• トップ
  • リリース
  • 読売巨人軍(ジャイアンツ)の2017年シーズン新ユニホームアンダーアーマーの最先端のテクノロジーを搭載し、刷新

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

読売巨人軍(ジャイアンツ)の2017年シーズン新ユニホームアンダーアーマーの最先端のテクノロジーを搭載し、刷新

(PR TIMES) 2016年11月24日(木)09時07分配信 PR TIMES

https://youtu.be/xVppREn18QE

 アンダーアーマーを日本で展開する株式会社ドーム(本社:東京都江東区、代表取締役CEO:安田秀一)は、読売巨人軍(ジャイアンツ)の2017年シーズンのユニホームを刷新することをお知らせします。

[画像1: http://prtimes.jp/i/3939/160/resize/d3939-160-242419-6.jpg ]


 新ユニホームのデザインテーマは、“1953 〜原点回帰〜 ”です。ユニホーム刷新の背景には、2015年のパートナーシップ契約の際、ともに掲げた「ジャイアンツが世界一のチームになる」という明確なビジョンがあります。世界一を目指すジャイアンツに世界一のユニホームを提供するために、アンダーアーマーの日米開発チームが結集し、糸・生地から刷新。最先端のテクノロジーを搭載しました。アンダーアーマーのテクノロジーは、選手たちのパフォーマンスを最大限にアップさせるでしょう。

[画像2: http://prtimes.jp/i/3939/160/resize/d3939-160-291308-1.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/3939/160/resize/d3939-160-275069-4.jpg ]



 ユニホームの刷新に合わせて、多くのファンの皆さまがこの新ユニホームを着用し野球場で応援したくなるよう、オーセンティック・レプリカユニホームにも注力し、プロモーションを展開します。来春のキャンプ期間には、お客さまに新しいユニホームを体感いただけるコーナーを設けます。
また、学生野球や草野球チームで同じ素材のユニホームを使用いただけるよう、「オーセンティックユニホーム」としてご提供できる体制も整えていきます。単にスポーツ用品メーカーがチームに物品を提供するというものではなく、マーケティングパートナーとして総合的にチームをサポートし、ジャイアンツとともに成長を図っていきます。


■読売巨人軍×アンダーアーマー 新PV「G LEGACY×UA」

[画像4: http://prtimes.jp/i/3939/160/resize/d3939-160-341018-2.jpg ]

動画はこちらから:https://youtu.be/xVppREn18QE


■読売巨人軍 2017年シーズンユニホーム
デザイン、カラー

[画像5: http://prtimes.jp/i/3939/160/resize/d3939-160-541942-8.jpg ]

ジャイアンツの歴史に敬意を表し、テーマは“1953 〜原点回帰〜 ”。ジャイアンツの白×オレンジの原点ともいえる1953年のユニホームを想起させる仕上がりで、オレンジの色も当時に近づけました。
風格と伝統を備えたシンプルなデザインを追求し、ビジターユニホームはブルーから、伝統のジャイアンツグレーになります。また、キャップもツバエッジをブラックに統一しています。

生地「アーマーベント」

[画像6: http://prtimes.jp/i/3939/160/resize/d3939-160-827669-3.jpg ]

素材と構造にこだわったメッシュ生地。ポリエステル系複合繊維を使用し、生地を織ると同時に通気口が形成される「エンジニアードメッシュ構造」を採用。
高い疎水性、軽量性、伸長性を持つポリエステル系複合繊維と、肌あたりが良く、生地へのダメージが少ないエンジニアードメッシュ構造の組み合わせで、速乾性、伸長性、通気性、軽量性、耐久性と、ストレスのない着心地を兼ね備えた革新的なメッシュ生地です。

テクノロジー「UAクールスイッチ」

[画像7: http://prtimes.jp/i/3939/160/resize/d3939-160-453246-5.jpg ]



熱を素早く逃し、涼しさをもたらす特殊プリント。「クリスタルパターン」のUAクールスイッチを生地に施すことにより、酷暑時の運動による体温の上がりすぎを抑え、アスリートのより良いパフォーマンスの維持を可能にするアンダーアーマー独自のテクノロジーです。


