• トップ
  • リリース
  • ワタベウェディング及びディアーズ・ブレインによる合弁会社設立に関するお知らせ

プレスリリース

ワタベウェディング株式会社

ワタベウェディング及びディアーズ・ブレインによる合弁会社設立に関するお知らせ

(PR TIMES) 2016年04月01日(金)10時47分配信 PR TIMES

〜ウェディングドレス、タキシードや写真アルバムなどの製造事業を強化〜

ワタベウェディング株式会社【本社:京都府京都市、代表取締役 花房伸晃】と株式会社ディアーズ・ブレイン【本社:東京都港区、代表取締役社長 小岸弘和】は、両社の共同出資により、合弁会社「W&D Products, Ltd.」を2016年3月21日(月)に香港・湾仔に設立いたしました。
ワタベウェディング株式会社【本社:京都府京都市、代表取締役 花房伸晃】と株式会社ディアーズ・ブレイン【本社:東京都港区、代表取締役社長 小岸弘和】は、両社の共同出資により、合弁会社「W&D Products, Ltd.」を2016年3月21日(月)に香港・湾仔に設立いたしました。

「W&D Products, Ltd.」は、ワタベウェディンググループ(以下、ワタベグループとする)のウェディングドレス、タキシード、写真アルバム等の製造工場(上海・ベトナム)の運営マネジメント及び国内・海外OEM先への販売が主な事業内容となります。

昨年7月、ワタベウェディングと株式会社千趣会及びディアーズ・ブレインは、それぞれの強みを生かし発展的成長を目指すことを目的とし、3社による資本業務提携契約を締結いたしました。本年1月にはワタベウェディングとディアーズ・ブレイン共同でウェディングプラン組成、それぞれの店舗で発売を開始するなど、様々な形で連携のプロジェクトがスタートしております。

(参考:ワタベウェディング株式会社 2015年12月22日 「ワタベウェディング×ディアーズ・ブレイン共同商品開発」リリースより

http://www.watabe-wedding.co.jp/corporate/press/info/detail.html?press_id=498

今回の合弁会社設立は、ワタベウェディングが20年以上ドレス工場を運営して培ってきた製造ノウハウ及びその生産能力をベースに、ワタベグループ及びディアーズ・ブレインなどによる多様な業態(リゾート、ホテル、ゲストハウス、専門式場)における販売網を連携させながら商品力を高め「製造事業のプラットフォーム化」を実現し、国内・海外のOEM先に提供することを目的としたものです。

この背景には、年々多様化する国内のお客様ニーズの変化、ワタベウェディングが進出する海外エリアの多種多様な国籍のお客様ニーズに対して、製販一体となった商品力が求められていることがあります。この取り組みによって、今後の業界の発展や海外における販売シェア拡大に寄与するものと考えております。また、製造事業におけるワタベグループ及びディアーズ・ブレイン以外の取扱比率を現在より倍増させる計画であります。

<新会社の概要>
■社名:W&D Products, Ltd.
■資本金:HK$2,000,000
■出資比率:ワタベウェディング株式会社50%、株式会社ディアーズ・ブレイン50%
■本社:Jubilee Centre, 18 Fenwick Street, Wanchai, Hong Kong
■代表者:董事長 小岸弘和
■事業内容:工場運営マネジメント、国内・海外OEMの販売

【ワタベウェディング株式会社 会社概要】
■本社:京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町20 四条烏丸FTスクエア
■代表者:代表取締役 花房伸晃
■事業内容:リゾートウェディング事業/国内挙式事業/衣裳事業/映像・写真事業/アジア事業

【株式会社ディアーズ・ブレイン 会社概要】
■本社:東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー13F
■代表者:代表取締役社長 小岸弘和
■事業内容:ハウスウェディング事業/ドレス事業/レストラン事業/コンサルティング事業

参考資料
ワタベウェディング株式会社 2015年7月24日「資本業務提携契約の締結のお知らせ」IRリリースより
http://www.watabe-wedding.co.jp/library/pdf/corporate/ir/1226_f1.pdf


【株式会社千趣会 会社概要】
■本社:大阪市北区同心1-8-9
■代表者:代表取締役社長 星野裕幸
■事業内容:通販事業/ブライダル事業/法人事業/その他事業

資本業務提携の内容等
(ア)目的
本資本業務提携を通じて、当社グループと公開買付者グループが互いに協力して継続的に発展していくため、各々の自力成長を超えたレベルでの企業価値創造・拡大を目指す。具体的には、『ブライダル領域でのアライアンスの実現』『集客・製造機能のプラットフォームの構築』『生活総合領域との連携』『海外展開本格化に向けた体制構築』を実行し、最終的に『コングロマリット化』を実現することを目的として、本取引を実施する。
(イ)業務提携の内容
当社と公開買付者グループは、下記の内容の業務提携を行うものとし、その詳細は下記
(ウ)に記載の業務提携推進委員会による検討結果を踏まえ、適宜、当事者で協議の上決定する。
1. 運営ノウハウ等のアライアンス構築のための相互協力
2. ウェディング関連の商品、サービスの拡充、共同開発に向けた相互協力
3. 集客、製造機能のプラットフォーム構築のための相互協力
4. 生活総合領域の顧客開拓のための相互協力
5. 新郎新婦向けの新生活ニーズに応える生活総合領域のマーケティング、販促及び商品・サービスの開発における相互協力
6. 海外展開の本格化を見据えた相互協力
7. 上記を推進するため、業務提携推進委員会を設置

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る