• トップ
  • リリース
  • 上地結衣 全豪オープン車いすテニス女子シングルス制覇自身初となるシングルス優勝!

プレスリリース

  • 記事画像1

エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社

上地結衣 全豪オープン車いすテニス女子シングルス制覇自身初となるシングルス優勝!

(PR TIMES) 2017年01月30日(月)11時35分配信 PR TIMES


 オーストラリア・メルボルンにて1月25日(水)から1月28日(土)まで開催された全豪オープン車いすテニスの部で、当社所属の車いすテニス女子世界ランキング2位の上地結衣(かみじゆい)選手がシングルスにおいて優勝いたしましたのでお知らせいたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/2323/156/resize/d2323-156-361585-0.jpg ]


今大会決勝戦ではイスケ・グリフィオン選手と対戦。6-7,6-3,6-3で逆転勝利し、自身初となる全豪オープンでのシングルス制覇となりました。なお、ダブルスはディーダ・デ フロート(オランダ)選手とペアを組み、準優勝となりました。

■上地結衣選手からのコメント
「全豪オープンでのシングルス優勝を一つの目標にしていたので、とても嬉しいです。優勝が決まった瞬間にはやっと獲れた。という嬉しさがこみ上げて来ました。サポートして下さったスポンサーの皆様、コーチ、スタッフ、応援してくださる皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。これからはオフシーズンですが、課題の残る試合内容でしたので一つずつクリアし勝ち続けられる選手を目指し練習に励みたいです。」

■上地結衣選手プロフィール
エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社所属。兵庫県出身、現在21歳。先天的潜在性二分脊椎症。11歳で車いすテニスを始め、その後、2012年ロンドンパラリンピックのシングルス・ダブルスでベスト8。
国際テニス連盟(ITF)が公表する世界女子車いすテニスランキングにおいて日本人初となる1位を獲得。また、2014年に開催されたテニスの4大大会(全豪オープン、全仏オープン、全英オープン、全米オープン)において好成績を収め、史上最年少でダブルスの年間グランドスラムを達成。リオパラリンピック競技大会では旗手を務め、シングルス銅メダルを獲得。

【エイベックスの障がい者アスリートへの取組み】
当社は2008年より障がいがありながらも世界で活躍する選手たちを積極的に、雇用・支援を行っています。開始当初は1名の選手から始まり、2013年には「エイベックス・チャレンジド・アスリート」としてチームを発足。その後、数々の国際大会で多くの選手が出場を果たし、現在では、リオパラリンピック競技大会で銅メダルを獲得した上地結衣選手をはじめとする車いすテニスや、車椅子バスケットボール、陸上、柔道、水泳、スキーを含む計9 つの競技で14名+1チームが活躍しています。
URL:http://www.avex-athlete.jp/

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=jXigFahKJzw ]


プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る