• トップ
  • リリース
  • 球が上がりやすく、スピンコントロールで楽にピンが狙える 池田勇太プロが選んだヨネックス・グラファイトハイブリッド鍛造アイアン(N1-CB)で今季3勝目、初の賞金王獲得へ大きく前進!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ヨネックス株式会社

球が上がりやすく、スピンコントロールで楽にピンが狙える 池田勇太プロが選んだヨネックス・グラファイトハイブリッド鍛造アイアン(N1-CB)で今季3勝目、初の賞金王獲得へ大きく前進!

(PR TIMES) 2016年11月28日(月)18時41分配信 PR TIMES


[画像1: http://prtimes.jp/i/9221/160/resize/d9221-160-975413-0.jpg ]



27日、カシオワールドオープン最終日は前夜から降り続いた大雨の影響で中止となり3日目まで首位をキープしていた池田勇太プロが13アンダーで優勝、今季3勝目を飾り初の賞金王獲得へ大きく前進しました。クラブ契約フリーとなった今季は、開幕までより良いクラブを探して数多くの試打を重ね、その中でついに理想的なアイアンに巡り合ったのがヨネックスの国内自社工場製「グラファイトハイブリッド鍛造アイアン(N1-CB)」でした。その特徴はヘッドにグラファイトを複合した軟鉄鍛造アイアン。打球感が向上するのに加えて低・深重心化することで見た目以上のやさしさを実現し、2015年の発売以降、中上級者のアマチュアゴルファーに人気を博しています。

池田プロは「このヨネックスの鍛造アイアン(N1-CB)を使っている理由は球が高く上がりやすく、スピンコントロールができる。このアイアンで日本シリーズも優勝したいね。」と語ってくれています。

[池田勇太プロ使用クラブ] アイアン:#4〜PW グラファイトハイブリッド鍛造アイアン (N1-CB)


●グラファイトハイブリッド鍛造アイアン(N1-CB)特徴

◆打球感向上&低・深重心化。グラファイト・ハイブリッド鍛造
フェース裏側にスリットを設け、内部にグラファイト制振材を複合することで、振動を抑え打球感が向上するのに加え、低・深重心化が可能となり、見た目以上のやさしさを実現。

[画像2: http://prtimes.jp/i/9221/160/resize/d9221-160-612966-1.jpg ]

グラファイト制振材:スリット内部にグラファイト制振材を複合し、打球感向上と低・深重心化。


[振動減衰性比較データ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/9221/160/resize/d9221-160-420384-2.jpg ]

[画像4: http://prtimes.jp/i/9221/160/resize/d9221-160-683170-3.jpg ]


◆日本刀のような鋭い切れ味。3Dソール
様々なライへ対応させるべく、リーディングエッジ側とトレーリングエッジ側の面をそぎ落とした3Dソールによって、振りぬきが向上。球のつかまりも良いため、コントロール性もアップしています。

[画像5: http://prtimes.jp/i/9221/160/resize/d9221-160-306719-4.jpg ]


【商品名】N1-CBフォージドアイアン
【ヘッド素材・製法】本体/S25C軟鉄鍛造+グラファイトハイブリッド
【価格】スチール6本セット(♯5〜9・PW)・・・¥120,000+税
    スチール♯3・4・・・・・・・・・・・・ ¥20,000+税
【発売】2015年3月下旬より好評発売中
 ●日本製   

      



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る