• トップ
  • リリース
  • 火星への有人ミッションはすでに秒読み段階!「ナショジオ×Reader Store『マーズ 火星移住計画』先行試写会&新刊トークイベント」へ抽選で80名様をご招待!本日より応募受付開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

火星への有人ミッションはすでに秒読み段階!「ナショジオ×Reader Store『マーズ 火星移住計画』先行試写会&新刊トークイベント」へ抽選で80名様をご招待!本日より応募受付開始

(PR TIMES) 2016年10月21日(金)12時44分配信 PR TIMES


[画像1: http://prtimes.jp/i/6388/181/resize/d6388-181-991478-0.jpg ]


電子書籍関連事業を展開する株式会社ブックリスタ(東京都港区)と電子書籍ストアReader Storeを運営する株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(東京都千代田区)は、Reader Storeスペシャル企画として2016年11月14日(月)に「ナショジオ×Reader Store 『マーズ 火星移住計画』先行試写会&新刊トークイベント」を開催いたします。

Reader Storeでも人気の高いサイエンスのジャンルから、日経ナショナル ジオグラフィック社の雑誌『ナショナル ジオグラフィック日本版(2016年11月号)』および新刊『マーズ 火星移住計画』をテーマに、日本火星協会代表の村川恭介氏をゲストにお迎えし、火星有人探査や火星移住プロジェクトなどの現状・未来について解説していただきます。

さらに、ナショナル ジオグラフィック チャンネルが11月15日(火)より放送を開始する同名のテレビシリーズ『マーズ 火星移住計画』第1話の先行試写会も実施。同作品は、巨匠ロン・ハワードが製作総指揮をしたハリウッドの豪華メンバーによる映像作品で、スケール感あふれるドラマと、現実の宇宙開発現場を捉えたドキュメンタリーが融合した革新的な番組となっています。

Reader Storeでは本イベントに先駆けて11月11日(金)より宇宙が舞台の小説やコミック、宇宙の神秘に迫る教養書などを集めた「宇宙本フェア」を開催いたします。また当日は「宇宙ラベルシリーズ」の作州津山ビールや国際宇宙ステーションで飲まれる種子島・南種子町のおいしい天然水などをご用意いたします。ぜひこの機会に宇宙に触れてみてください。

※書籍電子版『マーズ 火星移住計画』(レオナード・デイヴィッド 著/関谷 冬華 訳)は11月14日(月)Reader Store先行発売予定。雑誌電子版『ナショナル ジオグラフィック日本版』11月号は11月2日(水)発売予定。

「ナショジオ×Reader Store『マーズ 火星移住計画』先行試写会&新刊トークイベント」
■イベント内容
[第1部:先行試写会(約45分)]
それは凶星か、人類の新天地か。
ナショナル ジオグラフィック チャンネル『マーズ 火星移住計画』第1話を先行試写
西暦2033年の世界を舞台に、宇宙船ダイダロスに乗り込んだ宇宙飛行士たちの“人類初の火星有人ミッション”をドラマ化。加えて、専門家たちのインタビューや現代の宇宙開発に迫るドキュメンタリーを含めるという画期的な手法で、人類の火星への挑戦を描く。映画『アポロ13』などを手掛けた巨匠ロン・ハワードが製作総指揮。

[第2部:スペシャルトーク&セッション]
人類は火星にいけるのか?火星で暮らせるのか?
「日本火星協会・代表 村川恭介氏×ナショナル ジオグラフィック」スペシャルトーク
特別ゲストに日本火星協会・代表 村川恭介氏をお迎えして、日経ナショナル ジオグラフィック社の編集委員・田村規雄氏とのトークライブをお楽しみいただきます。
※イベント内容は予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

[本イベントのご応募はこちら]
http://ebookstore.sony.jp/special/stc2/cp_natgeo-mars/index.html?s_tc=rs_etc_ext_lp_natgeo-mars

