• トップ
  • リリース
  • リージャス グローバル ビジネス調査 フレキシブルワーキングは、生産性と財務戦略に結び付く傾向にあることが明らかに

プレスリリース

リージャス・グループ

リージャス グローバル ビジネス調査 フレキシブルワーキングは、生産性と財務戦略に結び付く傾向にあることが明らかに

(PR TIMES) 2019年05月15日(水)00時40分配信 PR TIMES

世界80カ国、15,000人のビジネスマンを対象に「フレキシブルな働き方に関する意識調査」を実施


世界100カ国以上1,000都市を超える地域で、3,300拠点を展開する世界最大のフレキシブルなオフィススペースプロバイダーであるリージャス・グループ(IWG )(日本法人:東京都新宿区、日本代表: 西岡 真吾)は、世界80カ国以上、合計15,000人のビジネスマンを対象にフレキシブルな働き方に関する調査を2019年1月に実施しました。

今回の調査において、企業側が戦略面としてフレキシブルなワークスタイルに着目する傾向がより高まってきていることがわかりました。フレキシブルなワークスペースの適用は、より具体的なメリットとして自覚されるようになってきています。

生産性がどう変わったのか?
・世界のビジネスマンの85%が、フレキシブルな働き方を導入することによって生産性が向上したことを確認していると回答しました。さらに、3分の2以上(67%)が、フレキシブルな働き方によって、生産性が20%以上向上したと回答しています。日本のビジネスマンもほぼ世界の回答者と同等の65%が同様の回答をしています。

・世界のビジネスマンの80%が、グローバルなビジネス展開をする企業にとって、フレキシブルな働き方が企業の成功に貢献できることを企業自身が理解していると回答しています。また、60%の企業がフレキシブルに働くために、すでにワークスペースに関する就業ポリシーを採用していると回答しました。

・世界のビジネスマンの65%が、さまざまな職務、営業、マーケテイング、人事、管理などの職務内容に合わせて職場環境や就業ポリシーを適切に変更した企業の方が生産性が高いと回答しています。

・世界のビジネスマンの半数が、プロジェクトなどの管理において、プロジェクトメンバーが、あらゆる場所で働くことができれば、プロジェクの生産性及び管理の生産性が向上すると回答しています。

ビジネスへの財務面での影響
・世界のビジネスマンの回答者のうち、自社セクターの65%が、拡大や縮小がフレキシブルなワークスペースを利用して設備投資/運用コストを削減していると回答しています。

・世界のビジネスマンの回答者のうち、自社セクターの64%が、新規チャネル拡大のための時間を短縮するためにフレキシブルな働き方やワークスペースの活用などの取り組みを導入していると回答しています。

IWGのCEO兼創設者であるマークディクソンは、今回の調査結果について次のように述べています。「昨年のグローバルワークスペースサーベイの結果以上に、今回は生産性について明確な回答を持っている企業が増えているように思われます。生産性が20%以上上がったという指標は、フレキシブルワーキングがもはやビジネスパフォーマンス改善のために必須になりつつあることを示すものでした」と述べています。

リージャス・グループ(IWG)について
リージャス・グループ(IWG)は、ワークスペース革命をリードしています。グループ企業全体でプロフェッショナルなビジネスを支援し、生産性の向上に寄与しています。コラボレーションを実現する、プロフェッショナルで創造的なワークスペース、コミュニティ、サービスを豊富に提供しています。
デジタル化や新しいテクノロジーによって、仕事のスタイルは変容しつつあります。働く人々は、生活と仕事のスタイルや場所を自由に選んで、個人としての生産性を高めたいと考えています。また、企業は、財務/戦略上のメリットを求めています。お客様もスタートアップ企業から中小企業、大規模な多国籍企業までさまざまですが、それぞれ独自のビジネス目標を掲げ、社員とともに向上心を持って業務に取り組んでいます。それに伴い、ニーズを満たすワークスペースやコミュニティが求められています。このように、豊富な選択肢が必要とされているのです。
IWGのグループ企業(リージャス、Spaces、Openoffice)が、世界各地でお客様に選択肢を提供しています。あらゆる規模の企業の皆様に、個人的、財務的、戦略的な価値をもたらします。世界有数の企業や著名な組織から、個人事業主や次世代の業界リーダーまで、すべてのお客様がフレキシブルな働き方のメリットを活用し、生産性、効率性、敏捷性、そして市場への近接性を向上させています。
転換点が、すぐそこに。ワークスペース革命が訪れようとしています。
詳細については、www.iwgplc.comをご覧ください。

日本におけるリージャス・グループ
リージャス・グループは、高品質な「リージャス」ブランドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国で運営しています。さらに2016年には、プロフェッショナルな人材や成長企業が新しい発想を生み出すためのビジネス スペース「SPACES」も立ち上げ、より多くの皆様に快適なビジネス環境を提供してまいります。現在、全国37都市、141拠点※1にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠点としてご活用いただいております。
※1オープンが決定している拠点数は全国37都市、148拠点となります。
リージャスについては、日本のホームページhttps://www.regus-office.jpを参照下さい。
公式ホームページはhttps://www.regus.co.jpを参照下さい。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る