• トップ
  • リリース
  • 楽天証券とNEC、AI技術を活用した不公正取引の監視業務高度化に向けた実証実験を開始

プレスリリース

  • 記事画像1

楽天証券とNEC、AI技術を活用した不公正取引の監視業務高度化に向けた実証実験を開始

(PR TIMES) 2017年08月08日(火)12時29分配信 PR TIMES

楽天証券株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:楠 雄治、以下「楽天証券」)と日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼 CEO:新野 隆、以下「NEC」)は共同で、AI(人工知能)技術を活用し、株式注文における不公正取引の監視業務高度化に向けた実証実験を本日から開始します。
 楽天証券では、1日あたり数十万件の株式注文に対して、一定の基準により不公正取引のおそれのある取引を監視担当者が抽出し、日々、売買監視を行なっています。

 本実証実験では、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」(注1)の一つであるディープラーニング(深層学習)技術を搭載した「RAPID機械学習」(注2)を適用し、実際の市場データ等をもとに分析することで、不公正取引の可能性を判定できることを検証します。

 これにより、監視担当者による不公正取引の監視業務を高度化・効率化し、不公正取引を防止するための監視業務の強化を実現します。

 楽天証券とNECは、今回の実証実験を踏まえ、2017年度の実用化を目指すとともに、AI技術を活用した投資家向けの新たなサービスの検討を進めていきます。

 楽天証券は、この機会を契機として、市場における不公正な取引やマネーロンダリング等の適時検知や未然防止機能の実装などを積極的に進めていきます。さらに、業界を横断してのAI技術の共用、業務標準の構築を含むRegTech推進を図っていきます。

 NECは社会ソリューション事業に注力しており、今回の実証成果も踏まえ、今後もAI技術をはじめとする先進ICTを活用した製品・サービスを金融機関に提供することで、証券市場の公平性維持・向上に貢献してまいります。

                                               以上

(注1)
[画像: https://prtimes.jp/i/11088/168/resize/d11088-168-128833-0.jpg ]



「NEC the WISE」(エヌイーシーザワイズ)は、NECの最先端AI技術群の名称です。"The WISE"には「賢者たち」という意味があり、複雑化・高度化する社会課題に対し、人とAIが協調しながら高度な叡智で解決していくという想いを込めています。
・プレスリリースNEC、AI(人工知能)技術ブランド「NEC the WISE」を策定
http://jpn.nec.com/press/201607/20160719_01.html
・NECのAI技術
http://jpn.nec.com/bigdata/ai/
(注2)プレスリリース「自動でデータの傾向を学習する人工知能ソフトウェアを発売」
http://jpn.nec.com/press/201508/20150821_01.html

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る