プレスリリース

  • 記事画像1

キヤノン株式会社

キヤノンが「ラグビーワールドカップ2019日本大会」に協賛

(PR TIMES) 2017年01月19日(木)14時55分配信 PR TIMES

キヤノン株式会社(以下 キヤノン)は、ワールドラグビーが主催する「ラグビーワールドカップ2019日本大会」に協賛することを決定しました。
[画像: https://prtimes.jp/i/13980/166/resize/d13980-166-954547-0.jpg ]

キヤノンは、2019年9月20日〜11月2日に日本の12都市(※1)で開催される「ラグビーワールドカップ2019日本大会」への協賛に関し、「オフィシャルスポンサー」の契約を締結し、オフィシャルスポンサー第1号企業となりました。2015年に行われた前回のイングランド大会に続き、今回で2回目の協賛となります。

ラグビーワールドカップは、4年に一度行われるラグビーのナショナルチーム世界一を決める大会で、2019年の日本大会で9回目を迎えます。アジアで初めての開催となり、大会期間中は20チームが参加し、48試合を行います。前回のイングランド大会では、約248万人の観客を動員し、207の国と地域でテレビ放映(※2)されるなど注目を集めました。

キヤノングループでは、これまでも国内外のさまざまなスポーツイベントの舞台裏で、カメラ・レンズのメンテナンス、製品貸出のサービスなどを通して報道の現場を支えてきました。「ラグビーワールドカップ2019」の各試合においても、トップクラスの選手による激戦の様子が最高の状態で撮影できるよう、カメラのサービスセンターを会場内に設置し、さらなる報道現場の支援を図ります。

本大会においても、キヤノングループはカメラ、レンズ、ビデオカメラ、ネットワークカメラなどの入力機器に加え、複写機、複合機、プリンター、プロジェクターなどの出力機器、医療機器など幅広いカテゴリーを取得し、本大会を全力でサポートします。

キヤノングループは、今後も自社製品と技術を活用し、スポーツ振興に貢献していきます。

※1 札幌市、岩手県・釜石市、埼玉県・熊谷市、東京都、神奈川県・横浜市、静岡県、愛知県・豊田市、大阪府・東大阪市、神戸市、福岡県・福岡市、熊本県・熊本市、大分県。(自治体名併記は連名での開催)
※2 ワールドラグビー調べ。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る