• トップ
  • リリース
  • 「これは打てない…」と赤星憲広が悟ったストレートの持ち主とは?

プレスリリース

株式会社毎日放送

「これは打てない…」と赤星憲広が悟ったストレートの持ち主とは?

(PR TIMES) 2019年03月27日(水)09時40分配信 PR TIMES


 今月27日(水)のMBSテレビ『戦え!スポーツ内閣』に、プロ野球解説者の赤星憲広が出演し、高校時代プロでも味わえなかった「衝撃のストレート」を投げたピッチャーをの名を明かす。
 
[画像: https://prtimes.jp/i/31348/158/resize/d31348-158-443075-0.jpg ]

番組は「平成最後の甲子園アワード」と題し、平成の間に甲子園大会で行われた高校野球の試合を語り合う、という企画。赤星が「平成最後に語りたい最強ヒーロー」として名を挙げたのは、平成6年(第66回)大会に出場し、後にプロ野球選手となる横浜高校の矢野英司投手。
 この年は、赤星ひきいる大府高校(愛知)も出場し、その1回戦の相手が横浜高校だった。赤星は「愛知県にも球速140キロ以上を投げるピッチャーは結構いたんです」と当時を振り返り、自らも「速いボールに対しては自信があるほうだった」という。しかし赤星は「甲子園で矢野投手の1球目を見たときに『えっ!?』と思ったんです」と語り、高校時代ほとんど三振をしなかったという赤星だが、結果は空振り三振に終わった。「球速は142,3キロくらいなのに、ボールがバットのさらに上を通過していた。これは(打つのは)無理だ」と悟ったという。赤星に続く打線も、赤星の空振り三振を見て影響を受けたのか、初回を三者連続三振に切って落とされ、チームも3‐10で初戦敗退となった。
 赤星は「このときに受けた衝撃ほどのストレートはプロでもなかった」とコメント。火の玉ストレートで知られる元チームメイトの藤川球児投手については「紅白戦でしか対戦したことがないのでわからないが、球児と対戦できていたら同じ感覚だったかも」とも語った。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る