• トップ
  • リリース
  • 開業25周年記念 2017年春 一般公募314作品の中から新ショッピング袋のデザイン決定/ハウステンボス

プレスリリース

  • 記事画像1

ハウステンボス株式会社

開業25周年記念 2017年春 一般公募314作品の中から新ショッピング袋のデザイン決定/ハウステンボス

(PR TIMES) 2016年12月12日(月)13時29分配信 PR TIMES

王国アイテムを詰め込んだ印象的なデザイン

ハウステンボス(所在地:長崎県佐世保市)は、場内の物販店舗で使用するショッピング袋のデザインを一般公募。2016年8月17日から10月31日までの期間で応募総数314点の中から、ハウステンボスによる1次選考、クリエイティブディレクターの永井 一史氏、ハウステンボス 代表取締役社長の澤田 秀雄による2次選考を経て、最優秀賞を決定しました。
選ばれたデザインは、印象的な王国アイテムをハウステンボスの英文字に詰め込んでいるのが特徴です。2017年春の開園25周年を機に新デザインショッピング袋として登場し、ご自宅までの帰路でも、ひと目でハウステンボスと認識いただけるデザインで25周年を盛り上げてまいります。


≪決定デザイン≫
【最優秀賞】高岡 亜加根 様(大阪府)

[画像: http://prtimes.jp/i/11622/170/resize/d11622-170-515645-0.jpg ]

※デザインは、仕上がり前のイメージです。


最優秀賞受賞者コメント
「HUIS TEN BOSCH」の英文字を、建物、花、光、ロボットなど、ハウステンボスをイメージするモチーフで表現しました。表と裏で絵柄(色)を変えられるとしたら、表は赤色で昼のイメージ、裏は青色で夜のイメージで、昼も夜も楽しめるテーマパークというメッセージを込めました。


選評
ハウステンボスが多様な魅力を備えた場所であることを、さまざまな捉え方とデザインによって表現した作品が多数集まっていました。最優秀賞に選ばれたデザインは、ハウステンボスで体験できるたくさんの楽しさをタイポグラフィを通してわかりやすく表現しており、場内外でショッピング袋を見かけた人がその楽しさを感じられる魅力的なデザインだと思います。       永井 一史(クリエイティブディレクター)


ショッピング袋へのこだわり
ハウステンボスのスタッフがお買いものを楽しまれる女性お客様の目線で使いやすさを研究しました。
重い商品を入れても型崩れしにくい最適なマチ付きサイズを追求し、疲れにくい取っ手の長さ、生地の厚みなど細部に至るまでこだわりました。 
【袋サイズ】幅40cm×高さ30cm、マチ16cm【素材】ビニール製

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る