• トップ
  • リリース
  • 年の差婚、どこまでOK? 男性は5歳年下まで(25.9%)、女性は5歳年上まで(31.4%)が目安だった

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社パートナーエージェント

年の差婚、どこまでOK? 男性は5歳年下まで(25.9%)、女性は5歳年上まで(31.4%)が目安だった

(PR TIMES) 2016年09月27日(火)11時39分配信 PR TIMES

〜40代男性、半数は年上NG/年下なら10歳以上離れていてもOK〜

成婚率にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、http://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、「年の差婚」に関するアンケート 調査を実施いたしました。
<調査背景>
最近では、漫画家の藤島康介さん(52)とコスプレイヤーの御伽ねこむさん(20)との“年の差婚”が話題になりました。また、市村正親さん(67)と篠原涼子さん(43)の24歳差、石田純一さん(62)と東尾理子さん(40)の22歳差など、芸能界には他にも注目を集める年の差婚カップルが何組もいます。

年齢という枠にとらわれなければ、婚活の際にもお相手を探す選択肢が広がることでしょう。実際に婚活している男女は、何歳差までを許容範囲としているのでしょうか。未婚の男女にリアルな意見を聞いてみました。

<調査結果サマリ>


結婚するなら年の差はいくつまで? 男性は5歳年下女性(25.9%)、女性は5歳年上男性(31.4%)
40代男性、50.9%が10歳以上年下の女性でも結婚OK
頼れる年上、若さが魅力の年下、会話の合う同年齢。家族の年齢を基準にする人も
お互い性格や価値観があっていれば歳の差なんて気にしない!


■結婚するなら年の差はいくつまで? 男性は5歳年下女性(25.9%)、女性は5歳年上男性(31.4%)


Q. あなたが許容できる結婚相手との年齢差について教えてください。(n=440)※ 必須回答


まずは結婚したいと考えている未婚の男女にとっての「理想の年齢差」について調べてみました。

相手が年上の場合、何歳まで許容できるかと聞いたところ、男性は「0歳」差が最も多く26.4%、女性は「5歳」差が31.4%と最多となりました。


[画像1: https://prtimes.jp/i/6313/137/resize/d6313-137-275415-0.jpg ]

反対に相手が年下の場合は、男性が「5歳」差25.9%、女性は「0歳」差21.4%という回答となりました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/6313/137/resize/d6313-137-672354-1.jpg ]





■40代男性、50.9%が10歳以上年下の女性でも結婚OK

「理想の年齢差」について、さらに年代別で比較してみました。

相手が年上である場合、「10歳以上」でもOKだと答えた女性は「25〜29歳」で12.7%、それ以外の世代は全て14.5%でした。

「0歳」差が理想と答えた男性は「25〜29歳」が10.9%。一方で「40〜44歳」は49.1%と、男性は年代が上がるごとに年上の女性を結婚相手として選びにくくなる傾向が見受けられます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/6313/137/resize/d6313-137-817023-2.jpg ]

逆に相手が年下の場合、歳の差が「10歳以上」でもOKだと答えた男性は「35〜39歳」で29.1%、「40〜44歳」に至っては50.9%と非常に高い割合になりました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/6313/137/resize/d6313-137-953856-3.jpg ]



■頼れる年上、若さが魅力の年下、会話の合う同年齢。家族の年齢を基準にする人も


Q. あなたが前の設問の回答を選んだ理由について教えてください。(n=440)※ 必須回答



先ほどの「理想の年齢差」の設問に対して、そう回答した理由をそれぞれ尋ねてみました。

【10歳以上 年上でもいい】
・ある程度、大人の人が理想だから(37歳 男)
・年上の男性の方が落ち着いていて、頼りになるし甘えられるので(28歳 女)
・年上の方が経験豊富で内面も経済的にも安心感が増す(41歳 女)
・年下だと自分がおばさんに見えるから(40歳 女)

【10歳以上 年下でもいい】
・自分がそこそこの年齢なので相手は若い方がうれしい(38歳 男)
・「子供」という選択肢を維持した場合の母子の安全を確保できる年齢差(42歳 男)
・自分がもう適齢期過ぎてるから(43歳 男)
・自分より人生経験が長いのに、尊敬できる部分がなかったり、頼りない男は興味がない。逆に年下でがんばってくれたり、尊敬できる部分がある方が男性として、認められるから(44歳 女)

