• トップ
  • リリース
  • 味覚教育活動「味覚の一週間」(R)を今年もティファールが強力サポート

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社グループセブ ジャパン

味覚教育活動「味覚の一週間」(R)を今年もティファールが強力サポート

(PR TIMES) 2015年07月31日(金)10時57分配信 PR TIMES

株式会社グループセブ ジャパン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:グザビエ・デモゥティエ)は、ティファールブランドを通して、フランス発の味覚教育活動「味覚の一週間」に今年も協賛いたします。

日本では今年第5回目となる「味覚の一週間」は、“地球にやさしく食べよう!”をテーマに、文化遺産でもある食文化を子供たちに伝えるため、また大人たちにも再認識していただくために、5感を使って味わう事の大切さや楽しさを体験できるさまざまなイベントを開催します。

ティファールは、日本での開催が始まった2011年からこの活動に賛同し、協賛を続けています。

「味覚の一週間」の『味覚の授業』『味覚のアトリエ』で、調理実演に使用する調理器具を提供するほかに、世界各国より応募を募る『「味覚の一週間」インターナショナルBENTOコンクール』など様々な味覚教育活動をサポートいたします。

*「味覚の一週間」(R) 「味覚の授業」(R)およびそのロゴは商標登録されています。


「味覚の一週間」開催概要

「味覚の一週間」は、「味覚の授業」・「味覚の食卓」・「味覚のアトリエ」の3つのプロジェクトにより、五感を使って味わうことの大切さや楽しさを体験できる様々な食育活動を行います。

[画像: http://prtimes.jp/i/3681/148/resize/d3681-148-558098-0.jpg ]



●2015年のタイトルおよびテーマ:〜地球にやさしく食べよう!〜
●開催日程 : 2015年10月19日(月)〜10月25日(日)
インターナショナルBENTOコンクール10月18日(日)(9月18日まで応募受付中)
●開催場所 : 全国
●「味覚の授業」: シェフやパティシエ、生産者などがボランティアで小学校を訪れ、子供達に味の基本を
         教えます。(500クラス目標)
         調理実習実施校では、ティファールの調理器具を使用し、料理の楽しさを学びます。
●「味覚の食卓」: 期間中レストランで、5味を味わう一皿のレシピを提供します。(100店舗目標) 
●「味覚のアトリエ」:「味覚の一週間」インターナショナルBENTOコンクール  
           三越日本橋本店でのティファール製品を使ったイベント等、
           様々な味覚に関するイベントを開催します。

詳細は「味覚の一週間」公式ホームページをご参照ください。
www.legout.jp

≪読者の方のお問い合わせ≫
株式会社グループセブ ジャパン
ティファールお客様相談センター 0570-077772(ナビダイヤル)
〒141-0022東京都品川区東五反田3-14-13高輪ミューズビル

≪本件のご掲載に関するお問合せ先≫
株式会社ヴィジョン・エイ   
ティファールPR担当 :石川・宮司・青木
〒151-0051 渋谷区千駄ヶ谷2-7-9 301 
TEL 03-3402-5574 FAX 03-3402-5452

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る