• トップ
  • リリース
  • シンガポール オーチャード駅にて東京の魅力を発信するイベント「to TOKYO POP-UP」を展開します

プレスリリース

東日本旅客鉄道株式会社

シンガポール オーチャード駅にて東京の魅力を発信するイベント「to TOKYO POP-UP」を展開します

(PR TIMES) 2019年04月23日(火)15時40分配信 PR TIMES


[画像1: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-371056-0.png ]



[表1: https://prtimes.jp/data/corp/17557/table/186_1.jpg ]



1. イベント概要
 2018年12月から展開しているINSPIRATION STOREの第二弾プロモーションとして、東京をコンセプトとしたPOP-UPイベントを3カ月間展開します。
 アートディレクターの千原徹也氏が主導する「KISS, TOKYO」や、「東京」の魅力を世界へ向けて発信し、訪日・在日外国人から支持を得てきた日英バイリンガルメディア「タイムアウト東京」などとのコラボレーションによって東京カルチャーの今を伝えると共に、東京とシンガポールをつなぐ様々な仕掛けを展開していきます。


[画像2: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-484637-1.jpg ]

 ・イベント名:to TOKYO POP-UP
 ・場所:シンガポール MRTオーチャード駅 地下1階 Orchard Xchange内
 「INSPIRATION STORE」
 ・営業期間:2019年5月3日(金)〜2019年7月31日(水)
 ・店舗面積:約50平方メートル
 ・運営主体:東日本旅客鉄道株式会社シンガポール事務所

[画像3: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-201345-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-823443-3.png ]


2. 展開内容
(1)to TOKYO × KISS, TOKYO
 東京を愛する人が、「KISS, TOKYO」のロゴマークを通じて東京を世界に発信するプロジェクトとのコラボレーションを実施。おいしいお店、好きな場所、世界に誇れることをKISS, TOKYOのロゴマークを通じて発信していきます。
 期間中は、KISS, TOKYOのオリジナル商品を店舗内で販売、コンセプトビジュアル満載なフリーマガジンを配布するほか、KISS, TOKYOに賛同する日本のセレブリティを撮り下ろした写真パネル展(※)などを実施予定です。
※写真パネル展は5月下旬以降実施予定です。日時の詳細はSNSで別途発信します。

■展開商品一例

[画像5: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-245841-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-534234-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-479310-6.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-968941-7.jpg ]

※入荷数・時期に限りがあります。
※画像はいずれもイメージです。 

(2)TOKYO cultures pick-ups!
 期間中は、東京カルチャーを伝えるツールとして、厳選したフリーペーパーを多数展開します。
 インターネット上での情報では伝えきれない東京カルチャーの魅力を、紙媒体を通じて感じられる各誌を店頭に設置。その場で読んで楽しんでも良し、持って帰って家族や友達と楽しむこともできます。シンガポール国内ではここでしか手に入らない媒体ばかりです。

■展開例
[画像9: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-184252-8.jpg ]

・タイムアウト東京マガジン
2013年10月創刊。東京を中心とした日本の魅力を世界目線で発信する英語版マガジン。空港やラグジュアリーホテルの客室など、在日外国人、また外国人観光客とのタッチポイントとなるヴェニュー、都内600ヶ所以上で無料配布している。季刊で発行。
[画像10: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-735175-9.png ]

・東京感動線
山手線沿線の街の個性を紐解くライフスタイルマガジン。
沿線の街で暮らし・営む人にスポットを当て、独自の視点で東京の個性・魅力を伝えている。

(3)to TOKYO movie award!
 「東京に行こう」を合言葉に動画コンテストを実施します。
 店舗内に設置したパネルをバックに撮った動画をSNSにアップした人の中から、3名の方を「アンバサダー」として夏の東京にご招待。

