プレスリリース

  • 記事画像1

公文健太郎写真展「耕す人」を開催

(PR TIMES) 2016年07月20日(水)16時38分配信 PR TIMES

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘)は、キヤノンギャラリー S(所在地:東京都港区)にて公文健太郎氏による写真展「耕す人」を2016年8月25日より開催します。
[画像: http://prtimes.jp/i/13943/159/resize/d13943-159-208299-1.jpg ]


ホームページ:http://cweb.canon.jp/gallery/archive/kumon-tagayasu/index.html

■ 概要
○開催日程:2016年8月25日(木)〜10月11日(火)
○開館時間:10時〜17時30分
○休館日:日曜日・祝日
○開催会場:キヤノンギャラリー S(住所:東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー1階)
○交通案内:JR品川駅港南口より徒歩約8分、京浜急行品川駅より徒歩約10分
○入場料:無料

■ 展示内容
本展は、写真家、公文健太郎氏による作品展です。
10年以上にわたり世界各地の人々の暮らしを撮影することをライフワークとしてきた公文氏が、日本各地の「農家のある風景」に出会い、タイトル「耕す人」のもと2013年から2015年にかけて八重山諸島から北海道まで全国各地の農家を撮影した約180点の作品を展示します。
日本の農家を取り巻く環境は変化し、農家のある里山の風景も変わりゆく中、公文氏が撮影するのはまさに日本の原風景であり、日本人の姿でもあります。
展示作品はすべてキヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF iPF9400」「imagePROGRAF PRO-1000」でプリントします。

■ トークショー開催のご案内
公文健太郎氏が写真家の田附 勝氏とともに展示作品を投影しながら撮影秘話などについてお話しします。
○日時:2016年9月17日(土)13時30分から
○会場:キヤノンSタワー3階 キヤノンホールS
○ゲスト:田附 勝氏(写真家)
○申込方法:ホームページcanon.jp/eventより、お申し込みいただきます。
○定員: 300名(先着順、参加無料)

■ギャラリートーク開催のご案内
写真展会場にて公文健太郎氏が作品について解説します。(事前予約は不要です。)
○日時:2016年8月27日(土)、9月3日(土)15時から
○会場:キヤノンギャラリー S
○入場料:無料

■ 作家メッセージ
時としてふと立ち止まり、眺めてしまう風景があった。僕の場合、それは自然が織りなす雄大な景色ではなく、人の営みがつくる風景であることが多かった。みかん畑に囲まれた山あいの集落。美しく積み上げられた石垣で層をなす段々畑。夕日に照らされた田園風景。そして静かな風景に囲まれ農作業に勤しむ人々の姿が、時間の流れを感じさせてくれた。そんな風景に感動するたびに、「日本の風景」は「農業の風景」なのだと気付かされた。

■ 作家プロフィール
公文健太郎(くもん けんたろう)
1981年生まれ。
2004年1月 写真展「幸せと幸せの間に」世田谷文化情報センター生活工房
2006年11月 写真展「大地の花」みなと町神戸メリケン画廊
2009年7月 写真展「グラフィッチ」EMON PHOTO GALLERY
2010年11月 写真展「BANEPA」72GALLERY
2011年1月 写真展「BANEPA」EMON PHOTO GALLERY
2011年 写真展「ゴマの洋品店」全国キヤノンギャラリー巡回
2011年12月 グループ展「PORTRAIT」EMON PHOTO GALLERY
2012年12月 写真展「March 2011, Rio de Janeiro」ブラジル大使館
2014年1月 写真展「FÓOTKAT」ハッセルブラッドジャパンギャラリー
写真集『大地の花』— ネパール 人々のくらしと祈り —(東方出版)
写真集『BANEPA』— ネパール 邂逅の街 —(青弓社)
写真絵本『だいすきなもの』—ネパール・チャウコット村の子どもたち—(偕成社)
フォトエッセイ『ゴマの洋品店』— ネパール・バネパの街から —(偕成社)
写真絵本『世界のともだち — ネパール — 』(偕成社)
2012年 日本写真協会新人賞
http://www.k-kumon.net/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る