プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社

歓喜の味わい「クリュッグ コレクション1990」新発売

(PR TIMES) 2016年12月15日(木)11時17分配信 PR TIMES

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町)取り扱いプレステージ・シャンパーニュ クリュッグが「クリュッグ コレクション 1990」のリリースを発表いたします。
[画像1: http://prtimes.jp/i/6986/184/resize/d6986-184-141990-0.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/6986/184/resize/d6986-184-465551-1.jpg ]


歳月と共に、いずれも見事な熟成を見せるクリュッグのシャンパーニュ。時に磨かれた美味なる芸術、その真の頂点に位置するのが、クリュッグ ヴィンテージに訪れた第二の福音「クリュッグ コレクション」です。世界各国のクリュッグラバーが待ち望むこのコレクションは、数あるクリュッグ ヴィンテージの中から、極めて限られた本数のボトルだけを厳選し、熟成のための理想的な環境を整えたセラーの中で、ゆっくりと時をかけて磨かれていきます。
選ばれたボトルは、クリュッグ醸造最高責任者のエリック・ルベルとテイスティング委員会によるテイスティングと評価を経て、やがてそれまでにない傑出した表情を持つシャンパーニュへと昇華したことが認められた時に初めて、コルクで封印され、クリュッグ コレクションの仲間入りを許されます。熟成により深みを増したヴィンテージ本来の味わいに加え、歳月が育んだ予期せぬ新たなアロマと風味がもたらす驚き。
「クリュッグ コレクション1990」はまさに、時の流れがクリュッグ1990に告げた二度目の福音なのです。

■クリュッグ コレクション1990
1990年の天候条件
この年は、降雪のない極めて穏やかな冬が過ぎ、4月初旬には厳しい霜が下りて、その後も軽い降霜が続きました。やがて6月には、時おり気温の低い日はあるものの良好な気象条件が整い、暑く、日差しの強い夏が訪れました。こうして天候に恵まれたこの年には、豊かさとバランスの良さ、類いまれなストラクチャーを備えたワインが誕生しました。そこにはフルーツの力強さ、エレガンス、そして傑出した個性が表現されています。

クリュッグ コレクション1990のテイスティングノート:フレーバーとアロマの新たな祝祭
第一印象は、太陽の輝きと、この年の豊かな自然の恵みを伝える深みのある金色の液体。そしてトップノーズは、プラムのタルト、シナモン、カスタードクリーム、ジンジャーブレッドが織りなす甘く魅惑的な香りです。ひとたび口に含むと、そこに広がるのは贅沢さとクリーミーさと、驚くほどの新鮮さとのコンビネーション。やがて多彩な表情を持つフレーバーが口いっぱいに広がり、陽気な祝祭の風景を鮮やかに表現し始めます。さまざまなスパイス、ブリオッシュ、砂糖漬けやカラメルがけの菓子、シトラスとドライフルーツ、さらにアプリコットやグレープフルーツ、オレンジマーマレード、レモンパイ、軽くローストしたナッツ、上質のハチミツのひとふり。そして最後に訪れるのは、味わいをさらに高めながら余韻を響かせる、極めて長いフィニッシュ。誕生から25年以上の歳月を経た今もなお、「クリュッグ コレクション1990」は、驚くべき若さと活力を湛えています。

フードペアリングのご提案
「クリュッグ コレクション1990」におすすめのペアリングは、 モリーユ茸のリゾット、蕪のカラメル炒めを添えたアヒル料理、トリュフ入り白ブーダンなど。デザートには、ジンジャーブレッドとダイダイを添えたティラミス、細切りのローストアーモンドを乗せた焼きりんご、スライスした熟成コンテチーズなどがよく合います。

クリュッグ コレクション1990: 世にも希少なシャンパーニュ
クリュッグ コレクションのボトルには、限定生産された最大本数からセラーに残った最後の1本まで、降順にナンバリングが刻印されていきます。さらに確かな品質をお約束する証として、メゾン クリュッグのディレクターを務める6代目当主、オリヴィエ・クリュッグ直筆署名入りの品質証明書を発行しております。

