• トップ
  • リリース
  • お家の中にお家をつくる断熱リフォーム「ハウスINハウス」2017年度末までに年間売上高130億円の目標を策定

プレスリリース

  • 記事画像1

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社

お家の中にお家をつくる断熱リフォーム「ハウスINハウス」2017年度末までに年間売上高130億円の目標を策定

(PR TIMES) 2015年07月24日(金)18時27分配信 PR TIMES

〜戸建断熱リフォーム市場シェアNo.1の実現を目指す〜

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:東京都港区、代表:濱村 聖一 以下、ハイアス)は、株式会社アンビエントホームネットワーク(本社:東京都大田区、代表:藤本 修)と事業提携し、戸建断熱リフォームネットワーク「ハウスINハウス」を全国に展開しています。この度、2017年度末までに年間売上高130億円の受注を目標として策定しました。
[画像: http://prtimes.jp/i/155/155/resize/d155-155-856213-0.jpg ]



「ハウスINハウス」のネットワークは、ハイアスとアンビエントホームネットワークが本部を務め、会員企業とともに全国に展開しています。昨年6月よりフロンティア会員37社と共同で事業モデルの確立と営業ノウハウの蓄積を進めており、会員企業にて一定の成果があがった昨年10月より一般会員企業の募集を開始しました。現在では会員企業69社にて戸建断熱リフォーム事業を推進しています。

この度、戸建断熱リフォーム市場におけるシェアNo.1の実現を目指し、2017年度末までの計画として、2017 年5月〜2018年4月末期間で年間受注件数2,000件、年間売上高130億円(平均受注単価650万円として算出)を目標とし策定しました。これに伴い、受注件数を飛躍的に伸ばしていくため、断熱リフォームの需要が高まる冬季に向けて全国一斉イベントの開催、広告宣伝活動などの施策を積極的に行っていく予定です。

【戸建断熱リフォーム市場におけるシェアNo.1の実現に向けた施策】
・全国一斉にてモデルハウス、ショールームによる体験型イベントの開催
・全国一斉リフォーム相談会の開催
・会員企業の集客、営業などの成功事例を中心としたベンチマーキング研修会の開催
・エンドユーザー向けの新営業ツールの提供
・テレビCM、雑誌広告
・ブランドイメージの統一

国は「省エネ住宅ポイント制度」を設け、断熱リフォームなどのエコリフォームの普及と消費者の需要喚起を推し進めています。加えて、少子高齢化が進んでおり、壁を解体すること無く、生活に必要な部分だけに快適な空間をつくる断熱リフォームの需要は、今後さらに高まることが予想されます。

ハイアスでは、事業推進スピードを早めていくために「ハウスINハウス」会員企業の募集も引き続き行っていく予定です。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る