 ・応募期間:5月3日(金)〜5月31日(金)
 ・参加資格:シンガポール在住、SNSのフォロワー100人以上の方
 ・応募方法:SNSでの動画配信
 ・審査員:
 1. 東京駅長
 2. 千原 徹也 KISS, TOKYOを率いるアートディレクター
 3. レスリー・キー シンガポール出身の写真家


3.東京駅との連携イベント
 東京駅で人気の商品を現地で販売するとともに、東京駅「動輪の広場」にて、(株)鉄道会館やKISS, TOKYO等と連携したイベントを実施いたします。
 実施期間:2019年8月26日(月)〜2019年9月1日(日)
 場所:東京駅丸の内南口地下1階 「動輪の広場」

各イベント詳細は、決定次第、下記のSNSを通じて発表いたします。
 Facebook: https://www.facebook.com/inspirationstoreorchard/
 Instagram: https://www.instagram.com/inspirationstoreorchard/?hl=ja



[表2: https://prtimes.jp/data/corp/17557/table/186_2.jpg ]


[画像11: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-662740-10.png ]

JR東日本グループが会社発足から30年が経過した2017年に、今後10年を見据えて策定した生活サービス事業の成長ビジョンです。「CITY UP!」を スローガンに、これまでの「駅を中心とするビジネス」に磨きをかけて、「くらしづくり(まちづくり)」に挑戦します。長期成長の実現に向けた「4本の柱」として、市中や当社エリア外への事業領域の拡大やオープンイノベーションなどに取り組む「のびる」、駅を中心とした魅力あるまちづくりを進める「ひらく」、地域の活性化や地域間交流の促進を図る「つなぐ」、既存事業の価値を高める「みがく」を設定し、駅の個性に磨きをかけるとともに街の魅力向上に努めます。

*最新情報や取組みの詳細はこちらをご覧ください*
生活サービス事業成長ビジョン(NEXT10)PRサイト http://cityup.jp/


■INSPIRATION STORE

[画像12: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-283581-11.png ]

有形を買う時代から、情報、さらに思考やアイディアを買う時代に移行するなか、世界の人々にインスピレーションを与えられるようなお店づくりを目指します。期間中は、日本ならびにシンガポールの学生、アーティスト、デザイナー等とコラボレーションし、お客さまの参加・体験を促すワークショップの開催や、お客さまと一緒に店舗を創り上げる多様なイベントを企画・実施いたします。

■SMRT Experience Pte Ltd

[画像13: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-129091-12.png ]

所在地:251 North Bridge Road Singapore 179102
代表者:Dawn Low
シンガポールの公共交通を提供・運営するシンガポールの大手企業、SMRT Corporation Ltdの子会社で、SMRTの運営するMRT東西線、南北線、環状線に加え、バスやタクシー等でリテール事業や広告事業を展開しています。860以上の商業スペースを通じて、シンガポールの通勤客に広く便利なサービスを提供し、広告展開を通じてネットワークの活性化を行っています。

■KISS, TOKYO
[画像14: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-431702-13.jpg ]

KISS, TOKYOは、東京を愛する人が、東京を世界に発信するプロジェクトです。おいしいお店、好きな場所、世界に誇れることをKISS, TOKYOのロゴマークを通じて発信していきます。
『I♥NY』に着想を得たロゴマークは、東京を愛する気持ちを表現し、「(ハート)」をキスマークに置き換えてデザインしています。世界には挨拶代わりにキスをする人々もいる一方で日本人はキスにはちょっと照れてしまう。その奥ゆかしさに日本人のアイデンティティがあると考え、あえてスローガンを『KISS,TOKYO』としました。「キストーキョー」Tシャツを着ることで、人を愛する気持ちと東京を誇りに思う感情を持ってもらいたい、東京を訪れる人にWelcomeな気持ちを伝えたい、そんな願いを込め、多数のオリジナル商品の開発や、クリエイター、文化人等とのコラボレーションを行っています。

■タイムアウト東京
[画像15: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-306121-14.png ]

