• トップ
  • リリース
  • 戸建賃貸住宅 ネットワーク No.1「WILL STYLE」年間施工実績シェア10.9%に拡大の目標を策定

プレスリリース

  • 記事画像1

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社

戸建賃貸住宅 ネットワーク No.1「WILL STYLE」年間施工実績シェア10.9%に拡大の目標を策定

(PR TIMES) 2015年11月10日(火)16時33分配信 PR TIMES

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:港区 代表:M村聖一 TEL:03-5423-7333)は、戸建賃貸住宅No.1ブランド「WILL STYLE」を提供する会員工務店ネットワークである「ウィルスタイルクラブ」において、今後、年間施工実績シェア10.9%に拡大する目標を策定いたしました。
[画像: http://prtimes.jp/i/155/159/resize/d155-159-549625-1.jpg ]



「ウィルスタイルクラブ」とは、戸建賃貸住宅商品「ユニキューブ」、「エコパティオ」、「ユニフォート」、「Dシングル」といったラインナップをもつ「WILL STYLE」ブランドを提供する工務店ネットワークで、全国131社が加盟しています。(2015年11月10日現在)

この度、年間施工実績シェア10.9%に拡大の目標を策定いたしましたのは、シェアが上昇していく過程で10.9%あたりで母集団(市場など)に対する影響力が非常に強くなるというランチェスター理論に基づいたものです。市場認知シェア10.9%への拡大を目指し、実績No.1ネットワークの地盤をさらに固めるため、会員企業に向けた研修を新たに実施いたします。

【新たな研修の内容】
○不動産開拓/連携研修
 不動産会社からの紹介を受けられるようになるためのポイントの学習、活動計画の設計を実施

○コストダウン研修
 会員企業各社のユニキューブ実行予算書を比較し、コスト検証を実施

今後、新築着工棟数は落ち込んでいくことが予想されるなか、土地活用事業は工務店の多角化・総合化において、一つの重要な要素です。昨今の市況は、相続税制改正の影響もあり、住宅会社各社の売上構成比率においても借家は伸長しています。そのような状況下で、大手ハウスメーカーやアパート専業メーカーが大規模敷地の土地活用なのに対し、「WILL STYLE」ネットワークは大手資本が参入しない、かつ市場規模としても50%以上を占める60坪以下の狭小地の土地活用に強みを発揮しています。

ハイアスでは、今後さらに相続相談における不動産相談の重要性とポジションを確立すべく活動してまいります。

■「WILL STYLE」の特長50坪から土地活用事業ができ、小額投資(ローリスク)の安定運用が可能です。加えて、従来の木造低層賃貸住宅の概念を打ち破る、デコスドライ工法を採用した高性能でデザイン性の高い住宅を提供しています。また、「WILL STYLE」という名称には、それぞれが“自らの意思” に沿う豊かな人生やライフスタイルを実現できる将来設計のために最適な住宅投資を提供したいという思いを込めています。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る