■クリュッグだけのシャンパーニュ造りのアプローチ

夢のメゾンの実現
1843年の創業以来、プレステージ・シャンパーニュのみを毎年造り続ける史上初の、そして今なお唯一無二のメゾンとして、メゾン クリュッグはつねに、その評判にたがわぬ最高品質のシャンパーニュをお届けしてまいりました。メゾン クリュッグの歴史は、先見の明を持ち、妥協を許さぬ哲学に従って型破りに生きた創業者ヨーゼフ・クリュッグの挑戦の物語でもあります。「シャンパーニュの真髄は、その存在自体がもたらす歓びに他ならない。」ヨーゼフは、この信念にもとづき、天候に左右されない最高品質のシャンパーニュを、毎年、確実にお客様にお届けすることを目指しました。それぞれのブドウ畑の特徴を詳細に観察し、畑の区画ごとに異なるブドウの個性を活かして造り上げたワインを基に、収穫年の違う膨大な数のリザーブワインのコレクションを創り上げることによって、彼は自らの夢を実現しました。ヨーゼフは、シャンパーニュ造りに対する極めてユニークなアプローチにより、ヴィンテージの概念を超えて、その年ごとにシャンパーニュの味わいの最高峰を引き出すことを決意したのです。こうしてたどり着いたのが、等しく最高品質を保ちながらも、1本ごとに収穫年の恵みを伝える個性を放つシャンパーニュを生み出すメゾン クリュッグでした。1843年のメゾン創立以来6世代目を数えるクリュッグ家では、ヨーゼフ・クリュッグのビジョンとサヴォアフェール(独自の醸造技術)を今も確かに受け継ぎ、さらに磨きをかけ、高め続けています。

[画像3: http://prtimes.jp/i/6986/184/resize/d6986-184-737921-2.jpg ]



商品概要
■商品名: クリュッグ コレクション 1990
■希望小売価格:100,000円(税別)/108,000円(税込)
■取り扱い:一部百貨店


メゾン クリュッグについて
クリュッグは1843年、ヨーゼフ・クリュッグによってランスで創業されました。ヨーゼフは妥協を許さない哲学と先見の明を持った異端児で、楽しむことこそがシャンパーニュの本質だと理解していました。彼はヴィンテージという概念を超越し、天候の違いに左右されることなく誰もが認める卓越した品質を持つシャンパーニュを毎年提供することに成功しました。それぞれの区画が持つ個性を重視し、リザーヴワインの広範な「ライブラリー」を確立することで、ヨーゼフ・クリュッグはプレステージ・シャンパーニュだけを作る最初にして唯一のシャンパーニュ・メゾンを創業しました。彼のビジョンと創意工夫は6世代にわたりクリュッグ家に受け継がれ、高められています。

物語の続きを「クリュッグ iD」で。

クリュッグのシャンパーニュ。そのすべてのボトルには、語るべき物語が秘められています。
歴史的であると同時に現代的でもあるメゾン クリュッグでは、デジタルテクノロジーを積極的に活用しています。その一環として、2011年からシャンパーニュ愛好家の皆様に「クリュッグ iD」をご紹介しています。ボトル裏のラベルに印字された6桁の番号をクリュッグウェブサイトの特設ページまたはクリュッグ専用アプリに入力すると、そのボトルにまつわる様々なエピソードをご覧いただけます。リンク先には、醸造最高責任者エリック・ルベルが語るその年のブドウ収穫をめぐる出来事、フードペアリングのアイデア、最適なボトルの保存方法や飲み方に関するヒント、さらにクリュッグのシャンパーニュを味わう歓びをさらに高めるBGMの選曲まで、多彩な情報をご用意しています。
[画像4: http://prtimes.jp/i/6986/184/resize/d6986-184-730181-3.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る