• トップ
  • リリース
  • 6年連続ランキング入り、2017年発表『「働きがいのある会社」ベストカンパニー』入り第29位

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社ポジティブドリームパーソンズ

6年連続ランキング入り、2017年発表『「働きがいのある会社」ベストカンパニー』入り第29位

(PR TIMES) 2017年02月10日(金)17時17分配信 PR TIMES


株式会社ポジティブドリームパーソンズ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:杉元崇将、以下PDP)は、Great Place to Work(R) Institute Japan(GPTWジャパン)が発表した2017年発表「働きがいのある会社」ランキング(https://hatarakigai.info/ranking/)において、「従業員100-999人以上」の部門で29位を受賞しました。今回のランキング入りで、2012年以来、6年連続でベストカンパニー選出となりました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10391/174/resize/d10391-174-671818-1.jpg ]


PDPは、本年で1997年の創業から20周年を迎えます。今後も「感動で満ちあふれる日本を創ってゆく。」というビジョン実現に向けて、従業員がより豊かな人生を形成することを支援するとともに社会へ価値あるサービスのご提供ができるよう一層の努力をして参ります。

尚、本年度の「働きがいのある会社」調査における結果の詳細は、GWPTジャパンのWEBサイトに公開されており、2月13日(月)の「日経ビジネス」誌にも関連記事とあわせて掲載されます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/10391/174/resize/d10391-174-511140-0.jpg ]



<PDPの働きがいに関する取り組みの一例>
PDPでは、従業員が意欲的に働くことの出来るビジネス環境を提供することを企業理念(PDP WAY http://www.positive.co.jp/company/philosophy/)の「FIELDの提供(経営チームが従業員にする約束を表す項目)」に明示し、様々な取り組みを行っています。


●社内研修制度「PDPカレッジシステム」
「PDPカレッジシステム」は、全社員・契約社員必須のPDP独自の社員教育プログラムです。ビジネスにおいて必要なスキル(技術)の向上はもちろん、一流のビジネスパーソンとしての人格(心)形成にも力を入れていることが特徴です。

●評価・報酬制度
企業理念への共感を軸とした評価制度を導入し、期待される役割に応じた報酬を得られるように評価制度と報酬を連動させています。また、従業員同士が賞賛し、感謝を伝える「感動星の会」を毎月開催し、金銭的な報酬では得ることのできない“誇り”や“働きがい”を醸成しています。

●ダイレクトコミュニケーション
経営陣が経営方針を全国の社員に伝える「経営行脚」や、飲み会でコミュニケーションを密にする「呑む会」「いいとも」など、経営層と従業員が垣根を超えて共に会話する機会を設けてトップダウンに陥らない双方向のコミュニケーション活性をはかっています。

●女性活躍推進「ポジティブ・ママズ制度」 (http://www.positive.co.jp/company/positivemamas/)
妊娠出産時を支援する「ポジティブ・ママズ制度」が整備されており、従業員比率の約半数を超える女性従業員に対して、生涯を通して意欲的に働くことの出来る環境が整えられています。


<ご参考>
■Great Place to Work(R) Institute Japanについて (URL : http://hatarakigai.info/index.html)
Great Place to Work(R)は、「働きがい」に関する調査・分析を行い、一定の水準に達していると認められた会社や組織を有力なメディアで発表する活動を世界49カ国以上で実施している専門機関です。

日本版のGreat Place to Work(R) Institute Japanは、2007年に開始され、本年で11回目となります。毎年「働きがいのある会社」の調査を行い、一定の水準を満たしていると認められたベストカンパニーを、有力なメディアを通じて発表しています。

■「働きがいのある会社」調査について
調査の手法は全世界共通で、「従業員へのアンケート」「会社へのアンケート」、この2つのを基に構成され、ランキングされています。GPTWジャパンでは、「働きがいのある会社」を『従業員が会社や経営者、管理者を信頼し、自分の仕事に誇りを持ち、一緒に働いている人たちと連帯感を持てる会社』と定義しており、外部機関や企業制度の充実度で判断するのではなく、職場で働く従業員からの評価を直接調査に反映するという手法が特徴です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る