• トップ
  • リリース
  • 第七回「香港アジア・ポップミュージックフェスティバル」〜LOVE PSYCHEDELICOが多彩な演奏で香港を魅了

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

一般社団法人日本レコード協会

第七回「香港アジア・ポップミュージックフェスティバル」〜LOVE PSYCHEDELICOが多彩な演奏で香港を魅了

(PR TIMES) 2017年03月22日(水)12時44分配信 PR TIMES

加治ひとみが香港で海外デビュー


2017年3月17日、IFPI 香港グループ(香港レコード協会)が主催する「香港アジア・ポップミュージックフェスティバル 2017」が香港のコンベンション・エキシビジョンセンター(HKCEC)において行われました。

このフェスティバルは「Music in One Asia」をテーマに香港政府の支援の下、東アジア8 ヶ国・地域(日本、中国、韓国、マレーシア、シンガポール、タイ、台湾、香港)の音楽関係団体が協力して2011年から毎年開催しており、当協会もこの趣旨に賛同し、本フェスティバルに協力しています。

当日は、8ヶ国・地域の代表として新人アーティスト8 組と、各国・地域を代表するスターアーティスト7組が参加、それぞれパフォーマンスを披露しました。

日本からスターアーティストとして出演した「LOVE PSYCHEDELICO」は、「Last Smile」「LADY MADONNA〜憂鬱なるスパイダー〜」と香港でも広く知られる2曲を2人の多彩なギター演奏で披露し、会場は大きな拍手に包まれました。

新人アーティストは、日本を代表して3月1日にファーストフルアルバム「NAKED」をリリースした「加治ひとみ」が出場、力強い歌声で新曲「ラヴソング」を歌い上げました。東京ガールズオーディション出身の彼女は、白のきらびやかなドレスの衣装でも観客を魅了しました。

なお、この模様は、本フェスティバルの日本地域メディアパートナーである(株)ドワンゴがniconicoで5月上旬頃に配信予定(日程未定)です。


【香港アジア・ポップミュージックフェスティバル 2017概要】
主催:IFPI香港グループ (香港レコド協会)
日時:2017年3 月17 日(金) 20:00〜22:30(現地時間)
会場:香港コンベンション&エキシビションセンター(HKCEC)

【8 ヶ国・地域の出演アーティスト】(敬称略)
(1) 新人アーティスト:
日本:加治ひとみ
中国:自畫像(Self-Portrait)
韓国:Lydia Lee (李睿珍)
マレーシア:Hanz Koay (郭文翰)
シンガポール:Alfred Sim (沈志豪
タイ:Pannawach
台湾:Yeh Bing Ham (葉秉桓)
香港:Jocelyn Chan (陳明憙)
[画像1: https://prtimes.jp/i/10908/141/resize/d10908-141-736769-1.jpg ]

(2) スターアーティスト:
日本:LOVE PSYCHEDELICO
中国:Jiang Dunhao (敦豪)
韓国:B1A4
マレーシア:Joyce Chu 四葉草
シンガポール:Jocie Guo (郭美美)
台湾:NICKTHEREAL (周湯豪)
香港:Hacken Lee (李克勤)
[画像2: https://prtimes.jp/i/10908/141/resize/d10908-141-978671-0.jpg ]

(3) 審査員:
日本:URU
中国:Andy Ng (偉林)
韓国:Professor Lee Kyung Nam (李南教授)
マレーシア: V Chuan (陳威全)
シンガポール:Eric Ng (韻仁)
タイ:Danai Thongsinthusak
台湾:Benjamin Lin (林明陽)
香港:Elisa Chan (陳潔靈)

以上



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る