• トップ
  • リリース
  • 【オリエンタルホテル広島】グリルハンバーグとワインで楽しむ「夏のワインディナーブッフェ」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ホテルマネージメントジャパン

【オリエンタルホテル広島】グリルハンバーグとワインで楽しむ「夏のワインディナーブッフェ」

(PR TIMES) 2017年04月21日(金)11時44分配信 PR TIMES

【夏季限定】6/1〜8/31 ニューヨークカフェにて開催

オリエンタルホテル広島(所在地:広島県広島市中区田中町6-10 副総支配人:引原史博)は、1階「ニューヨークカフェ」にて、2017年6月1日(木)から8月31日(木)の期間、夏季限定で『グリルハンバーグとワインで楽しむ「夏のワインディナーブッフェ」』(大人6,000円 *食べ・飲み放題 *税・サービス料込)を開催いたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/16207/173/resize/d16207-173-299121-0.jpg ]

ワイン専門商社「エノテカ」による上質なセレクトワインと、ワインに合うスペシャルメニューとブッフェ料理を食べ飲み放題でお愉しみいただける、好評のディナーブッフェ。今回は、「グリルハンバーグ」がスペシャルメニューとして登場いたします。夏野菜とともに鉄板ごとオーブンで焼き上げた熱々のハンバーグは、ナイフを差し入れれば牛肉の旨味が溢れるジューシーさで、ワインとも好相性。夏らしいスパイシーな味わいのブッフェ料理とともに、お召し上がりいただけます。また、フリードリンクには、赤・白・スパークリングを各3種ずつ取りそろえたセレクトワインのほか、料理を引き立てるヱビスマイスターや、ワインベースのカクテルなどをご用意。上質なワインと彩りゆたかな料理が、大人の夜に華を添えます。

豊富に取りそろえたセレクトワインとともに、グリルハンバーグとブッフェ料理をお召し上がりいただける、夏のワインディナーブッフェ。この夏はぜひ、親しいお仲間や大切な方とワインを愉しむ大人の夜を、心ゆくまでご堪能ください。


グリルハンバーグとワインで楽しむ「夏のワインディナーブッフェ」
■期 間:2017年6月1日(木)〜8月31日(木) ※要予約
■時 間:18:00〜20:30(L.O)食べ・飲み放題 ※21:00よりBAR営業
■場 所:1階 ニューヨークカフェ
■料 金:大人 6,000円 / 小学生 2,800円 / 幼児(4〜6歳)1,900円
     ※3歳以下無料 ※食べ放題のみの料金有 *税・サービス料込

■フードメニュー
スペシャルメニュー[グリルハンバーグ]
レッドカレー / 骨付きスペアリブ 香味焼き / ナンのピッツア / シーフードのサラダ仕立て
白身魚のポワレ 香味野菜ソースで / 牛煮込み肉のサンガレーズ風味
蒸し鶏のネギソース / サラダバー / フルーツとデザート盛り合わせ ほか

■ドリンクメニュー(フリードリンク)
「エノテカ」セレクトワイン9種 / 生ビール(ヱビスマイスター)/ カクテル / ソフトドリンク各種

■協 力:エノテカ株式会社
■ご予約・お問合せ:ニューヨークカフェ TEL. 082-240-5567(直) ※WEB予約有

※夏のワインディナーブッフェ付宿泊プランもご用意しております。詳しくは宿泊予約(tel.082-240-7122)までお問い合わせください。
※お支払いはご来店時、前会計でお願いいたします ※メニューは仕入れや時期によって多少変更になる場合がございます。


[オリエンタルホテル広島]
2006年10月、広島のメインストリート・平和大通りに、「URBAN SOPHISTICATION -都市と文化が響きあう、知的時間-」をコンセプトにリブランドオープン。空間プロデュースを手掛けたのは、世界的インテリアデザイナーの内田繁氏。上質な家具と開放感のあるシースルーバスを備えたゲストルーム、東京の老舗フレンチレストラン“OZAWA”をはじめ、来るたびに新しいアートに出会えるオリエンタルデザインギャラリ―など、日常から少し離れたスタイリッシュなひとときをご提供いたします。

オリエンタルホテル広島は、株式会社ホテルマネージメントジャパンのグループホテルです。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る