に行けない」「病院に行けない」「活動の範囲が狭くなる」。 ヒヤリ体験などナマの声は、上記Webで公開しています。


[画像1: https://prtimes.jp/i/5157/187/resize/d5157-187-674705-1.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/5157/187/resize/d5157-187-635849-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/5157/187/resize/d5157-187-732858-2.jpg ]


■親と自主返納を話し合うときネックになること ※()内は、回答者の年齢
・年を取って頑固になって自分の能力を疑わない。「いざというとき」を理由に
 月に1、2度しか運転しないが免許は無くしたくないという(51歳)
・返納の話をして以来不仲。絶縁状態になっている(60歳)
・運転は生き甲斐だから、やめられないという(61歳)
・言うことを聞かない。84歳での更新はしないと言っているので、本当にそうしてもらいたい(55歳)


■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社サンケイリビング新聞社 編集局編集部 担当:天ケ瀬
TEL:06-6647-2034 FAX:06-6647-2094
E-mail:amgsmisa@sankeiliving.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る