• トップ
  • リリース
  • 「新浪(sina)」「微博(weibo)」日本総代理と戦略パートナー契約を締結

プレスリリース

株式会社ベクトル

「新浪(sina)」「微博(weibo)」日本総代理と戦略パートナー契約を締結

(PR TIMES) 2017年04月05日(水)12時36分配信 PR TIMES

第一弾は、weiboの人気ブロガーを活用したビデオリリースサービス「Weibo×NewsTV」を提供

 総合PR会社の株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役:西江肇司、東証1部:6058、以下ベクトル)は、中国最大インターネットメディアである「新浪(sina)」の日本における広告・PRの独占販売権ならびに、中国語圏最大のソーシャルメディア「微博(weibo)」の日本における広告・PRの販売権を有する新浪日本総合ネットワークグループ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長:周 帆)と戦略パートナー契約を締結し、「新浪(sina)」「微博(weibo)」を活用した中国・国内向け戦略PR施策や越境ECなどの共同サービスを開発・提供してまいります。
 第一弾は、ベクトルの子会社であるビデオリリース制作/配信事業を展開する株式会社NewsTV(本社:東京都港区、代表取締役:杉浦健太)にて、「微博(weibo)」で影響力を持つブロガー “KOL(Key Opinion Leader)”※を活用した中国向けビデオリリースサービス「Weibo × NewsTV」を共同で開発、2017年4月5日(水)より提供開始いたします。
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=Njm1t1pqDhw ]



※ KOL:キーオピニオンリーダー(Key Opinion Leader)の略で、中国では影響力のあるブロガーなどを意味します。KOLと中国のSNSである微博(weibo)を活用することで、高い情報拡散力を生み出しプロモーション効果が期待できます。

 「Weibo × NewsTV」は、日本国内の企業や自治体が中国ユーザーに訴求したい情報を、NewsTVの動画制作力および配信ノウハウと「微博(weibo)」のKOLが有する拡散力を活用し、ターゲットに直接届けることができるこれまでにないサービスです。「微博(weibo)」のKOLが、日本国内の記者発表会/PRイベント/新商品/新施設/観光地を取材した情報を、本人の「微博(weibo)」アカウントで発信するだけでなく、1.KOLがレポート取材する様子をNewsTVが撮影、2.自身が撮影した動画を活用してビデオリリース(動画コンテンツ)化するなど、KOLのファンやWeiboのアドテクノロジーを活用したターゲティングを行い動画配信いたします。

 「微博(weibo)」の全商品販売権を持つ新浪日本総合ネットワークグループが、中国在住30,000人、日本在住100人のKOLから案件に最適なKOL選定を行います。これまで日本国内からでは起用することが困難であった中国の有名女優などの起用も可能となります。

 今後もベクトルグループは、「アジアNo.1のPRグループになる」ことを目標に掲げ、「いいモノを世の中に広める」という理念のもと、従来のPR領域にとどまらず、アドテクノロジーなどITを駆使した最新のマーケティング手法を取り入れ、顧客が必要とするあらゆるコミュニケーションサービスをワンストップで提供して参ります。

【株式会社ベクトル 会社概要】
会 社 名 : 株式会社ベクトル
住 所    : 東京都港区赤坂 4-15-1 赤坂ガーデンシティ 18F
設 立 : 1993 年 3 月 30 日
代 表 者 : 西江 肇司
資 本 金 : 1,896 百万円(2016年11月30日現在)
事 業 内 容 : マーケティング分野における戦略的 PR事業
U R L : http://www.vectorinc.co.jp/


【新浪日本総合ネットワークグループ株式会社 会社概要】
会 社 名 : 新浪日本総合ネットワークグループ株式会社
住 所 : 東京都港区六本木5-17-6 オークヒル5階
設 立 : 2015年11月
代 表 者 : 周 帆
事 業 内 容 : インターネットメディア
U R L : https://weibo-japan.co.jp/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る