• トップ
  • リリース
  • ファーウェイ、クラウド・ベースのネットワーク変革を加速するCloudMetroソリューションを発表

プレスリリース

  • 記事画像1

ファーウェイ・ジャパン

ファーウェイ、クラウド・ベースのネットワーク変革を加速するCloudMetroソリューションを発表

(PR TIMES) 2017年03月03日(金)11時25分配信 PR TIMES


ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、スペイン・バルセロナで開催中のMobile World Congress(MWC) 2017において、通信事業者によるデジタル変革とビジネスの成功の加速を支援する取り組みの一環として、CloudMetroソリューションを正式に発表しました。メトロ・ネットワークに同ソリューションを導入することで、クラウド技術を活用したリソースのプール化、アジャイルなサービス提供、運用の自動化、オープンなプラットフォームの実現が可能になります。

4KやVR(仮想現実)、企業クラウド間の相互接続、5Gといった分野における急速な発展は、サービスの多様化をもたらすとともに、これまでになかった未知のサービスも生み出します。こうした状況で通信事業者が成功を実現するには、メトロ・ネットワークをビジネス・イノベーションの最前線に据え、ユーザー体験の向上に向けた道を継続的に模索する必要があります。

ファーウェイ ネットワーク・プロダクトライン 最高マーケティング責任者の危峰(ウェイ・フォン)は、次のように述べています。「迅速なインテグレーション、効率的な運用、ネットワーク機能の開放が可能なメトロ・エリア・ネットワークさえあれば、新たなサービスの商用ニーズに対応できます。 こうした機能を実現するには、メトロ・ネットワークでクラウド・ベースのアーキテクチャを採用する必要があります。CloudMetroソリューションは、将来の需要に備えることを目的とした新たなビジネス・イネーブラーとなるシステムです。このソリューションは、上位層のネットワーク・クラウド・エンジン(NCE)とE2Eのスライシングが可能な下位層のベアラ・ネットワークの2つで構成されます。これによって、機能モジュール、クラウドOS、下位層の物理デバイスを異なる層に分離することができます」

[画像: https://prtimes.jp/i/7389/186/resize/d7389-186-759171-0.jpg ]


CloudMetroソリューションは、管理機能とサービス機能をNCEに移行することで、ブロックのように組み合わせられるオンデマンドなサービス・プロビジョニングを可能にします。このアーキテクチャでは、オンデマンドにサービス機能を選択・展開できるサービス機能チェーンを導入することで、トライアルにかかるコストを削減し、サービスのリードタイムを数か月単位から数日単位へと大幅に短縮できるため、通信事業者に求められる差別化されたサービス・イノベーションの要件を満たすことができます。また、標準ノースバウンド・インターフェースをサードパーティに開放し、より多くのアプリケーションでのサポートが可能となっています。ファーウェイは業界のパートナーと協力して相互に利益を享受できるような成果を目指し、遠隔によるオンライン・インテグレーション検証のためのラボを提供して、自社だけの開発からパートナーとの共同開発を実現しています。

同ソリューションは、転送プレーンとコントロール・プレーンを分離した設計でクラウド・ベースの一元的なリソース制御とオンデマンドのダイナミックなリソース・スケジューリングを可能にし、リソース利用効率を向上します。一元的なサービス管理、集中型のリソース管理、レイヤー間、ドメイン間、ベンダー間の柔軟なリソース・スケジューリングによって、セルフサービスのオンライン・サブスクリプション、ワンタッチによるサービス・プロビジョニング、クラウド・ベースのサービス更新、O&Mの可視化を実現し、O&Mの効率を10倍向上します。

さらに、ファーウェイが発表した業界初となるネットワーク・スライシング・ルーターを使用することで、E2Eのスライシングが可能なネットワークを構築することができます。このルーターは管理と制御、プロトコル処理、転送回線に応じてネットワーク・リソースを柔軟にスライシングし、家庭向けブロードバンド、4G/5G回線、企業用専用線などのサービスごとに異なるSLAを提供できます。MWC 2017において、ファーウェイはドイツ・テレコムと共同で5Gネットワークのスライシングのデモを実施しています。

危はさらに次のように述べています。「将来のメトロ・ネットワークでは、サービス・ベアラの効率性向上だけでなく、今後見込まれるサービスやアプリケーションの多様な需要に対応するためのオープン性や迅速なインテグレーション能力も求められます。メトロ・ネットワークのポテンシャルを最大限に活かして、ネットワークの収益化を迅速に図らなければなりません」

ファーウェイは、世界中の通信事業者とのパートナーシップを通じてこの分野におけるイノベーションを継続的に進め、クラウド・ベースのネットワーク変革に注力していきます。

2 月27〜3 月2 日までスペイン・バルセロナで開催されるMobile World Congress (MWC)2017 において、ファーウェイはCloudMetroソリューションを含む最新製品やソリューションをFira Gran Via のHall 1(ブース番号1J50)、Hall 3(ブース番号3130)、Hall 4 Innovation City ゾーンで展示します。

詳細は、MWC 2017 特設サイト(英語、http://www.huawei.com/en/events/mwc/2017/)をご覧ください。


※本参考資料は2017年2月27日(現地時間)にスペイン・バルセロナで発表されたプレスリリースの翻訳版です。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る