• トップ
  • リリース
  • だし屋がつくる、だしの香り・うま味が効いた減塩を感じさせない減塩つゆ2品を新発売!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

だし屋がつくる、だしの香り・うま味が効いた減塩を感じさせない減塩つゆ2品を新発売!

(PR TIMES) 2019年01月09日(水)11時40分配信 PR TIMES


 ヤマキ株式会社(本社:愛媛県伊予市 代表取締役社長:城戸善浩)は、「鰹節屋・だし屋」のノウハウを活かし、だしの香り・うま味を効かせた、「お塩ひかえめめんつゆ500ml」と、「減塩だしつゆ300ml」の2品を新発売します。


[画像1: https://prtimes.jp/i/2619/181/resize/d2619-181-715034-4.jpg ]


■お塩ひかえめめんつゆ500ml
1.塩分の取り過ぎはよくないと
健康に気を遣っている生活者向け
・手頃な30%減塩※
・「めんつゆ」と同様のおいしさ
・「めんつゆ」と同じ2倍濃縮
・安心感のある見た目
※当社品つゆ(2倍濃縮)比




[画像2: https://prtimes.jp/i/2619/181/resize/d2619-181-528665-5.jpg ]


■減塩だしつゆ300ml
2.高血圧にお悩みの生活者向け
・しっかり50%減塩※
・かつお節使用量20%増量
・世帯人数に合わせた容量(300ml)
※日本食品標準成分表2015年度版
 めんつゆ3倍濃厚比


 近年、健康志向の高まりを受け、日本人の食塩摂取量は減少傾向にありますが、厚生労働省の調査(※¹)によると、日本人の食塩摂取量の平均値は男性10.8g/日、女性9.1g/日で、同省が掲げるナトリウム(食塩相当量)の目標値(※²)である男性8.0g/日未満、女性7.0g/日未満と比較すると、2gほど多いのが現状です。
(※1) 厚生労働省 平成29年「国民健康・栄養調査」
(※2) 厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

 そんな中、弊社では自社調査(※³) から、「塩分の取り過ぎはよくないと健康に気を遣っている生活者(意識層)」と、「高血圧にお悩みの生活者(マスト層)」による、ニーズが異なる2つの市場があるのではないかと考えました。それぞれの生活者ニーズにマッチした商品を発売することで、生活者の健康的な食生活を応援してまいります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/2619/181/resize/d2619-181-405355-2.png ]



(※3) 2018年減塩だしつゆに関する自社インターネット調査 減塩つゆ使用者(n=64)

 「お塩ひかえめめんつゆ」は、だしを効かせ、かつお節の風味を大切にしながら塩分を30%カットした、減塩タイプの濃縮2倍めんつゆです。だしのうま味と香りを効かせることで、減塩しながらもレギュラー品のヤマキ「めんつゆ」と同様の味に仕上げました。「めんつゆ」と同じように使用でき、いつもの味で30%減塩をすることができます。また、「めんつゆ」の品質をイメージできるデザインにすることで、馴染みのある手に取りやすい商品となっています。

 「減塩だしつゆ」は、50%減塩でかつ、おいしく食べられる濃縮3倍の減塩つゆです。2009年の発売以来、減塩つゆ市場を牽引してきた商品です。今回、メインユーザーである50代以上の世帯人数の少ないお客様にとって使いやすい300ml容量に変更し、従来品より20%かつお節の量を増やすことで、さらにおいしく50%減塩ができる減塩つゆに仕上げました。

1.商品概要
[表: https://prtimes.jp/data/corp/2619/table/181_1.jpg ]



2.発売日 2019年2月20日



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る