• トップ
  • リリース
  • 「リージャスエクスプレス関西国際空港」が24時間利用可能に

プレスリリース

リージャス・グループ

「リージャスエクスプレス関西国際空港」が24時間利用可能に

(PR TIMES) 2019年02月28日(木)22時40分配信 PR TIMES

関西国際空港内のオフィス利用がさらに便利に!


世界100カ国以上1,000都市を超える地域で、3,000拠点を展開する世界最大のワークスペースプロバイダーであるリージャス・グループ(IWG)(日本法人:東京都新宿区、日本代表: 西岡 真吾)は、関西国際空港内の「リージャスエクスプレス関西国際空港」が3月1日から24時間利用可能となることを発表しました。

「リージャスエクスプレス関西国際空港」は、2016年4月に関西国際空港第1ターミナル3階にオープンした、レンタルオフィス、コワーキングスペース、ミーティングスペースを備えたワークスペースです。今回、24時間利用可能となるのはレンタルオフィスをご契約いただいているお客様が対象で、空港内でビジネスを展開する企業のバックオフィスや旅行会社や航空サービス関連企業のオフィスとして、さらに便利にご利用いただけるようになりました。

リージャス・グループ(IWG)日本代表の西岡真吾は、「『リージャスエクスプレス関西国際空港』は、2016年の開設以降、搭乗までの待ち時間や到着後に仕事をする場として、さらに商談・会議でのご利用のほか、サテライトオフィスやバックオフィスとしてなど非常に多くのお客様にご利用いただいています。今回、特にレンタルオフィスをご契約いただいているお客様からの『24時間空港の中で働いている企業として、夜でも対応できるオフィス環境を整えたい』などのご要望を受け、本施設の24時間運営が決定いたしました。この度24時間ご利用可能になったことで、バックオフィスとしてのご利用、旅行会社のオフィス、海外と日本の往来が頻繁な企業のサテライトオフィスとしてなど、さらに多くのお客様に便利にご利用いただけるのではないかと期待しています。リージャス・グループでは今後も、多様な働き方に合わせたビジネス環境を提供できるよう、 まい進してまいります」と述べています。

リージャスエクスプレス関西国際空港 概要
・開設日: 2016年4月11日
・所在地:  大阪府泉南郡田尻町泉州空港中一番地 関西国際空港 第1ターミナルビル3F
・総面積: 250平米
・オフィス部屋数: 27室
・ワークステーション(席)数: 42席
・会議室数: 3室
・インターネット環境: 高速インターネット、WiFi
・ホームページ:  https://www.regus-office.jp
※2019年2月現在の情報です。上記概要については変更する可能性がございます。

リージャス・グループ(IWG)について
リージャス・グループ(IWG)は、フレキシブルなワークスペースを提供する世界最大の企業です。グループ企業全体でプロフェッショナルなビジネスを支援するためのオフィスソリューションを提供し、顧客企業の生産性の向上に寄与しています。コラボレーションを実現する、プロフェッショナルで創造的なワークスペース、コミュニティ、各種サービスを提供しています。詳細については、www.iwgplc.comをご覧ください。

日本におけるリージャス・グループ
リージャス・グループは、高品質な「リージャス」ブランドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国で運営しています。さらに2016年には、プロフェッショナルな人材や成長企業が新しい発想を生み出すためのビジネス スペース「SPACES」も立ち上げ、より多くの皆様に快適なビジネス環境を提供してまいります。現在、全国34都市、132拠点※1にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠点としてご活用いただいております。
※1オープンが決定している拠点数は全国37都市、142拠点となります。
リージャスについては、日本のホームページhttps://www.regus-office.jpを参照下さい。公式ホームページはhttps://www.regus.co.jpを参照下さい。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る