• トップ
  • リリース
  • 力強さを演出する個性的なメイクアップディオール 2020-2021 秋冬 プレタポルテ コレクション

プレスリリース

パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン株式会社

力強さを演出する個性的なメイクアップディオール 2020-2021 秋冬 プレタポルテ コレクション

(PR TIMES) 2020年02月27日(木)10時35分配信 PR TIMES


2020年2月25日(火)、パリにて発表されたディオール 2020-2021 秋冬 プレタポルテ コレクションで、メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターのピーター・フィリップスは、モデルの個性を引き立たせる、ブラック アイライナーを使用し、3つのバリエーションを作り上げました。
「それぞれの女性の目の形だけでなく、個性、スタイル、ルックスも考慮して目元を強調しました。ディオールショウ オンステージ ライナーとディオールショウ コール ライナー ウォータープルーフを使用し、3つの異なるスタイルで大胆さと同時に強さを演出しました。」

ディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクター
ピーター・フィリップス
[画像1: https://prtimes.jp/i/14810/167/resize/d14810-167-341118-0.jpg ]


EYES
ディオールショウ オンステージ ライナー 091 マット ブラックとディオールショウ コール ライナー ウォータープルーフ 099 ブラック コールの組み合わせで、上下もしくは下のみのアイラインを描きました。さらに、2本の太いラインをまぶたの端に引いた、個性とルックスの強さを演出する3つのバリエーションを作りました。マスカラ ディオールショウ アイコニック オーバーカール 090 オーバー ブラックでまつ毛にボリュームを持たせます。ディオールショウ ブロウ スタイラーとディオールショウ パンプ&ブロウで強く大胆な眉を仕上げています。


FACE
フレッシュで自然な肌を叶えるディオール バックステージ フェイス&ボディ プライマー 001で肌の凹凸やアラを整え、自然な仕上がりを叶えるディオール バックステージ フェイス&ボディ ファンデーションを使用。必要に応じて、ディオールスキンフォーエヴァー スキン コレクト コンシーラーでスキントーンを補正します。最後に、ディオール バックステージ フェイス グロウ パレット 001でさりげないツヤをプラスしました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/14810/167/resize/d14810-167-930225-3.jpg ]


LIPS
ナチュラルで美しい唇にするために、ディオール アディクト スクラブ&バーム 001 ピンクで整え、ディオール アディクト リップ マキシマイザー 001 ピンクでボリュームを出し、ショーの直前にツヤを抑えています。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=ELeaU69wLpI ]



CREDITS
COLLECTION: DIOR AUTUMN-WINTER 2020-2021 READY-TO-WEAR COLLECTION
DESCRIPTION: READY-TO-WEAR A-W 2020-2021, DIOR SHOW BACKSTAGE
PHOTOGRAPHER: VINCENT LAPPARTIENT FOR CHRISTIAN DIOR PARFUMS
VIDEOGRAPHER: HUGO JOZWICKI

@DIORMAKEUP
@PETERPHILIPSMAKEUP



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る