• トップ
  • リリース
  • 【朝日学生新聞社の新刊】『自ら学ぶ子を育てる! 清水先生の自宅学習相談室』

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社朝日学生新聞社

【朝日学生新聞社の新刊】『自ら学ぶ子を育てる! 清水先生の自宅学習相談室』

(PR TIMES) 2020年11月25日(水)18時45分配信 PR TIMES

「勉強の仕方を教える塾」の先生がお父さん・お母さんの悩みに答えます!

朝日学生新聞社出版部( http://www.asagaku.jp )は、『自ら学ぶ子を育てる! 清水先生の自宅学習相談室』を発行しました(発売=朝日新聞出版)。
[画像: https://prtimes.jp/i/21716/182/resize/d21716-182-660514-0.jpg ]

「子どもは、学校や塾で勉強するもの」
 2020年は、そんな固定概念が崩れ、家庭学習の大切さが取りざたされた年でもありました。

 もちろん、緊急事態宣言や休校などがなくとも「自主的に家庭学習ができるかどうか」は、子どもの伸びと大きく関わってきます。
 では、どうすれば子どもは自ら勉強するようになるのでしょうか?
 そのために、親はどんなサポートをすれば良いのでしょうか?
 この本では、「自ら学ぶ子」を育てるために、親にできることを「モチベーション」「知的好奇心」「時間管理」「勉強方法」「環境」という5つの項目に分けて紹介。

 よくある40の質問に答える形で、保護者のお悩み解決と、子どもの自学力の育成を目指します。


■モチベーションを高める


「宿題は?」に代わるうまい声かけ
間違い直しを面倒くさがる子ども
やる気を引き出す目標の立て方  など

■知的好奇心を育てる


勉強にもごほうびが必要なの?
語彙がなかなか増えません
何でも検索……自分で考えさせるべき? など

■時間管理の手助けをする


受験勉強と学校の部活や委員会、両立できる?
苦手科目が後回しになりがちです
5年生までの長期休み、どう過ごす? など

■具体的な勉強方法を知る


作文を書くのが苦手な子へのアドバイス
効果的な間違い直しの方法は
理解を深めるノートの取り方 など

■環境を整える


リビング学習、させたほうがいい?
スマホ使用のルールは必要?
タブレット学習の上手な取り入れ方 など



□インターネット書店やお近くの書店、朝日新聞販売所(ASA)でお求めください。
 お問い合わせは、朝日学生新聞社出版部(電話番号03・3545・5436、平日午前10時〜午後6時)。

〈著者紹介〉
清水章弘(しみず・あきひろ)
教育アドバイザー/「勉強のやり方」を教える塾プラスティー代表
1987年、千葉県船橋市生まれ。私立海城中学高校、東京大学教育学部を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。
東京と京都で「勉強のやり方」を教える塾プラスティーを経営しながら、テレビ・新聞・ラジオで勉強のやり方を伝えている。著書は『現役東大生がこっそりやっている、頭がよくなる勉強法』(PHP 研究所)、『中学生からの勉強のやり方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など多数。青森県三戸町教育委員会学習アドバイザー。ポスト・イット(R) ブランドアンバサダー。朝日新聞EduA、朝日小学生新聞などで連載中。

〈商品情報〉
『自ら学ぶ子を育てる! 清水先生の自宅学習相談室』
2020年11月20日発売
ISBN : 978-4021911057
本体価格1,600円+税
発行:朝日学生新聞社 発売:朝日新聞出版



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る