• トップ
  • リリース
  • 平成の各年代の都心不動産トレンドを検証!〜分譲価格ランキング〜平成の名作 東京プレミアムマンション

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社リクルート住まいカンパニー

平成の各年代の都心不動産トレンドを検証!〜分譲価格ランキング〜平成の名作 東京プレミアムマンション

(PR TIMES) 2019年01月26日(土)10時40分配信 PR TIMES

『都心に住む by SUUMO』3月号 1月26日(土)発売!

株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都港区 代表取締役社長:淺野健)が制作する『都心に住む by SUUMO』は、1月26日(土)発売の3月号で、「東京プレミアムマンション〜平成の名作74選〜」を特集しています。紆余曲折する経済情勢にともなって変化した平成の不動産市場は、時に、ひと握りのプレミアムマンションを生み出してきました。本特集では、平成のプレミアムマンションを定量・定性2つの観点から考察。分譲時の平均坪単価をランキング化し、平成の年代ごとに紐解きます。

<ラグジュアリー期>1989〜1999年 バブル経済のなか豪華仕様の物件が誕生

バブル期前後には今ではめずらしいラグジュアリーな仕様が好まれ、希少な天然石や木材を中心に豪華な仕上げが採用された物件が多く登場しました。不動産のステータスが重要視された時代です。

≪マンション平均坪単価ランキング 1989〜1999年竣工≫


[画像1: https://prtimes.jp/i/28482/151/resize/d28482-151-334522-0.png ]



<1位> 有栖川ヒルズ(1991年竣工)
バブル期建築ならではの豪奢な仕様。天窓から光が注ぐ大理石で覆われたエントランス、ワンフロア2 〜 3 戸で暗証番号入力によってプライベートに使えるエレベーターなどが印象的です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/28482/151/resize/d28482-151-950741-3.jpg ]




<プランニング期>2000〜2009年 都心回帰が進み、法制度が更新され、マンションづくりの自由度が高まった

バブル崩壊後、法改正が進みデベロッパーが比較的安く土地を確保できるようになったことで、マンションのプランニングが進化。設計や工法、設備や機能が格段に底上げされた時代です。

≪マンション平均坪単価ランキング 2000〜2009年竣工≫
[画像3: https://prtimes.jp/i/28482/151/resize/d28482-151-347388-1.png ]



<4位> パークマンション千鳥ヶ淵(2004年竣工)
深い緑と水に寄り添う希少立地。コンセプトは「日本が誇れるマンション」。外観意匠は日本建築学会賞など多くの受賞実績を持つ建築家、内藤廣氏が担当。リビング天井高は約2.7〜3mと開放的な住空間を実現。
[画像4: https://prtimes.jp/i/28482/151/resize/d28482-151-217143-4.jpg ]



<バリューアップ期>2010〜2018年 不動産価格が高騰、希少価値を高めたプレミアムマンションが増加。

2010年代はアベノミクス以降、地価高騰や建築費の値上がりによって不動産価格が上昇。なかでも市場に評価されたマンションの特徴は、より付加価値の高い立地や仕様、プランで構成されたプレミアムでした。

≪マンション平均坪単価ランキング 2010〜2018年竣工≫
[画像5: https://prtimes.jp/i/28482/151/resize/d28482-151-912418-2.png ]



<1位> パークコート赤坂檜町ザタワー(2018年竣工)
全住戸億超えと、価格高騰期を象徴するマンション。東京ミッドタウンを庭のように利用できる立地で、樹木をコンセプトに外観・内装を設計。
[画像6: https://prtimes.jp/i/28482/151/resize/d28482-151-254608-5.jpg ]

本誌では、分譲価格ランキングのほかにも、人々の暮らし心地を高めた平成の大規模開発に迫ります。恵比寿ガーデンテラス壱番館や虎ノ門ヒルズレジデンスなど、大規模開発で生まれた伝説のマンション群をご紹介。次代に語り継ぐべき名作の真髄に迫るとともに、ポスト平成の都心住宅を展望します。

<ランキングデータについて>
都心14区で1989年1 月から2018年9 月に竣工したマンションが対象。分譲当時の平均坪単価が高い順にランキング。平均専有面積80平方メートル 以上、総戸数10戸以上。事務所店舗用途は除く。竣工年、総戸数は分譲当時の資料に基づく(データ提供/東京カンテイ)

<編集長コメント『都心に住む by SUUMO』>
街の住み心地や資産価値は、 常に変わり続けるものです。 それら街のポテンシャルを測るひとつの指標が、 地価公示価格だと考えています。 単に地価が高いエリアに注目するだけでなく、 上昇率という切り口で街の変化を分析することで、 将来性を予測することができます。 本特集で、 思わぬ素敵な街と出合っていただければ幸いです。
[画像7: https://prtimes.jp/i/28482/151/resize/d28482-151-821864-7.png ]

編集長 江原 亜弥美


<媒体概要『都心に住む by SUUMO』>
発行:株式会社リクルート
発売日:毎月26日
価格:300円(税込)
[画像8: https://prtimes.jp/i/28482/151/resize/d28482-151-622372-6.png ]


詳細・購入はこちらから↓
http://suumo.jp/edit/series/toshin/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る