【年齢差がない方がいい】
・あまりにも離れていると価値観で相違が出そうな気がするから(34歳 男)
・年齢が近いほうが共通する話題が多い気がするため(35歳 男)
・今の年齢から考えて10歳以上年上はちょっと話が合わなそう(37歳 女)
・あまり年齢が離れ過ぎるど、世代間ギャップや、考え方の相違が生まれると思う(44歳 女)

【年齢は関係ない】
・年齢より働いておりなおかつ性格がよければ問題ない(30歳 男)
・価値観が合えば年齢は関係ないと思うから(38歳 女)
・年齢について限定してしまうと出会いの機会を自分から減らしてしまう気がするのであまり気にしないようにしています(34歳 女)
・昔は前後2歳までだったが、歳をとるにつれ、そうも言ってられなくなりました(38歳 女)

【その他の意見】
・出産が出来る年齢(43歳 男)
・女性は男性にあわせることが、まだできるので、許容範囲は広いです。ただ、あんまり広すぎると・・・。若い男性だったら、女性のほうが歳が上だと、若い女性に目がいくと思うので(39歳 女)
・年齢を気にしてない。ただし親と同い年位は避けたい(29歳 男)
・お父さんより年下の方がよい(27歳 女)
・自分には2歳年下の弟がいるから、それよりも年下は考えられない(32歳 女)


■お互い性格や価値観があっていれば歳の差なんて気にしない!


Q. あなたは、どんな条件であれば自分より「10歳以上年上」の相手と結婚したいと思うようになりますか。(n=440)※ 必須回答・複数回答可



最後に、どんな条件を満たしていたら、自分より「10歳以上年上」の相手と結婚したいと思うようになるのか、意見を聞いてみました。

「お互いの性格・価値観がとても合っている」という回答が74.8%、次いで「相手がとても尊敬できる」が60.0%となりました。
[画像5: https://prtimes.jp/i/6313/137/resize/d6313-137-629473-4.jpg ]

結局のところ、年の差があっても「性格・価値観が合っている」「尊敬できる」など、相手のパーソナリティーが結婚を考える上で大きな判断材料になるようです。相手の年齢にとらわれ過ぎずに、さまざまな方との出会いを大切にしたいものです。


<調査概要>
調査方法:インターネット調査
調査対象:25〜44歳の未婚男女 2057名
集計期間:2016年8月30日〜9月2日

調査方法:インターネット調査
調査対象:25〜44歳の、現在「結婚したい」と考えていると回答した未婚男女 440名
集計期間:2016年9月2日


[株式会社パートナーエージェント 会社概要]
商 号:株式会社パートナーエージェント
証券コード:東証マザーズ6181
代 表 者:代表取締役社長 佐藤 茂
創 業:2006 年 9 月
所 在 地:東京都品川区大崎1丁目20-3
イマス大崎ビル4階
U R L:
パートナーエージェント http://www.p-a.jp/
おとなの婚活パーティーOTOCON http://www.otocon.jp/
OTOCON MEMBERS 婚活カウンター https://www.members-o.jp/
事業内容:
1.結婚相手の紹介、相談
2.交際、結婚に関する調査研究
3.イベント、旅行の企画・運営
4.生命保険、損害保険代理店
5.挙式、披露宴の企画・斡旋
6.カウンセリング、各種セミナー運営
7.会員誌、その他出版
8.Webサイト、Webコミュニティの企画・運営

〜代表メッセージ〜
現代は、結婚しにくい時代と言われています。
仲人やお見合いなどの社会的な出会いの場が減少し、結婚をしたくても機会に恵まれない多くの独身者がいます。
当社は、もっと信頼できる結婚情報サービスを目指して設立されました。
従来の結婚相談のサービスを見直し、結婚を望む顧客へ高い成果を提供することで多くのお客様の支持を頂いてきました。
これからも、1年以内の結婚を支援するエージェントとして未婚・晩婚を解決する社会の実現へ貢献して参ります。

【転載・引用に関する注意事項】
本アンケートの著作権は、株式会社パートナーエージェントが保有します。調査レポートの内容についてはご自由に転載・引用いただいて構いませんが、引用・転載時には、必ず「パートナーエージェント調べ」など、当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。また、パートナーエージェントのWebサイト(http://www.p-a.jp)へのリンクも貼っていただけますと幸いです。
※ 記事などで取り上げていただけた際は、お時間ございましたらh-nozawa@p-a.jp宛てにご一報いただけると幸甚に存じます。

<本件に関する報道関係者からのお問合せ先>
株式会社パートナーエージェント 広報担当:野沢
TEL.03-6388-9831(部署直通) FAX.03-5759-2701 Mobile:080-4575-7766(担当者直通)
Webサイト:http://www.p-a.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る