• トップ
  • リリース
  • 「渋谷キャスト アパートメント」が5月から順次入居を開始 コミュニティ活動をテーマにした取り組みを実施

プレスリリース

  • 記事画像1

「渋谷キャスト アパートメント」が5月から順次入居を開始 コミュニティ活動をテーマにした取り組みを実施

(PR TIMES) 2017年03月30日(木)15時25分配信 PR TIMES

〜東急グループ、渋谷で新たな賃貸住宅モデルを展開〜

 渋谷宮下町リアルティ株式会社が4月28日(金)に開業する「渋谷キャスト」内にて、東京急行電鉄株式会社、東急ライフィア株式会社および東急住宅リース株式会社が運営する賃貸住宅「渋谷キャスト アパートメント」(以下、本施設)は、入居者同士のコミュニティ活動を促進する取り組みに着手し、5月から順次入居を開始します。
 本施設は、キッチン・リビングダイニングなど、入居者同士のコミュニティ活動をサポートする共用スペースを備える13階の「コレクティブハウス」、国内外から渋谷を訪れる短中期滞在者のニーズに応える14階の「サービスアパートメント」、15〜16階の一般賃貸住宅で構成されています。

 コミュニティの核と位置付ける13階「コレクティブハウス」では、クリエイターのより創造的なライフスタイルを実践・支援する場を実現するため、以下の取り組みを実施します。
[表: https://prtimes.jp/data/corp/10686/table/161_1.jpg ]



 入居開始後は、継続的なイベント実施などにより、14階のサービスアパートメント入居者や15〜16階の一般賃貸住宅入居者との交流を促すことに加え、「渋谷キャスト」内の多目的スペースや広場を入居者の情報発信の場としても提供し、コミュニティ活動のサポートを行っていきます。

 さらに、東京急行電鉄株式会社では、「コレクティブハウス」入居者との連携を深め、エンターテイメントシティSHIBUYAをさらに推進する取り組みに繋げていく予定です。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る