• トップ
  • リリース
  • 「通貨キャラクターイラストコンテスト」の開催と審査結果のお知らせ

プレスリリース

  • 記事画像1

SBI FXトレード株式会社

「通貨キャラクターイラストコンテスト」の開催と審査結果のお知らせ

(PR TIMES) 2016年07月25日(月)16時47分配信 PR TIMES


[画像: http://prtimes.jp/i/5190/176/resize/d5190-176-767781-1.jpg ]



SBI FXトレードではかねてより、FX取引をより身近な金融商品として感じて頂けるよう、また取引を通じて金融リテラシー向上にもつなげたいとの思いから、取扱通貨をイメージしたキャラクターを独自に作成し、ポスターや広告、当社ホームページ等で活用してまいりました。

今回、より親しみやすいキャラクターデザインを作成するにあたり、才能あふれる若手の起用を検討していましたところ、様々な分野の企業と産学共同企画において豊富な実績をお持ちのアミューズメントメディア総合学院様のご協力を頂けたことから、当学院の学生・卒業生の方々を応募対象とした当社の通貨キャラクターデザインコンテストを実施いたしました。

「通貨キャラクターイラストコンテスト」特設ページは当社ホームページをご覧ください。
https://www.sbifxt.co.jp/csr/character_contest.html

お蔭さまで、イラストの専門技術を学んだ学生や卒業生の方々から多数の応募を頂戴しました。

これからも当社は様々な企画を通して、多くの方にFX取引を身近に感じていただける機会を提供するとともに、チャレンジする方を応援していきたいと考えております。

今後ともSBI FXトレードをよろしくお願いいたします。

【SBI FXトレードの概要】
(1)商号 :SBI FXトレード株式会社(英文:SBI FXTRADE Co.,Ltd.)
(2)登録番号 :関東財務局長(金商)第2635号
(3)所在地 :東京都港区六本木一丁目6番1号
(4)資本金 :4億8,000万円(資本準備金4億8,000万円)
(5)事業内容 :第一種金融商品取引業(店頭外国為替証拠金取引)
(6)設立日 :2011年11月22日
(7)主要株主 :SBIリクイディティ・マーケット株式会社100%

<金融商品取引法等に係る表示>
商号等 SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
登録番号 関東財務局長(金商)第2635号
加入協会 一般社団法人 金融先物取引業協会(会員番号:1588)

<手数料等及びリスク情報について>
口座開設・維持費および取引手数料は無料です。本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。本取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。本取引は、外貨での出金はできません。本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることがあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引レートは2Way方式の場合には、買値と売値は同じでなく差があります。本取引にあたって必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ごとに異なり、取引通貨レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、法人のお客様:0.5%(レバレッジ200倍)、「レバレッジ付き定期外貨取引」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍)の証拠金が必要となります。レバレッジ付き定期外貨取引の注文申込は1通貨単位からとなりますが、取引単位は0.01通貨単位となります。「SBI FXTRADE」:法人のお客様については、毎営業日の取引終了時間(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前時点における建玉と当社が各通貨ペアの数量ごとに定めたレートで算出した口座全体の証拠金維持率が800%を下回っている場合、お客様のすべての建玉を順次強制的に決済するため、意図せざる損失を被るおそれがあります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださる
ようお願いいたします。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る