• トップ
  • リリース
  • 世界フラワーガーデンショー~花と庭の世界大会~花の世界大会空間デザイン部門結果発表

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ハウステンボス株式会社

世界フラワーガーデンショー~花と庭の世界大会~花の世界大会空間デザイン部門結果発表

(PR TIMES) 2016年10月16日(日)10時34分配信 PR TIMES

 ハウステンボス(長崎県佐世保市)では、本日、芸術的な花空間を演出する『花の世界大会』が開幕。国際コンテストで受賞暦多数のアーティスト12カ国13作品が競う空間デザイン部門の表彰式が行われました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/11622/146/resize/d11622-146-729099-2.jpg ]


 コンセプトやカラー、技術などを総合的に評価され、全作品がメダルを受賞。中でも最優秀色彩賞には阿部喜恵氏(宮城県岩沼市)、最優秀イノベーション賞はビョルン・クローナ氏(ドイツ)がダブル受賞されました。審査委員からは「世界各国から面白いコンセプトの作品を出品してくれた。素晴らしい作品がばかりで審査が難しかったが、なかでも技術力の高い作品が評価を得た結果となった」との講評をいただきました。

 『花の世界大会』は、ハウステンボスの文化的象徴となるパレス ハウステンボス館内を舞台に個性豊かなフラワー作品が彩ります。世界トップクラスのアーティストによる芸術的な特別展示や普段の暮らしに活かせるテーブルデコレーションやフラワーアレンジメントなど、15カ国83作品を展示しています。世界一を競う庭と花の世界大会『世界フラワーガーデンショー2016』は11月3日まで開催しており、この機会に花と庭の贅沢な空間をお楽しみください。

【審査委員について】

審査委員長 ハリジャント・セティアワン氏<フローラルデザイン会社Bonga代表>
審査委員 ペトラ・コンラド氏<FlowerARTアカデミー創始者>
  松田 隆作氏<Studio MATSUDA93主宰>
  河合 透氏<(公社)日本フラワーデザイナー協会理事長>

【空間デザイン部門】 13作品


[画像2: http://prtimes.jp/i/11622/146/resize/d11622-146-104113-4.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る