■イベント詳細
▼応募条件
My Sony IDをお持ちの方、または新規にご登録された方
※ご応募にはMy Sony IDの登録が必要となります。

▼応募期間
2016年10月20日(木)00:00〜2016年11月4日(金)23:59

▼特別プレゼント
イベントへお越しの皆様へ「ナショナル ジオグラフィック日本版」11月号の紙雑誌・特別付録「火星地形図・移住基地ポスター」をプレゼントいたします。

▼開催日程・場所
日時:2016年11月14日(月)19時〜21時
場所:都内某所
※会場は当選された方にご連絡させて頂きます。
料金:無料
※会場までの交通費は自己負担になります。
主催:(株)ソニー・ミュージックエンタテインメント/(株)ブックリスタ
協力:日経ナショナル ジオグラフィック社/ナショナル ジオグフィック チャンネル
協賛:合同会社まるごと種子島/合資会社多胡本家酒造場

■登壇者紹介
村川恭介(むらかわきょうすけ)
1954年神奈川県生まれ。米国テキサス州ヒューストン大学建築学科大学院スペースアーキテクチャプログラム卒業、NASAや大手米国宇宙企業の研究者等と月面基地、火星基地の共同研究に参加。宇宙政策、宇宙技術、宇宙ビジネス等のコンサルタンツを経て、現在は有人火星探査を目指すNPO日本火星協会代表。

■日経ナショナル ジオグラフィック社
nationalgeographic.jp

[画像2: http://prtimes.jp/i/6388/181/resize/d6388-181-681532-1.jpg ]

[書籍紹介]11月14日(月)Reader Store先行配信予定
『マーズ 火星移住計画』(レオナード・デイヴィッド 著/関谷 冬華 訳)
20XX年、人類はついに火星の地に降り立つ――。そんな近未来への道程を、科学面、技術面、精神面から考察。NASAやESAといった世界の宇宙開発機関をはじめ、スペースX社などの民間の取り組みを徹底取材。火星を“第2のふるさと”にするために必要なこと、解決すべき課題を多角的に分析。探査機がもたらした赤い惑星の姿、開発中のロケットや居住地など、迫力満点のビジュアルを約200点収録。

[画像3: http://prtimes.jp/i/6388/181/resize/d6388-181-582721-2.jpg ]

[雑誌紹介]11月2日(水)配信予定
『ナショナル ジオグラフィック日本版』
地球の今を、リアルに伝えるビジュアル月刊誌。世界180カ国、850万人に読まれています。息をのむ自然の姿や野生動物の生態、人々の暮らしと文化、宇宙や科学の最新情報などを、美しい写真やイラストとともにお伝えしています。2016年11月号では「火星移住」をテーマにした特集を掲載。紙雑誌版は特別付録「火星地形図・移住基地ポスター」つき。

■ナショナル ジオグラフィック チャンネル
www.ngcjapan.com

[映像作品紹介]
『マーズ 火星移住計画』11月15日(火)放送スタート 毎週火曜 21:00〜22:00
[画像4: http://prtimes.jp/i/6388/181/resize/d6388-181-383022-3.jpg ]

『アポロ13』『ダ・ヴィンチ・コード』などを手掛けた巨匠ロン・ハワードが製作総指揮。西暦2033年の世界を舞台に、宇宙船ダイダロスに乗り込んだ宇宙飛行士たちの“人類初の火星有人ミッション”の様子を全6話で描く。近未来を描いたドラマ部分に加えて、専門家たちのインタビューや現代の宇宙開発に迫るドキュメンタリーも含んだ構成になっており、今までにない斬新な表現手法に挑んでいる。

Reader Storeについて
Reader Storeは株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する国内最大級の品揃えの電子書籍・電子コミックストアです。
http://ebookstore.sony.jp/

株式会社ブックリスタについて
株式会社ブックリスタは、コンテンツ制作や取次、プラットフォーム提供、ストア運営支援、プロモーション企画など、電子書籍に関連する様々な事業を展開する企業です。多くの皆さまに対してライフスタイルに合わせた電子出版物との出会いの場を提供して参ります。
https://www.booklista.co.jp/

※“Reader”は、ソニー株式会社の登録商標です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る