• トップ
  • リリース
  • 【4日間限定!】ピエール・エルメ氏の手がけるフルコースメニューがいよいよ今週ホテルニューオータニに登場!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社ニュー・オータニ

【4日間限定!】ピエール・エルメ氏の手がけるフルコースメニューがいよいよ今週ホテルニューオータニに登場!

(PR TIMES) 2017年05月23日(火)10時03分配信 PR TIMES

Sucre Sale(シュクレ サレ) -春-


ピエール・エルメ・パリのフルコースメニューが登場!世界委第1号店のある、ホテルニューオータニ(東京)でしか味わえない1日20名さま限定のフルコースメニューを5/25(木)〜5/28(日)に開催。この機会に是非お楽しみください。
[画像1: https://prtimes.jp/i/14571/159/resize/d14571-159-736090-0.jpg ]

ピエール・エルメ・パリ フルコースディナー
Sucré Salé(シュクレ サレ) -春-
http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/satsuki/index.html?Psubid=557

■ホテルニューオータニ限定!フルコースディナー。一番のおすすめはメイン料理の若鶏手羽元のチューリップ仕立て酸味と甘美が奏でる“コカコーラソース”!?
ピエール・エルメ・パリの世界1号店がホテルニューオータニ内に出店されて以来、様々なコラボレーションを実現してきました。そしてこの春、パティシエ界のピカソと称されたピエール・エルメ氏監修のフルコースをお楽しみいただく「Sucré Salé(シュクレ サレ)-春-」が登場します。前菜からデザートまで、すべてピエール・エルメ・パリによるフルコースに加え、鬼才のパティシエが描く、「味覚、感性、歓喜の世界」をこの機会にぜひ体験ください。今回のコース料理のメインを飾るのは、「若鶏手羽元のチューリップ仕立て酸味と甘美が奏でる“コカコーラソース”」ピエール・エルメ氏でしか考え付かない才能と感覚を是非お楽しみください。
[画像2: https://prtimes.jp/i/14571/159/resize/d14571-159-413803-2.jpg ]

■ピエール・エルメ氏の創作哲学
ピエール・エルメ氏の本質を成すもの、それは、天賦の感覚、貪欲なまでの人生への好奇心です。そして何年もの経験がそこにプラスされて熟練した技術とペストリー界のために受け継がれた情熱がすべて合わさって、素晴らしい料理の才能が形づくられました。あらゆる料理の創造は、彼にとって、視覚、微妙な食感のニュアンス、色、香り、そして味を結合させ、その構想において、彼自身の感覚と才能をそこに再現、アーティストとして自分を表現する場なのです。
[画像3: https://prtimes.jp/i/14571/159/resize/d14571-159-233123-1.jpg ]

■MENU
・Amuse-bouche
ヘーゼルナッツオイルのホワイトチョコレートガナッシュ、グリーンアスパラガスのマカロン/山葵風味のマスカルポーネクリームと苺のデクリネゾン/ブラックオリーブとオリーブオイル入りのサブレ&パルメザンのサブレ
・Entrée
甘露キャロットとクリーム風味のスープ オレンジ柑橘とクミンの香り/2種のタルト [ミラフローレス・タンゴ]
・Plat
若鶏手羽元のチューリップ仕立て酸味と甘美が奏でる“コカコーラソース”
・Dessert
ベリー系の華やかな酸味が特徴の“ショコラマンジャリ”と“フランボワーズ”とのハーモニー/クープに包まれた高貴なる“マホガニー”の光沢 マンゴーソルベ、カラメルアイス、ライチ、ココナッツマカロン
・Mignardises
3種の小菓子 ボンボンショコラ・パートドフリュイ・マカロン
・Thé
13種ブレンド華やかに香るピエールの庭園 紅茶の調べ


Sucré Salé(シュクレ サレ) -春- 概要
ピエール・エルメ・パリ フルコースディナー
店 舗:コーヒーショップ「SATSUKI」(ザ・メイン ロビィ階)
期 間:2017年5月25日(木) 〜28日(日)時 間:18:30〜
料 金:¥12,000 税金・サービス料別



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る