■読売巨人軍×アンダーアーマー 新PV「G LEGACY×UA」概要
タイトル     :G LEGACY×UA
制作       :読売巨人軍、株式会社ドーム
出演者      :ジャイアンツ 高橋由伸監督、坂本勇人、菅野智之、阿部慎之助、長野久義、内海哲也、亀井善行、村田修一
クリエイティブディレクター/プランナー :福田将之(ドーム)
動画       :URL (https://youtu.be/xVppREn18QE)
[画像8: http://prtimes.jp/i/3939/160/resize/d3939-160-687356-7.jpg ]



【オーセンティックユニホーム先行予約販売の受付】
■期 間: 2016年12月1日(木)から
■価 格: 43,000円(税抜)※送料別
■内 容: ジャイアンツ特設サイト


【レプリカユニホーム販売について】
■期 間: 2016年2月1日(水)から
※変更の可能性がございます。詳細は読売巨人軍F公式サイト/facebookにてお知らせいたします。
■価 格: 【選手名・背番号あり】10,000円(税抜) 【選手名・背番号なし】8,000円(税抜)
■内 容: ジャイアンツ特設サイト/アンダーアーマー直営店/宮崎キャンプ アンダーアーマーブースなど
詳細は読売巨人軍HPにて、随時お知らせいたします。URL:http://www.giants.jp/top.html


ジャイアンツとアンダーアーマーが目指すビジョン
 2015年1月1日より、株式会社読売巨人軍と株式会社ドームは、5年間のパートナーシップ契約を結んでおります。パートナーシップ契約には、「ジャイアンツが世界一のチームになる」という明確なビジョンがあります。

 伝統、優勝回数、観客動員数、ビジネス規模などのあらゆる側面から、名実ともに日本一のプロスポーツチームであるジャイアンツと、急成長を続けるアンダーアーマーの日本国内での成長を牽引するドームが、お互いのブランド力とマーケティング力を掛け合わせ、ジャイアンツが世界一のプロスポーツチームとなることを目指しています。

 具体的には、ジャイアンツブランドのさらなる価値向上、ライセンスビジネスの拡大、ユニホームなどの用品サプライ、ブランドの国際化などを通じて、ビジョンの具現化を目指します。単にスポーツ用品メーカーがチームに物品を提供するというものではなく、マーケティングパートナーとして総合的にチームをサポートし、ジャイアンツのさらなる成長を図っていくものです。


■読売ジャイアンツ

[画像9: http://prtimes.jp/i/3939/160/resize/d3939-160-620681-11.jpg ]

1934年創設。日本に現存する12球団の中で最も歴史が長いプロ野球球団。ホームスタジアムは東京ドーム。 2014年シーズンにセントラル・リーグで優勝し、リーグ3連覇を果たした常勝軍団。観客動員数は4年連続で年間300万人を超え、12球団の中でもトップの数字を誇っています。


■UNDER ARMOUR (アンダーアーマー)

[画像10: http://prtimes.jp/i/3939/160/resize/d3939-160-492569-9.jpg ]

「アスリートを進化させる」ことをミッションに掲げる“パフォーマンスアスレチックブランド“。近年急速に普及した身体にフィット(密着)するアスリートのためのウェアの発祥ブランドであり、汗を素早く吸収、発散し、身体を常にドライで快適に保つウェアなど、アスリートのパフォーマンスを最大限に引き出す商品開発に取り組んでいます。米国本社での売上高は2010年10億ドル突破、2014年30億ドル突破と伸び続け、時価総額は150億ドルを突破。1996年の創業以来驚異的な成長を続けています。


■株式会社ドーム

[画像11: http://prtimes.jp/i/3939/160/resize/d3939-160-370241-10.jpg ]

1996年創業。テーピングの取扱いからスタートし、現在はスポーツプロダクト(アンダーアーマー)やスポーツサプリメント(DNS)、パフォーマンスディレクション(ドームアスリートハウス)などの事業を展開しています。ドームは「社会価値の創造」という理念のもと、スポーツを通じた豊かな社会づくりに貢献できるよう努力しています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る