プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

3年連続「健康経営銘柄」に選定されました!

(PR TIMES) 2017年02月21日(火)15時22分配信 PR TIMES

「ウォークビズ」の推進やスポーツイベントの実施、働き方改革への取り組みにより、さらなる健康経営に取り組みます。

 当社は、2月21日(火)、経済産業省が東京証券取引所と共同で「健康経営」に優れた企業を選定する「健康経営銘柄」に、3年連続で選定されました。なお、3年連続で選定された企業は、当社を含め、全業種で9社のみです。
 当社では、2016年2月に「最高健康責任者(Chief Health Officer)」を設置し、「健康宣言」(別紙参照)を制定しました。
 これに基づき、面談対象者を高い精度でリストアップできるよう独自に作成した「TKKストレスチェックリスト」をはじめとした、従業員の心の健康管理に取り組んでいるほか、「WalkBiz」(ウォークビズ)スタイル(※)での勤務の推奨やウォーキングイベントの開催など、「歩く」ことへの習慣化にも力を入れています。さらに、1000名以上が参加する駅伝大会・運動会など、労使一体となったスポーツイベントも定期的に開催しています。
 また、始業時刻を変更できる「スライド勤務」やさまざまな休暇制度に加え、当社が運営するサテライトシェアオフィス「NewWork」の活用や在宅勤務といったテレワーク勤務を拡大することで、働く時間と場所の自由度を高める取り組みを実施しています。2017年2月には、総務省による「テレワーク先駆者百選」に認定されました。これらの働き方改革推進への取り組みを通して、所定外労働時間の削減や、従業員のワークライフバランスを実現します。
 当社は今後も、従業員とその家族の健康を企業価値の向上につなげるだけでなく、東急病院や生活サービス事業の展開により、東急線沿線のお客さまにも健康サービスを提供し、沿線価値の向上、さらには地域・社会への貢献に取り組んでいきます。

【当社における具体的な「健康経営」への取り組み事例】(詳細は別紙参照)

[画像: https://prtimes.jp/i/10686/149/resize/d10686-149-741537-3.jpg ]


※「WalkBiz」(ウォークビズ)スタイル:
歩きやすい靴(スニーカーなど)で通勤・勤務するスタイル。ひと駅歩くことや階段を上ることにより、職場を運動環境に変える取り組み。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る