• トップ
  • リリース
  • 『第11期 日本の環境を守る若武者育成塾』最優秀賞受賞校決定

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

アサヒビール株式会社

『第11期 日本の環境を守る若武者育成塾』最優秀賞受賞校決定

(PR TIMES) 2016年12月20日(火)11時39分配信 PR TIMES


全国34校、47チームの論文/動画応募の中から選抜された7校19名の高校生を対象に開講した、第11期となる『日本の環境を守る若武者育成塾』(以下、『若武者育成塾』)の成果発表会および表彰式が、12月18日(日)にアサヒグループ本社ビル(東京都墨田区)において開催されました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/16166/170/resize/d16166-170-844787-1.jpg ]

『若武者育成塾』は、環境問題に高い関心を持ち、環境保全のために自らも行動したいと考える次代を担う高校生を対象に、環境活動について自ら学び実践する場を提供するもので、持続可能な社会づくり支援の一環として、毎年企画・開催しているものです。
2006年に四国地区で第1期を開催し、第11期となる本年は、5〜6月にかけて全国の高校生を対象に環境に関する論文/動画を募集し、7校19名の高校生を選抜、8月にはアサヒビール神奈川工場ほかで自然体験型ワークショップを行う合宿を開催しました。

参加各校の生徒は、研修合宿を通じ、地域の人々の環境への取り組みや環境への取り組みについて学んだ上で、高校ごとに自分たちが生活する地域における環境課題を改善する活動プランを作成し、9〜12月にかけ地元地域で実践してきました。
本発表会は、各校の生徒が地元地域での活動の成果を最後のまとめとして発表するものです。公益社団法人日本環境教育フォーラム理事長である川嶋直氏をはじめとする5名の審査員によって、「最優秀賞」「優秀賞」と5つの賞「オリジナリティ賞」「周りを巻き込む力賞」「プロモーション賞」「地域貢献賞」「持続発展賞」が以下の通り決定されました。
【審査結果】
[画像2: https://prtimes.jp/i/16166/170/resize/d16166-170-511616-0.jpg ]


●最優秀賞受賞校コメント

今回若武者育成塾に参加してみて、ほかの学校の活動を聞いたり、いろんな方からアドバイスを貰ったりして、とても刺激になった。今後も活動を頑張っていきたい。


[画像3: https://prtimes.jp/i/16166/170/resize/d16166-170-427597-2.jpg ]

●最優秀賞受賞校への審査員総評

バランスが大変とれている活動である。食育、間伐材、水資源の課題にもつなげながら

外部機関との連携をした取り組みが行われている。今後は農家などと更に連携しながら活動を行っていって欲しい。大いに期待している。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る