1968年にロンドンで創刊され、現在世界108都市39ヶ国13言語で展開するシティガイド「タイムアウト」の東京版。2009年のローンチ以来、東京のローカルエキスパート(=地元の目利き)として、徹底した外国人目線/世界目線を貫きながら、国内外に情報を発信。高品質なコンテンツと、グローバルなネットワークを活かし、インバウンド、クールジャパン、地方創生などにも貢献しています。運営は、ORIGINAL Inc.。

■(株)鉄道会館

[画像16: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-677369-15.jpg ]

[画像17: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-103671-16.jpg ]


株式会社鉄道会館は東京駅を中心としたエリアを利用される全ての方に感謝し、便利で安心なサービスとともに大切な人、特別なもの、幸せなひととき、ここだけの“出逢い”のシーンを創造し続けること、“出逢創造”を企業理念とするJR東日本のグループ会社。
商業空間プロデューサーとしてグランスタ、グランルーフ、黒塀横丁、ラーメン激戦区 東京・丸の内(KITTE グランシェ)をはじめとする商業施設の運営、東京駅でのエリアマネジメントなど様々な領域で事業展開をしています。

■東京感動線/TOKYO MOVING ROUND
[画像18: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-819849-17.jpg ]

山手線は、世界的にもユニークな、地上を走る都心の環状線であり、歴史的・文化的に多様な個性のまちとまち、人と人をつないでいます。
JR東日本では、移動を含めた日常生活の利便性を高めるサービスに加え、多様なまちや人の個性を引き出し、駅と駅、駅とまち、人とまち、人と人のつながりを創り出すことで、心豊かな都市生活空間を創造してまいります。


■千原 徹也氏プロフィール
[画像19: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-485046-18.jpg ]

アートディレクター/株式会社れもんらいふ代表
1975年京都府生まれ。広告、ブランディング、CDジャケット、装丁、WEB、映像など、デザインするジャンルは様々。桑田佳祐 アルバム「がらくた」のアートディレクションや、関ジャニ∞ アルバム「ジャム」のアートディレクション、ウンナナクールのブランディング、小泉今日子の35周年ベストアルバム、装苑などが知られている。さらには「れもんらいふデザイン塾」の開催、東京応援ロゴ「キストーキョー」のデザインなど活動の幅を広げている。https://lemonlife.jp/

■レスリー・キー氏プロフィール
[画像20: https://prtimes.jp/i/17557/186/resize/d17557-186-537113-19.jpg ]

シンガポール生まれ。
フォトグラファーとしてアート、ファッション、広告の撮影、映像、監督などを中心に世界各国で活動。東日本大震災チャリティ写真集『LOVE & HOPE』(2012年)が第40回APA経済産業大臣賞。彼が手掛ける写真とアートマガジンのシリーズ「SUPER」は世界の企業やYOHJI YAMAMOTOをはじめとするファッションデザイナーなどと積極的にコラボレーションを仕掛ける。
初監督ショートムービー「THE INDEPENDENTS 」が2015 ASVOFFのBEAUTY PRIZE AWARDを受賞。日本のLGBTのポートレートを撮影するプロジェクト「OUT IN JAPAN」、第19回文化庁メディア芸術祭エンタテインメント部門審査委員推薦作品に選出。また、国連が掲げる『持続可能な開発目標(SDGs)』のテーマソングとなる早見優『恋のブギウギトレイン』のPVを製作。 国連広報センターとSDGsの啓発活動も精力的に行う。
2016年より、NHKと共に日本中の人々が夢や目標を共有し、よりよい未来を目指す、2020年のオリンピック・パラリンピックの東京大会の応援をテーマ「→2020 レスリー・キーがつなぐポートレートメッセージ」をスタート。オフィシャル写真の1500名以上のポートレート撮影とプロモーション映像を監督している。
Twitter、Facebook、Instagram :lesliekeesuper



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る