• トップ
  • リリース
  • 読売巨人軍(ジャイアンツ)とDNSが、『オフィシャルニュートリションパートナー』契約締結のお知らせ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

読売巨人軍(ジャイアンツ)とDNSが、『オフィシャルニュートリションパートナー』契約締結のお知らせ

(PR TIMES) 2017年01月18日(水)20時15分配信 PR TIMES

 株式会社ドーム(本社:東京都江東区 代表取締役CEO:安田 秀一 以下:ドーム)が展開し、多くのトップアスリートに愛飲いただいているスポーツサプリメントブランド DNS(ディーエヌエス)は、読売巨人軍(以下:ジャイアンツ)と、「オフィシャルニュートリションパートナー」契約を締結したことをお知らせいたします。
 
[画像1: https://prtimes.jp/i/3939/167/resize/d3939-167-607284-4.jpg ]



 2015年1月1日より、株式会社読売巨人軍とドームは、5年間のパートナーシップ契約を結んでおります。
パートナーシップ契約には、「ジャイアンツが世界一のチームになる」という明確なビジョンがあります。

 伝統、優勝回数、観客動員数、ビジネス規模などのあらゆる側面から、名実ともに日本一のプロスポーツチームであるジャイアンツと、DNSを展開するドーム。それぞれがお互いのブランド力とマーケティング力を掛け合わせ、選手のパフォーマンス面をサポートし、ジャイアンツが世界一のプロスポーツチームとなることを目指しています。

 DNSは「オフィシャルニュートリションパートナー」として、単なる物品のサプライにとどまらず、日々のコンディショニングの基本となる食事に関するレクチャーや、選手個々のカウンセリングなどパフォーマンスの向上に欠かせない栄養に関する全体的サポートを行います。そして、日本一のプロスポーツチームとも言われるジャイアンツとの取り組みによって、日本のスポーツ界における栄養摂取の新たなスタンダードの構築を目指してまいります。

■読売ジャイアンツ
[画像2: https://prtimes.jp/i/3939/167/resize/d3939-167-393005-1.jpg ]

1934年創設。
日本に現存する12球団の中で最も長い歴史を誇るプロ野球球団。
ホームスタジアムは東京ドーム。 2014年シーズンにセントラル・リーグで優勝し、リーグ3連覇を果たした常勝軍団。観客動員数は4年連続で年間300万人を超え、12球団の中でもトップの数字を誇っています。

■ 「DNS」(Dome Nutrition System)
[画像3: https://prtimes.jp/i/3939/167/resize/d3939-167-752726-3.jpg ]

「人を進化させる」。
DNSは、ニュートリション・エンジニアリングの飽くなき探求を通じて、
健全な精神と強靭な肉体を持った人へと進化と、豊かな人生の創造をサポートします。
アスリートが、アスリートのために開発した真のスポーツサプリメント。
市場には数多くのサプリメントが存在していますが、高価、まずい、飲みにくいというイメージが強いのが現状です。欧米のアスリートの「栄養=サプリメント」という高い意識と、彼らを支える最先端のスポーツサプリメントを知る1人の日本人アスリートの素朴な疑問と不安、そして「この違いがある限り、日本は世界に取り残されてしまう・・・」という強い使命感により、真のスポーツサプリメントブランドDNSが誕生しました。
DNSは「高品質」・「適正価格」・「飲みやすさ」を満たす商品の開発に努めています。これからも「アスリートが本当に欲しいニュートリション(栄養)とは何か?」という課題を アスリートから学び、「アスリートの期待に的確に応え、本当に欲しいと思える商品」の開発を続けていきます。

■株式会社ドーム
[画像4: https://prtimes.jp/i/3939/167/resize/d3939-167-575489-0.jpg ]

1996年創業。
テーピングの取扱いからスタートし、現在はスポーツプロダクト(アンダーアーマー)やスポーツサプリメント(DNS)、パフォーマンスディレクション(ドームアスリートハウス)などの事業を展開しています。ドームは「社会価値の創造」という理念のもと、スポーツを通じた豊かな社会づくりに貢献できるよう努力しています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る