• トップ
  • リリース
  • セガトイズ『HOMESTAR CLASSIC シューティングプラウドスターver.』が誕生2016年7月15日(金)応募開始 

プレスリリース

  • 記事画像1

セガトイズ『HOMESTAR CLASSIC シューティングプラウドスターver.』が誕生2016年7月15日(金)応募開始 

(PR TIMES) 2016年06月30日(木)15時22分配信 PR TIMES

おとな少年を夢中にさせる! あのミニ四駆とHOMESTARのコラボが実現!

株式会社セガトイズ(本社:東京都台東区、社長:佐々木章人、以下セガトイズ)が提供する、自宅の天井に星空を投影して楽しめる家庭用プラネタリウム「HOMESTAR(ホームスター)」は、ミニ四駆「シューティングスター」の最新機種「シューティングプラウドスター」とコラボレーションし、30〜40代の少年ごころをワクワクさせる「HOMESTAR CLASSIC シューティングプラウドスターver.」を誕生させました。
[画像: http://prtimes.jp/i/1909/180/resize/d1909-180-348389-1.jpg ]

【ダブルの“流星”を楽しめる】
「HOMESTAR」旗艦モデル「HOMESTAR CLASSIC」は、約6万の星が輝く夜空に生命感を付与する流星機能が最大の特徴で、30〜40代の男性に人気のある商品です。
約30年前ミニ四駆ブームの火付け役のひとつになった「ダッシュ四駆郎」は、現在は続編にあたる「ハイパーダッシュ!四駆郎」として大人のコロコロコミック「コロコロアニキ」(小学館)にて連載されており、作品内に登場するマシン「シューティングスター」が人気を博しています。この“流星”を意味する「シューティングスター」の最新機種「シューティングプラウドスター」と、流星機能を最大の特徴とする家庭用プラネタリウム「HOMESTAR CLASSIC」とのコラボレーションが実現しました。少年から大人になっても変わらないロマン“流星(シューティングスター)”をダブルで堪能できる商品です。

【最高峰×最高傑作のコラボレーションに「コロコロアニキ」村上編集長も期待!】
オトナのコロコロコミック「コロコロアニキ」の編集長は、コラボレーションにあたり、以下のように期待のコメントを寄せています。
「家庭用プラネタリウムの最高峰『ホームスター』とミニ四駆の最高傑作のひとつ『シューティングプラウドスター』がコラボしました。流星の機能を使って、宇宙空間をどこまでも走り抜ける気分になれる逸品です。オトナのコロコロコミック「コロコロアニキ」編集長として、自信を持って推薦させていただきます。」

【応募方法】
「HOMESTAR CLASSIC シューティングプラウドスターver.」は、非売品となっており、限定数ででのプレゼントとなります。
小学館「コロコロアニキ」2016年7月15日(金)発行の誌面に掲載されている宛先からご応募ください。当選は賞品の発送をもってかえさせていただきます。なお、プレゼントキャンペーンの主催は小学館「コロコロアニキ」となります。

【HOMESTARシリーズとは】
2005年7月、プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏が監修し、世界初の光学式家庭用プラネタリウムとして発売を開始。2008年には約12万個の星を投影出来るシリーズ最上位モデルが登場し、その後、オーロラが投影できるシリーズやキャラクターやアーティストとのコラボレーションモデルなど多くの話題商品が販売され、発売から10周年となった2015年には販売台数が100万台を突破し、家庭用プラネタリウムの圧倒的シェアを誇ります。

【商品サイトURL】
http://www.segatoys.co.jp/homestar/

【株式会社セガトイズ Webサイト】
http://www.segatoys.co.jp

【プラネタリウム・クリエーター 大平貴之氏】
小学生の頃からプラネタリウムの自作に取り組み、学生時代にアマチュアでは例のないレンズ式投影機の開発に成功。1998年、従来の100倍以上にあたる170万個の星を映し出す「MEGASTAR」を発表し、話題に。2004年、「MEGASTAR-IIcosmos」がギネスワールドレコーズに認定された。2005年に有限会社大平技研を設立。ネスカフェ・ゴールドブレンドのTVCMにも出演。国内外施設へのMEGASTAR設置の他、愛知万博などの大型イベントやアーティストとのコラボレーションなどでプラネタリウムの可能性を切り開き続けている。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る