• トップ
  • リリース
  • ネイキッドの先進アートで蘇る、ヴェルサイユ宮殿内「王妃の図書室」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社ネイキッド

ネイキッドの先進アートで蘇る、ヴェルサイユ宮殿内「王妃の図書室」

(PR TIMES) 2016年07月14日(木)16時19分配信 PR TIMES

東京駅プロジェクションマッピングを手掛けたネイキッドによる、 時空を超えるような全く新しい展覧会体験

株式会社ネイキッド(東京都渋谷区、代表 村松亮太郎)は、2016年10月25日(火)より、森アーツセンターギャラリーにて開催される「ヴェルサイユ宮殿《監修》マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実」において、マリー・アントワネットの図書室を現在に蘇らせます。
[画像1: http://prtimes.jp/i/8210/146/resize/d8210-146-668857-1.jpg ]

エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブラン《フランス王妃 マリー・アントワネット》
1785年 油彩、カンヴァス 276×193cm ヴェルサイユ宮殿美術館
(C)Château de Versailles (Dist. RMN-GP)/(C)Christophe Fouin 


  展覧会の最大の見どころであるヴェルサイユ宮殿の中庭に面する王妃のプライベート空間、「プチ・アパルトマン」の原寸大の再現。今回ネイキッドが手掛けるのは、消失してしまった図書室の“再現”です。
今では存在しないこの空間を、パリの国立古文書館に保管されている設計図などをもとに、バーチャルリアリティで再現。マリー・アントワネットが過ごした図書室が当時の姿で蘇ります。連動した音や映像の演出によって、まるで時空を超えるような不思議な体験をお楽しみいただけます。

[画像2: http://prtimes.jp/i/8210/146/resize/d8210-146-419577-0.jpg ]




「ヴェルサイユ宮殿《監修》マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実」について

 
 
2016年10月25日(火)より、森アーツセンターギャラリーにて「ヴェルサイユ宮殿《監修》マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実」が開催されます。
本展は、フランス王妃マリー・アントワネット(1755-1793) が暮らした、ヴェルサイユ宮殿の企画・監修のもと、彼女の激動の生涯を辿ります。出展されるのは、肖像画はもちろん、王妃が愛用した食器や漆器、家具、身に着けた衣服、そして革命期の資料など、美術的、歴史的に貴重な品々200点あまりです。
ヴェルサイユ宮殿内にある王妃のプライべート空間、「プチ・アパルトマン」の浴室、図書室、居室を当時の装飾や実際に使われた家具などとともに原寸大で再現するなど、マリー・アントワネットゆかりの美術品や資料を見るだけでなく、彼女が暮らした空間とその時代を体感することが出来る、ヴェルサイユ宮殿の企画・監修だからこそ実現したマリー・アントワネット展の集大成です。

[画像3: http://prtimes.jp/i/8210/146/resize/d8210-146-758330-2.jpg ]



クロード=ルイ・デレの原画に基づくマルシャル・ドゥニの版刻《大盛装姿のマリー・アントワネット》
1775年頃 エッチング、水彩 40.2×26.3cm ヴェルサイユ宮殿美術館
(C)Château de Versailles



展覧会情報


・展覧会名称:ヴェルサイユ宮殿《監修》マリー・アントワネット展
       美術品が語るフランス王妃の真実
・主催:ヴェルサイユ宮殿、日本テレビ放送網、読売新聞社、BS日テレ、森アーツセンター
・企画監修:ヴェルサイユ宮殿
・会場:森アーツセンターギャラリー (六本木ヒルズ 森タワー52階)
・会期:2016年10月25日(火)-2017年2月26日(日) ※会期中無休
・開館時間:10:00-20:00(但し、火曜日および10月27日(木)は17:00まで) 
※入場は閉館の30分前まで
・観覧料:
前売/団体:一般 1,600円 高校・大学生 1000円 小・中学生 400円
当日:一般 1,800円 高校・大学生 1,200円 小・中学生 600円
*小学生未満は入館無料
*全て税込価格
詳細は展覧会公式HPをご参照ください。
・公式ホームページ:http://www.ntv.co.jp/marie/
・展覧会に関するお問い合わせ:03-5777-8600 (ハローダイヤル)



村松亮太郎(NAKED Inc.)について


[画像4: http://prtimes.jp/i/8210/146/resize/d8210-146-649967-4.jpeg ]



クリエイティブカンパニーNAKED Inc.代表。大阪府堺市出身。TV/広告/MV/空間演出などジャンルを問わず活動。 長編/短編作品と合わせて国際映画祭で48ノミネート&受賞している。代表作として、東京駅3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』、「東京国立博物館特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」『KARAKURI』」の演出、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』タイトルバック、企画/演出を手がけた『新江ノ島水族館ナイトアクアリウム』など。近年では、東京タワーほか全国主要タワーにて夜景×マッピング「CITY LIGHT FANTASIA by NAKED」や、花の体感型イベント『FLOWERS BY NAKED』を開催しており、これまでのイベント通算動員数は120万人を超える。2016年5月には、市川染五郎主演の歌舞伎ラスベガス公演"Panasonic presents Wonder KABUKI Spectacle'KABUKI LION’”の空間創造を手掛ける。アーティスト本&作品集「村松亮太郎のプロジェクションマッピング SCENES by NAKED」がKADOKAWAより発売。
2016年7月30日(土)〜8月31日(水)には、企画/演出を手がけた「FLOWERS BY NAKED 魅惑の楽園」が、東京ミッドタウン・ホールにて開催される。

(関連リンク)
【NAKED Inc.公式サイト:http://naked-inc.com
【村松亮太郎公式フェイスブックページ: https://www.facebook.com/MuramatsuRyotaro



株式会社ネイキッド(NAKED Inc.)について

1997年、村松亮太郎を中心に、映像ディレクター/デザイナー/CGディレクター/ライターなどが集まり設立されたクリエイティブカンパニー。メディアやジャンルを問わず、映画/広告/TV/インスタレーションなど様々なクリエイティブ活動を続ける。また、近年はプロジェションマッピングを始めとした様々な技術や美術造作、演出を組み合わせ、光を使った空間の総合演出を手がけている。現在、自社が企画・演出・制作を手がけたイベントやショーが通算120万人以上を動員している。


※ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る