• トップ
  • リリース
  • ミレニアル世代の旅行比較調査〜国内・年代別編〜 「ミレニアル世代」 の4人に1人が旅行先はSNSで決める

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ミレニアル世代の旅行比較調査〜国内・年代別編〜 「ミレニアル世代」 の4人に1人が旅行先はSNSで決める

(PR TIMES) 2017年02月23日(木)11時23分配信 PR TIMES

旅行の相手は「恋人・夫婦」よりも「友だち」

世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパン(https://www.expedia.co.jp/)では、前回、世界21ヶ国18歳以上の有職者男女計21,064名を対象とした「ミレニアル世代の旅行 国際比較調査」を実施いたしました。(URL: https://welove.expedia.co.jp/press/24233/)今回は、日本国内に目を向け、ミレニアル世代とジェネレーションX世代、そしてベビーブーマー世代との比較調査を発表いたします。
旅行先はSNSで決める「ミレニアル世代」! 3割が旅行中にも写真を投稿

 国内で世代別に注目してみると、ミレニアル世代は他の世代に比べて大きくSNSに影響されていることが明らかになりました。ミレニアル世代の24%の人が旅行先を決めるときに「友だちがSNSに投稿している写真に影響される」と回答している一方で、ジェネレーションX世代は18%、ベビーブーマー世代は11%のみという結果になりました。前回調査では、日本のミレニアル世代は世界一「旅行先でSNS投稿をしない」という結果を発表しましたが、やはり国内で世代別に比較すると、SNSの接触率の高さが伺えます。

 友だちが投稿している写真を見て旅行先を決定し、現地で撮った写真をアップ。旅行後、その投稿に対して周りからコメントをもらうことで旅の達成感を味わうという旅行スタイルは、ミレニアル世代ならではの特徴かもしれません。

旅行先を決めるとき「友だちがSNSに投稿している写真に影響される」人の割合

[画像1: https://prtimes.jp/i/3373/136/resize/d3373-136-661223-7.jpg ]

旅行中に「旅行の写真をSNSに投稿したことがある」人の割合

[画像2: https://prtimes.jp/i/3373/136/resize/d3373-136-808739-6.jpg ]

SNSに投稿した旅行の写真に「コメントをもらうことは重要である」人の割合

[画像3: https://prtimes.jp/i/3373/136/resize/d3373-136-559733-10.jpg ]

●ミレニアル世代
1982年から1999年の間に生まれ、インターネットが普及した環境で育った最初の世代のこと。
自身の親とのギャップが最も大きい世代と言われている。

●ジェネレーションX世代
1960年代半ばから1970年代に生まれた世代

●ベビーブーマー世代
第二次世界大戦終結後の1946年から1964年頃までに生まれた世代


「国内旅行派」が大多数。 一方、5人に1人は「1年以内に海外旅行」にも

 前回調査で、日本のミレニアル世代の67%が「年に1回以上、国内旅行をしている」いう結果を発表しましたが、それに増してジェネレーションX世代が72%、ベビーブーマー世代が75%と、より国内旅行をしていることがわかりました。

 また島国であることから他国と比べて海外旅行の割合が少ない結果となった日本のミレニアル世代ですが、5人に1人が一年以内に海外旅行をしています。他の世代でもほぼ2割と、同様の傾向が見られました。「5年以内に行きたいと思う海外旅行先」を見てみると、全世代で「アメリカ」が1位となりました。ミレニアル世代では、アメリカ(8%)に続き、2位イタリア(7%) 、3位イギリス(6%)と、遠方が人気という結果となりました。

「一年以内に国内旅行した」人の割合

[画像4: https://prtimes.jp/i/3373/136/resize/d3373-136-460320-8.jpg ]


「一年以内に海外旅行した」人の割合

[画像5: https://prtimes.jp/i/3373/136/resize/d3373-136-795740-12.jpg ]



ミレニアル世代は「短く2日間」の旅行が主流!

