• トップ
  • リリース
  • ファーウェイ、MWC 2017で価値主導型の新たな成長に向けたイノベーションを紹介

プレスリリース

  • 記事画像1

ファーウェイ・ジャパン

ファーウェイ、MWC 2017で価値主導型の新たな成長に向けたイノベーションを紹介

(PR TIMES) 2017年03月03日(金)10時30分配信 PR TIMES


ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、スペイン・バルセロナで開催中のMobile World Congress(MWC) 2017において、「Open ROADS to a Better Connected World(より“つながった”世界へのオープンな道)」というテーマのもと、共同展示、基調講演、業界フォーラムなど数々の活動を展開し、世界各地の100を超える通信事業者やパートナー企業とともに取り組む新しいイノベーションとアイデアを展示します。また、通信業界の将来や、価値主導型の新たな成長を促進するためのベスト・プラクティスをテーマに、業界パートナー企業との意見交換を行います。

高品質のユーザー体験をリードする新たなテクノロジーが登場するなか、通信業界はデジタル変革の重要な局面を迎えています。「より“つながった”世界」はすぐそこまで来ており、通信業界が産業のデジタル化の主要なイネーブラーとして商機をつかめる可能性が無限に広がっています。

この新時代の競争を勝ち抜くために、世界の通信事業者は「投資主導型」から「価値主導型」へとビジネス・モデルの転換を進めており、ユーザー体験、革新的なサービスの提供、お客様への価値向上を最優先に位置付けています。ファーウェイは、通信事業者が既存のネットワークの価値を最大化し、効率性の向上、収益の拡大、持続可能なビジネスの拡大を実現できるように支援します。将来を見据え、ファーウェイは、通信事業者が動画サービスを基本サービスとして提供したり、クラウド・サービスによって他の産業のイネーブラーとなったりと、通信事業者が持つデータ通信という強みを活かして新たな分野に進出し、数兆ドル規模の市場で新たな商機を切り拓くサポートをしていきます。

通信事業者がデジタル時代をリードできるよう支援するために、ファーウェイはAll Cloudソリューションを提供します。このソリューションにより通信事業者はダイナミックかつオンデマンドなアプローチへの転換を図り、短時間でサービスの展開を実現してお客様の需要に応えることが可能になります。ファーウェイは、パートナーと協力して持続可能なデジタル・ビジネスのエコシステムを構築することに注力しています。

ファーウェイ輪番CEO兼取締役副会長の徐直軍(エリック・シュー)は次のように述べています。「ファーウェイは長年にわたりお客様志向を堅持しています。当社はお客様に向けて確かな価値を創出し、ビジネス・パートナーとなるべく努力しています」

ファーウェイは「より“つながった”世界の実現」というミッションの達成に向けて、業界に対し、デジタル変革の成功を左右する指標として、ROADS(Real –time:リアルタイム、On-demand:オンデマンド、All-online:すべてがオンライン、DIY、Social:ソーシャル)を提唱しています。ファーウェイは、テクノロジーやアーキテクチャはもとより、ユーザー体験、さらに現在ではデジタル化の商用価値をも向上させ、産業のデジタル化を推進する取り組みを進めています。

MWC 2017でファーウェイは、Hall 1のメイン・ブースに「Maximizing Network Value(ネットワーク価値の最大化)」「All Cloud to Support 5G(オール・クラウド化による5Gへの対応)」「Agile Digital Operations(アジャイル・デジタル・オペレーション)」「Cloud-based Digital Services(クラウド・ベースのデジタル・サービス)」をテーマとしたエリアを設け、All Cloudソリューション(All Cloudコア/無線/ベアラ・ネットワーク・ソリューションなど)をはじめとして、成長を実現するプランやビジネス・モデル、最新技術の進展を展示しています。さらに、コンサルティング・サービス部門によるVIP向け展示、デジタル・トランスフォーメーション・ダイアログ・センター、イノベーション・シティの展示、ファーウェイ・コンシューマ・エリアでは、来場されたお客様やパートナーと交流できるほか、ファーウェイの製品やサービスも体験していただけます。

[画像: https://prtimes.jp/i/7389/185/resize/d7389-185-162820-0.jpg ]



また、基調講演や公式セッションでは、動画、NB-IoT、クラウド・サービス、Telco 2.0、デジタル・エコシステム、2020年に向けたファーウェイのビジョンをテーマに、スピーチや業界パートナーとの意見交換を行います。

ファーウェイはオープン、協業、成功の共有という理念のもと、昨年の70を上回る100以上の通信事業者やパートナーと共同で展示を行う予定です。さらにイベント最終日の3月2日には昨年同様にブースを一般公開する「Open Day」を開催し、さまざまな地域の異業種のパートナーやエキスパートとの交流の機会を設けます。

30年間で世界をリードするICTソリューション・プロバイダーへと成長してきたファーウェイは現在、ビジネス・アライアンスや産業アライアンスを構築し、オープンソース・コミュニティに積極的に参加し、自社の開発者プラットフォームも運営しています。ファーウェイは、パートナーと協力して、あらゆるステークホルダーに成功をもたらすオープンで協業可能な産業エコシステムを構築することに注力しています。

2 月27〜3 月2 日までスペイン・バルセロナで開催されるMobile World Congress (MWC)2017 において、ファーウェイは最新製品やソリューションをFira Gran Via のHall 1(ブース番号1J50)、Hall 3(ブース番号3130)、Hall 4 Innovation City ゾーンで展示します。詳細は、MWC 2017 特設サイト(英語、http://www.huawei.com/en/events/mwc/2017/)をご覧ください。


※本参考資料は2017年2月27日(現地時間)にスペイン・バルセロナで発表されたプレスリリースの翻訳版です。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る