• トップ
  • リリース
  • リオ2016パラリンピック競技大会柔道の正木健人選手が銅メダル!2大会連続メダル獲得!

プレスリリース

  • 記事画像1

エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社

リオ2016パラリンピック競技大会柔道の正木健人選手が銅メダル!2大会連続メダル獲得!

(PR TIMES) 2016年09月12日(月)13時32分配信 PR TIMES


 2016年9月7日から18日までブラジルのリオデジャネイロで開催されている「リオ2016パラリンピック競技大会」に、出場している柔道の正木健人選手が、日本時間11日(日)に開催された100kg超級3位決定戦で銅メダルを獲得し、ロンドンパラリンピックの金メダルに続きメダル獲得となりましたのでお知らせいたします。


■競技結果/


選手/種目/ラウンド/決まり手/成績
正木健人/100kg超級/3位決定戦/一本勝ち(払い腰)/銅メダル

■正木健人選手コメント
「金メダルを獲得して、お世話になった方々に恩返しをする。という約束が果たせなくて本当に悔しいです。この悔しさをバネにして、東京パラリンピックまで優勝目指して頑張りたいです。」

■正木健人選手 プロフィール
[画像: http://prtimes.jp/i/2323/145/resize/d2323-145-562878-0.jpg ]


奈良県出身。現在29歳。子どもの頃から大きな体格を持っていたことにより中学生時代に柔道を開始。生まれつき弱視ではあったが、徐々に頭角を現し高校時代にはインターハイでも活躍する。
大学進学後は弱視が進行。視覚障がい者柔道へと活躍の場を移し、2012年にはロンドンパラリンピックに出場し見事金メダルを獲得した。
更なる高みを目指して日々練習に励む生粋の柔道家である。
http://ameblo.jp/takakuwa-saki/


■エイベックスの障がい者アスリートへの取り組み
エイベックス・グループは障がいがありながらもトップアスリートとして世界で活躍する選手たちを積極的に、雇用、支援しています。車いすテニスを始め、車椅子バスケットボール、車いす陸上、柔道、水泳、スキー、を含む計9つの競技で現在11名の選手がエイベックス・チャレンジド・アスリートとして活躍しています。

リオ2016パラリンピック競技大会では、パラトライアスロンの佐藤圭一選手、車いすテニスの上地結衣選手、車いす陸上の木山由加選手、柔道の正木健人選手、半谷静香選手、陸上の高桑早生選手の6名の所属選手が出場しています。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る