• トップ
  • リリース
  • キャリア教育プログラム「リスクと未来を考える授業」〜カードゲームでパン屋の経営を疑似体験〜

プレスリリース

  • 記事画像1

国立大学法人千葉大学

キャリア教育プログラム「リスクと未来を考える授業」〜カードゲームでパン屋の経営を疑似体験〜

(PR TIMES) 2017年03月14日(火)11時22分配信 PR TIMES

3月17日(金)千葉大学附属中学校で開催

千葉大学教育学部附属中学校では、3月17日(金)に、「経営戦略」と「リスク」をテーマに、パン屋の経営シミュレーションゲームを用いたアクティブ・ラーニング授業を行います。

シミュレーションゲーム開発の背景

近年、キャリア教育の重要性が高まり、職場体験や企業訪問の受け入れなど、アクティブ・ラーニング実践の場を提供する企業が増えつつあります。東京海上グループでは、文科省が実施する「学校・家庭・地域の連携協力の推進を図るために必要な調査研究事業」の公募に、「企業における出前授業」のテーマで応募し、そこで開発したプログラムを元に、キャリア教育プログラム「リスクと未来を考える授業」を開発しました。なお、プログラムの開発にあたっては、千葉大学教育学部教授の藤川大祐が有識者として参加しています。


本プログラムの内容

本プログラムでは、生徒たちが、カードゲーム、グループワークを通して、経営者の視点でパンや屋さんを「いいお店」にするための作戦を考え、リスクや未来について話し合いながら、経営戦略をたてます。経営を疑似体験しながら、「働くこと」や、「お客様や地域に信頼されること」の大切さを実感するとともに、「強みやチャンス・機会を活かすこと」、「様々なリスクを想定し、その対応を考えること」の大切さを学ぶ内容となっています。

[画像: https://prtimes.jp/i/15177/170/resize/d15177-170-994590-0.jpg ]



千葉大学附属中学校での授業について

1.日 時: 3月17日(金)8:45〜10:25
2.場 所: 千葉大学教育学部附属中学校
3.テーマ:働くこと、リスクに備えること、強みを活かすこと、機会・チャンスを活かすことの大切さを学ぶ
4.形 式:「講義+ゲーム」で実施
5.実施形態: 少人数のグループ毎に話し合いをしながらゲームを進めます
6.講 師:東京海上グループ社員
7.企 画:東京海上日動火災保険株式会社
8.教材開発:東京海上日動リスクコンサルティング株式会社
9.監 修:千葉大学教育学部教授 藤川 大祐  他


本件に関するお問い合わせ

東京海上日動火災保険株式会社 広報部
TEL:03-5223-3212

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る