• トップ
  • リリース
  • アルテラ、ネットワーク機能仮想化に FPGA の価値をもたらす取り組みとして、OPNFV オープン・ソース・プラットフォームへの参加を発表

プレスリリース

  • 記事画像1

日本アルテラ株式会社

アルテラ、ネットワーク機能仮想化に FPGA の価値をもたらす取り組みとして、OPNFV オープン・ソース・プラットフォームへの参加を発表

(PR TIMES) 2015年07月07日(火)09時53分配信 PR TIMES


プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション (本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO 兼会長:ジョン・デイナ、日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:和島 正幸、NASDAQ:ALTR 以下、アルテラ) は、米国時間 7 月 1 日、NFV(Network Functions Virtualization)を使用した新たな製品やサービスの導入を迅速化することを目的とする、キャリア・グレードの柔軟な統合オープン・ソース・プラットフォームである Open Platform for NFV (OPNFV) への参加を発表いたしました。OPNFV は、オープン・ソース・プロジェクトとして、事実上の業界標準となるオープン・ソース NFV プラットフォームの実現に向けて、標準化団体、オープン・ソース・コミュニティ、およびサプライヤ企業の活動を結び付ける役割を果たしています。

NFV は、IT 仮想化技術を利用してあらゆるクラスのネットワーク・ノード機能を、接続または連鎖することで通信サービスを構築できるビルディング・ブロックに仮想化するものです。アルテラは、OPNFV 内部のワーキング・グループに参加し、業界標準の大容量サーバー、ストレージ、およびクラウド・コンピューティング・インフラストラクチャ上で各種ソフトウェアやプロセスを実行する仮想マシンへの FPGA アクセラレータの利用拡大の実現を目指します。

アルテラの通信ビジネス・ユニット・バイスプレジデント兼ゼネラル・マネージャーの Francis Chow は、「FPGA は、消費電力を抑えながら仮想マシン・アプリケーションの「スーパーチャージャー」として使用できるため、NFV 業界に最適です。しかも、より効率的なソリューションの提供により、設備投資や運用コストの削減、サービスの高速化、NFV アプリケーションの市場投入期間の短縮も可能にします」と述べています。

FPGA は、汎用グラフィックス処理装置 (GPGPU) や中央演算処理装置 (CPU) より少ない消費電力で計算負荷をオフロードするアクセラレータとして機能するため、データ・センターの発熱量低減にも貢献します。FPGA および SoC ベースのソリューションは、すでにデータ・センターにおける検索および畳み込みニューラル・ネットワーク・アプリケーション用サーバーのアクセラレーションに利用されています。

OPNFV ディレクターの Heather Kirksey 氏は、「OPNFV は、誰でも NFV のアクセラレーションに使用できるオープン・プラットフォームの開発を目指した、業界全体のさまざまなグループによるコラボレーションです。アルテラを新しいシルバー・メンバーとして迎え、オープン・ソース NFV の目標実現に向けて力を貸していただけることに大変喜んでいます」と述べています。

サービス・プロバイダに恩恵をもたらす OPNFV の活動
OPNFV との協力に最初に関心を示したのは、OPNFV 創立メンバーである AT&T、チャイナ・モバイル、NTT ドコモ、Telecom Italia、Vodafoneを中心とするネットワーク・サービス・プロバイダ・コミュニティでした。さらに、金融サービス業界、大企業、クラウド・サービス・プロバイダなどの業界も NFV の利点の活用に関心を示しています。

Open Platform for NFV (OPNFV) について
Open Platform for NFV は、NFV を使用した新たな製品やサービスの導入を迅速化することを目的とするキャリア・グレードの統合オープン・ソース・リファレンス・プラットフォームです。オープン・フォーラムにより、サービス・プロバイダ、ベンダー、ユーザーを結び付け、NFV の最先端のさらなる前進に向けてコラボレーションを促進しています。詳細は http://www.opnfv.org をご覧ください。

OPNFV は、The Linux Foundation の協業プロジェクトです。Linux Foundation 協業プロジェクトは、独立した財源で運営されるソフトウェア・プロジェクトであり、共同開発の力を生かして業界およびエコシステム全体にわたるイノベーションを促進します。詳細は http://www.linuxfoundation.org をご覧ください。

アルテラ・コーポレーションについて
アルテラ・コーポレーションは、プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーです。1983 年にシリコンバレーで創業した世界で最初のファブレス企業であり、1988 年に NASDAQ に上場しました。FPGA、SoC、CPLD、ASIC および電源をはじめとする関連技術を提供し、カスタム・ロジックの分野におけるテクノロジ・リーダーとして高成長を続け、顧客企業のイノベーションに貢献しています。世界各国に拠点を持ち、日本法人である日本アルテラ株式会社は 1990 年に設立されました。顧客志向のソリューションが高く評価され、日本における PLD 市場でトップシェアを維持しています。


ALTERA、ARRIA、CYCLONE、ENPIRION、MAX、MEGACORE、NIOS、QUARTUS、STRATIX の製品名ならびにロゴは、アルテラ・コーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。商標またはサービス・マークとして記載されている製品名ならびにロゴはすべて、Legal Notice に記載されているとおり、各所有企業に帰属します。
[画像: http://prtimes.jp/i/2518/145/resize/d2518-145-694921-0.jpg ]


プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る