 直近で旅行を計画した期間は、全世代を通して「1〜4日間」が最も多い結果となりました。その中でも一番多い日数は、ミレニアル世代(19%)が2日間、ジェネレーションX世代(21%)とベビーブーマー世代(20%)が3日間と、ミレニアル世代が最も短い日数で旅行をしていることがわかりました。

(ミレニアル世代) 直近で計画した旅行の日数

[画像6: https://prtimes.jp/i/3373/136/resize/d3373-136-125211-11.jpg ]



「恋人・夫婦」よりも「友だち」との旅行が好き! でも「ひとり旅」も外せない!

 日本のミレニアル世代で「一緒に旅行した人」で一番多い回答が、「友だち」という結果になりました。他の世代は結婚している人たちが多いため、「友だち」と答えた割合は低く(ジェネレーションX世代(14%)、ベビーブーマー世代(12%))、「友だちとの旅行」は、ミレニアル世代ならではの特徴だと言えそうです。また、「ひとり旅」の割合も、ミレニアル世代が22%と最も高い結果となりました。

 一方で、「恋人・夫婦」と回答した人は最も低く、ベビーブーマー世代のわずか半分という結果が出ています。気心しれた人と少人数で行くよりも、友だちや恋人・夫婦、そして時にはひとり旅と、旅行先や目的によって様々な旅行スタイルを楽しんでいるようです。
[画像7: https://prtimes.jp/i/3373/136/resize/d3373-136-990393-9.jpg ]

「直近で恋人・夫婦と旅行をした」人の割合

[画像8: https://prtimes.jp/i/3373/136/resize/d3373-136-358792-2.jpg ]



<日本のミレニアル世代におすすめ!> 「安く」「短く」「友だち」とも「ひとり」でも行ける海外旅行先

 エクスペディアなら、ミレニアル世代が好む、「安く」「短く」「友だち」とも「ひとり」でも楽しめる海外旅行先がたくさん!日本に留まっていてはもったいない。もっと若者が海外旅行をしてくれるよう、エクスペディアは応援します!

[画像9: https://prtimes.jp/i/3373/136/resize/d3373-136-664024-4.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/3373/136/resize/d3373-136-551468-5.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/3373/136/resize/d3373-136-326115-3.jpg ]



ミレニアルにおすすめの特集ページ

[画像12: https://prtimes.jp/i/3373/136/resize/d3373-136-333190-1.jpg ]

海外一人旅特集
https://welove.expedia.co.jp/solo/

[画像13: https://prtimes.jp/i/3373/136/resize/d3373-136-460674-0.jpg ]

学生旅行・卒業旅行特集
https://welove.expedia.co.jp/student/


■アンケート概要
・サンプル数: 計1001名
・調査対象: 日本のミレニアル世代、ジェネレーションX世代、ベビーブーマー世代の男女
・調査期間: 2016年3月
・調査方法: インターネットリサーチ
※本調査では小数点第1位で四捨五入しているため、足し上げても合計数値が100%とならない場合がございます。


エクスペディア概要

エクスペディア(Expedia)は、世界33カ国で展開する世界最大級の総合旅行サイトです。400社以上の航空会社と、3万都市以上のホテルを取り扱っており、両者を組み合わせることで、1億通り以上ものツアーを提供することが可能です。エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパン(https://www.expedia.co.jp/)では、ただコンテンツを日本語化するだけではなく、日本人向けの独自のインターフェースデザインの採用や、JCB・Visa・Master・AMEX などの主要なクレジットカードによる決済、日本語による電話サポート(24 時間年中無休)など、日本の旅行者の皆様が安心して使える環境も整備しています。

■Twitter: http://twitter.com/Expedia_Japan
■Facebook: http://www.facebook.com/ExpediaJapan

※Expedia およびエクスペディアのロゴは、米国 Expedia, Inc. の米国およびその他の国における商標または登録商標です。その他の商品名、製品名、会社名などは、一般に各社の商標または登録商標です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る